2017年02月20日

孤独死(猫の現場から)

私が携わっている現場で、、
地域猫活動をしている住民が
全員、猫嫌いというめずらしく、かつ
素晴らしい場所がある。

話は、去年の春にさかのぼる。
保健所に、ある地区の住民から相次いで苦情が
舞い込んだ。
「近所の老人男性がゴミ屋敷化した家屋に
猫を出入りさせ、どんどん産まれて増えた。
猫が庭に入り込み、糞をして迷惑」
すべて同じ老人への苦情だった。
保健所職員が、その家屋を訪ねたところ
「全部、うちの飼い猫。
 手術するつもりはない!」と逆ギレ。
私も同行して、まず町内会長さんに会った。
「自分の飼い猫ならば、飼い主が責任をとるのが
すじ! 勝手な飼い方をしておいて
町会が助けてやるなんてこと出来ない」と
怒り浸透。
「ごもっともなんですが
社会には、どうしようもない人もいますし
ましてや、独居の高齢のかたですからね
それと、今は、猫が増え続けることをなんとか
止めなければいけません。
猫を手術して、問題を解決するという
解決法に協力してくださる住民もいるかもしれないから
呼びかけの協力だけしていただけませんか?」と
お話したところ、
「そんな人いると思えないけどね(笑)」と
しぶしぶ、承諾くださった。

町会の協力でチラシの掲示がはじまり、
その数日後、保健所と私とで老人を訪ねる。
ヨレヨレで染みのついたパジャマで顔を出す老人。
玄関先に、猫のドライフードが洗面器に
山盛り。
部屋の中は、ゴミだらけ。
「猫の手術はしない!!
 捕まえてるところを見つけたらぶん殴ってやる!」
と怒る老人に
話を変えて話しかけ、体のことや毎日のことなど
訊いてみると、少し気持ちが緩和したのか
態度が少し軟化した。

ある日、保健所に苦情を訴えてきた住民のひとり
Hさんが電話をしてきた。
猫を手術していくより他ないことなどを
話したら、納得してくださり
すぐにでも近所に声をかけ、活動を開始したいと
おっしゃる。

さっそくHさんと会い、
捕獲器の使い方、使用上の注意などをお教えし、
3台貸し出し。
Hさん含む、老人家屋周辺の皆様の庭に設置し
猫が入り次第、担当を決め、
獣医師へ運ぶことになったと連絡がきた。
そして、住民有志男性らが老人家屋を
無償で清掃してあげたとも連絡をくださり
地域猫活動の真の醍醐味はこれなんだと
嬉しくなった。
Hさんと会った際、
Hさんは「猫なんかどうなってもいい
ただ問題を解決したい」と言っていた人である。
人側の問題を解決する活動、
猫が好きでも嫌いでも関係ない。
人側の問題が解決すれば、おのずと猫にとっても
よい環境になっていくことを私は何度も
この目で見てきた。

続きを読む
ニックネーム TINA at 23:33| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

たまらず2匹保護

去年生まれ、7匹の外猫の手術捕獲を頼まれた場所。
16日の木曜日、訪問、
全員、難なく捕まえることが出来た。
ケージに移し、見てみると、痩せた猫ばかり。
一番、小さいので2キロないんじゃないか?という印象。
しかも、ハジラミの卵がびっしりと毛についている。
環境がわるい&栄養状態がよくないんだろう。

心配していた手術も無事済み、
きょう獣医さんへ迎えに行った。

先生「このコ達、けっこう人慣れしてますね」
私「そうなんですか?触れます?」
一番小さい猫でやはり2キロなかったとのことだった。

私は、痩せて小さい猫1匹を触ってみた。
頭を、わさわさと撫でると
なんとフミフミをはじめたではないかっ顔(泣)
うぅ・・・・どうしよう
こんなコ、放せないよ
でも、もう保護マックス状態だし・・・。
すると、一緒に来てたNOAさんが、私の肩越しに
「うちで保護するよ!
 ケージ開いてんのあるし」と言ってくれた(涙)
もう1匹、カリカリにやせた、同じくシラミだらけの
黒猫も保護することにした。

ほんとはね、こんなに人なつこく、そして
状態が悪いと、みんなを保護してあげたい。
だけど、いろいろ無理がある。
餌をもらえてる環境だし、まだ若い猫さんだしと・・・
心チクチクだったけれど、5匹はリリースした。

貼り紙を貼ってもらい、手術が済んだということを
告知した。
どうかどうかあの猫達が
可愛がられて過ごせますように。
暖かい場所を提供してもらえますように。
218non.jpg
218ki.jpg
黒猫と黒白生後半年ぐらいの女の子
シラミ対策後、里親さがし予定

ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

あたらしい名前

老猫ひめちゃんのその後です。
(生い立ちは、1月の記録で読めます→クリック

ブログ、知り合いへ、呼びかけはしたものの
手をあげてくれる人はいなくて、
いつも猫を預かってくれるK子さんが
「誰もいなかったら、うちで面倒みてもいいですよ」
と言ってくださいました。
でも、ひめちゃんは、他の猫をまったく
受け付けない猫さんらしく、
K子さんには、他の老猫も預かってもらってることもあり、
「今いる猫のおうちが決まってからに
しましょう」と話し、
その旨、保護主のYさんにもお伝えしました。
Yさんは、年末から、プライベートで忙しく
されていて、悩んでいた様子でしたが、
2月になって、
「うちに迎える決心をしました!」と
連絡がありました!!

「ほんとですか!? よかった!」
私は、心から喜びました。
K子さんや、うちにて、
ケージで面倒をみてあげることも考えました。
だけど
他の猫がダメなひめちゃん、
20才を越えてる年齢で、
今までもらえなかった愛情をたくさん注いで
あげられない環境・・・
Yさんのお宅であれば、病気をもつワンちゃんは
いるけれど、違うフロアの娘さんのお部屋で
ひめちゃんは、暮らせるそうです。

YさんとYさんの娘さんと獣医で待ち合わせ、
これからYさん宅の飼い猫となる
ひめちゃんに会いました。
「はじめて、猫を飼うんですよ〜」
保護して、困っていたYさんは、
すでに新しい家族を迎え入れる飼い主さんの顔に
なっていました。
娘さんも、手のひらの上で丸くなる
ふにゃんとした猫を嬉しそうに抱っこされていました。
212bell1.jpg
よかった〜
 ほんとうによかった。

「なまえは、変えるのですか?」
私がそう聞くと、Yさんも娘さんも
「あんな飼い方をされていた名前で
 飼いたくないんで、
 あたらしい名前つけたんです。
 ベルです。ジングルベルのベル」
と、言いました。

ベルちゃん。 よかったね。
思えば、きみは、自分で幸せをつかんだ猫。
凍てつく寒さの中、痩せた体で歩くことも出来なくなり、
犬の散歩で通りかかったYさんに
最後の力をふりしぼって、足にすがりついた。
最後の最後に幸せをつかんだ。
ひとりで生きてきて、よくがんばったねと
言ってあげたいです。
あとで聞いたのですが、
前の飼い主の家に、
捨てられた先から、自力で戻ってきた際、
軒下で暖をとっているベルちゃんを見つけて
その飼い主は、あわてて軒下に入れないよう
金網を張ったそうです・・・(-_-;)

今後は、たくさん食べてたくさん甘えて
余生を過ごしてほしいです。
211bell2.jpg

今回、私は、あまり役にたたなかったけれど
素敵な結果になり、HappyHappyかわいいです!
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

調べてみよう!(殺処分ゼロを考える)

先日、ある行政の職員さんが
世田谷区へ地域猫活動による野良猫対策についての
話を聞きに来られた。
その際、資料として、センターに世田谷区内から
収容された猫の数(平成27年度の実績)を
お渡しした。

以下。
所有者から:成猫4匹 子猫0匹
拾得者から(警察経由):成猫0匹 子猫24匹
(産まれた子猫を交番に持ち込んだり、
遺棄された子猫を持ち込んだりした場合のために
2016年に私なりに策をこうじたのが
この記録で読めます→ここクリック。

東京都、そして日本中で殺処分ゼロの風潮が
高まってきているのは、いいこと。
だけど、収容された動物を100%引き出して
愛護団体が、保護を繰り返しても
上記、収容される動物を減らさないと
必ず限界が来るのは、みんなわかっていると思います。
すでに、保護し過ぎてSOSを発信する行政、
とうとう殺処分を再開した行政があり、
また、過剰な保護動物を 施設を次々増やすことで
カバーしようとする団体、
崩壊してしまった団体すらある。

動物の個体数を増やす業者は、猫ブームなどと
繁殖数を増やし、大々的に商売を拡大。
個体数が、激増してる中、
殺処分ゼロにするために、何をしたらいいのか
ひとりひとりが考えなくてはいけない。

現実は厳しく、収容された動物を
ほぼ100%ボランティアが助け出し、
声高らかに殺処分ゼロ!と宣言してる自治体は、
収容数が増加してしまっているのが事実!

ここを読んでる皆様、
どうかまず、調べてみてください。
自分の住んでる地域における動物の収容数を。
殺された数ではなく、収容された数を。
収容された数が年々減っていますか?
犬や猫の収容数が多いと感じたなら、
自分の地域で何が出来るかを
考えてみてください。

犬や猫を飼ってるのであれば、
不妊去勢手術は済んでますか?
 ※手術の必要性の是非を問う時代ではないです。
  災害が起きて現状がどうなってるか知れば、
  自分の犬猫は、繁殖制限をしておくことです。

住んでいる町に野良猫の問題はないですか?
 ※他人事として日々暮らす中で、施設に持ち込まれる
  子猫がいることを想像してみてください。


19年ほど前、横浜の墓地に三桁の野良猫がおり
私達は、不妊去勢手術の取り組みをはじめ
墓地周辺の住民の皆様にお声がけをした。
ある商店のおじさんが、薄ら笑いを浮かべながら
私達(5人ぐらいいたと思う)に

「いい方法を教えてあげるよ。
 手術なんて、まどろっこしいことしないで
 あんた達みたいな動物好きをあと5人ほど集めて
 10匹ちょっとずつ連れて帰りゃいい。
 それで墓地の猫は、いなくなるよ!」
と言った。

当時の私は、簡潔に説明出来ず、
「ご主人も、そのメンバーに入れます?」と
返したら、
「俺、猫、きらいだもん」と言った。
「ですよね、私達もそれぞれ理由があって
 連れて帰れないから手術するんですよ」と
言うのが、せいぜいだった。
でも、
そのオヤジの言葉は、ある意味、言い得て妙
だったのかもしれない。
今の殺処分ゼロの解決法は、
そのようになってるような気がしてならないから。

個人個人が考えてみて。
調べてみて。
自分のあしもとから良くするために
何をしたらいいか。

211yokohama.jpg
 横浜の墓地 1998年の写真
ニックネーム TINA at 23:39| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

MRI

めずらしく自分のことを書く。

去年の秋、猫を捕まえ、両手にケージで
運んだりしていたせいか
ぎっくり腰になり、大変な目にあった。

それが、いまだに腰が痛み、
重い物を持てないので
先週、病院へ行き、レントゲンを撮った。
「異常は、みあたらないけれど
 念のため、MRI撮ってみます?」と聞かれ、
「はい!」と。

そしてきょう、
はじめてのMRI。 ドキドキ。

かなりの音がする中、30分かかるそう、
気分が悪くなったとき用に呼び出しボタンを渡され
台の上に。

ガンガン!ドンドン! すごい音。
だけど同じ姿勢で、寝っ転がってるうちに
半分から眠ってしまい終了。

その後、骨密度も調べていただいた。

ところで、
担当の医師が、なんかちょっと上からの物言いを
するタイプのおっさんで、
私の前に診てもらってるオヤジに友達口調で
話してたから、やだなと思っていたら案の定。

「腰のどのあたりが痛むの?」と訊かれ、
コートの中、背中に手をつっこんで
(えっと、どこだっけかな?)と探って
答えようとしてたら、
「はぁ? コート着てて腰押さえたって
 こっちにゃ見えないんだからさぁー」だってさ(=_=)
無言でコートぬいで、
「このへんだと思います」と伝えた。
どこもわるいとこはないよという医師に
「内臓から来ることもあると聞いたんですが・・・」と
私が言うと
「内臓からくる場合、
 重いもの持って痛いわけないよ(あきれ顔)」。
ところが、2,3質問してるうちに
なぜか、敬語になった。 
あれ? なんでだろうと思ったけれど
マスクしていて、目しか見えない私の目に
「なんだ、この医者 嫌な態度だなっ」と
思ってることが、出ちゃったんだろうかと
可笑しくなった。

診断は、年齢によるヘタリ。
筋肉の衰え。 運動しなさいとのこと(トホホ)

帰ってダンナに話したら、
「だいたい、犬が吠えようが猫が暴れようが
 爆睡してるからね。あなたは。
 MRIのあの音で寝てられる神経だよ」
「その医者も、目、見て
 こいつぁ、ヤバいやつだと思ったにちがいない」
と言われました顔(なに〜)

ニックネーム TINA at 23:13| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

手術無事終了

マルくん、手術終わりました〜。

maru207.jpg
 撮影by 預け先のYさん

オスで、開腹手術は気の毒。
お腹ん中の
タマタマの行方を見つけてもらうわけですから、
傷も不妊手術よりザックリって場合も。
マルくんのも、痛々しいです。

でもこれで、無駄なヒートすることもなく
おだやかに過ごせます。
停留睾丸は、腫瘍化のおそれもありなので
そちらもバッチリ防げます。

早く抜糸になるといいね〜犬(笑)
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護犬マルくん

きょう午後、去勢手術です。
片玉なんで開腹手術になります(ToT)

滞りなく終わりますように。



 ☆撮影日:2月2日です=^_^=


ニックネーム TINA at 10:44| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

所沢セミナー2017

予報で雨となっていたので
やや心配だったのだけど、わずかに降っただけで
よかった(^_^)v

所沢で行なわれたセミナー、
よい1日となりました(^^)

205toko1.jpg
今回は、私の活動現場より頭数の多かった場所の
お話をしました。
15年〜前は、100匹以上の現場が多かったこと。
今は、住宅地が主になり、そして
住民の皆様の参加が多くなってきていることなどを
お話しました。
地域猫活動も、時代とともに変化します。
今現在の活動は、ただ手術してリリースするだけでなく、
地域の皆さんとともに、実践し、継続し、
定着させることが大事と話しました。

場所が違っても、その地域にあったかたちで
展開するのは、もちろんで、
まずは、手術徹底、そして問題になっていることを
話し合いながら解決していく。
そんな活動は、猫のことだけでなく、
なんにでも応用出来ます(^_^)v

205toko2.jpg

とこねこネット代表斉藤さん、
ねこだすけ代表工藤さん、きやさん
所沢行政の皆さん、とこねこネットの皆さん、
セミナーにご参加くださった皆さん
 ありがとうございました!! 
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

世田谷被災動物ボランティア制度研修

世田谷区で2016年から
とり組みが始まった被災動物ボランティア制度。
きょう第一回研修会が行なわれたので参加してきました。
0204kensu2.jpg

この制度は、災害時に混乱をしてしまいがちな
ペット同行避難に関し、転ばぬ先の杖的な制度を
ぜひ!と長年、私自身が希望していたことを
同じ意志を持つ人々に呼びかけ、
会議を繰り返したあと実現したもの。

こんなふうに研修会が開催されることになり
とても喜ばしいかぎり。

0204kensyu1.jpg
登録者は、まだまだ少ないけれど
これから、広報をたくさんしてもらい、
各地域ごとに数名、登録者がいるような状況に
なってほしいと願う。

きょうの研修会には、計40名ほど来ていたように思う。
今後、充実したものになるといいな。

行政の皆様、ありがとうございました。
 参加した皆様、お疲れ様でした!

世田谷区被災動物ボランティア制度の
 ページは、ここです→クリック
 世田谷区住民の皆様が、ほぼ誰でも登録出来るものです。
 ぜひぜひ!!
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

当面のスケジュール

いつも思いますが、動物を助けたいと思うなら、
まずは、自分の住んでる地域に目を向けてください。
町内、地区、区(市)、都道府県で
個々が何が出来るか考えて実行してください。
住んでるとこが平和になっていけば
すべてが良い方向へ行くのですから(^_^)v


さて、
当面のスケジュールですNEW

2月4日 世田谷被災動物ボランティア制度講習会 参加
2月5日 所沢セミナー 講師
2月9日 某市職員さん世田谷保健所で会議
3月12日 多摩地区地域猫勉強会 参加


内容については、追々、UPします猫(笑)
町内会での、野良猫対策の勉強会や説明会
随時、受け付けますのでお気軽に相談くださいわーい(嬉しい顔)
ニックネーム TINA at 10:57| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする