2014年02月25日

あられくん退院

骨盤骨折で大きな手術を受けたあられくん(仮名)
手術は、無事に終わり、退院となったぴかぴか(新しい)

骨盤の片側の骨を4ヶ所も骨折していたらしく
よく外で生き延びていたなぁと、
この猫の持つ強運に感心しきり。
保護したtavsanさんも、1キロしかない体で
がんばったあられくんをたびたび見舞い、
元気な様子に安心しているようだった。
ararekun.jpg
入院中のあられくん tavsanさん撮影

骨盤にはプレートとピンが数本、装着してあり
  ↓
ararekun2.jpg
骨がきちんとつくまで運動厳禁だ。
(緑のカバー下に金属が出てる)
もうひとがんばり!
ニックネーム TINA at 21:01| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

所沢セミナー=^_^=

猫の日のセミナー@所沢。
快晴の中、スタートしました猫(笑)

222tokoro1.jpg

所沢には、何度も講師としてご招待いただいているのですが
回を重ねるごとに、行政と進める対策が
充実していっている印象を受けます。

今回は、町内会の方も参加していて
今後、このセミナーをきっかけに
町で行う活動がはじまると嬉しいかぎりです。

所沢の地域猫の会の皆さん、
ご参加いただいた皆さん、
ありがとうございました。
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

所沢猫セミナーお知らせ

所沢セミナーのお知らせです。

2月22日(土曜)
 13時半〜15時半
 にゃんにゃんにゃんの猫の日開催猫(笑)

野良猫のことでお悩みの方、ぜひ!ご参加くださいねぴかぴか(新しい)

地図が載ってるチラシはここクリックです。
 NPOねこだすけさん編集のチラシへのリンクとなってます。
ニックネーム TINA at 19:37| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

チャーミー元気!です

ボロボロな状態で去年、保護したチャーミー。
(記録はここクリックで読めます)

首が片側に曲がっていて、
おそらく耳が聞こえていない。
神経の障害があるのはあきらかだったのだけど
進行性のものかどうか、とにかく不妊手術を実施し
(麻酔で悪化するおそれがあるため)
様子をみなければ里親探し出来ないなと思っていた猫。

先月、手術が無事、終わり
私の心配などどこ吹く風で、
お転婆ぶりを発揮してるグッド(上向き矢印)

首が曲がっているので、手術中、呼吸を
確保するため、器官チューブを入れて
臨んでいただいたそう。
術後、何も問題なく食欲もOK。
甘えっこで、遊ぶの大好きぴかぴか(新しい)
物怖じしない女の子、
さすがひとりぼっちでも、
ゴミあさって生き抜いてきた
猫だなーなんて思ったりしてますわーい(嬉しい顔)
あとは、ずっと暮らせるおうちを探すだけだねハートたち(複数ハート)
tyami1.jpg
tyami2.jpg
tyami3.jpg

ニックネーム TINA at 12:54| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

骨盤狭窄と巨大結腸症

大雪でリリース予定だったメス猫3匹の
退院日を延期。
2匹が発情中、
1匹が子宮内膜炎を起こしていたとのこと。
tavsanさんが捕まえたメス猫は、
すでに妊娠していて5匹入っていたと連絡あり。

2月以降は、辛いニュースが多くなる。

臨月で、捕獲してほしいとの相談も
たくさん来るようになるし。(>_<)
3月終わりに近づくと生まれたばかりの仔猫相談が
舞い込むようになる。
毎年、同じだけど、今年は減ってほしいなぁ。

さて、tavsanさんが保護したあられくん。
排便が、数日出来ず、
粘液しか出てこないし、脱肛するほど
力み、便秘になっているとのことで
獣医さんへ。
あられくんは、保護して獣医さんで風邪を
治している際、下痢が続いていると連絡を
受けていた仔猫だ。
きょう、レントゲンを撮ってもらい、
骨盤骨折、骨盤狭窄、巨大結腸症が判明。
事故にあい、骨折後、
足を動かすことによって
骨盤が狭窄してしまい、
ウンチが出なくなっていたらしい。

下痢が続いていたのは、それが原因だったのだ。
(液体のものしか通らないので)
結果、巨大結腸症になっており、
かなりの便がつまっていた。

歩行や運動する際に痛む様子はなく
普通に見えたので、
判明しないのも無理はない。
(仔猫は痛みに鈍感らしいので
骨折後、普通に見えてしまったのかもしれない)

獣医師の話だと
早めに骨折部位(骨盤片側三ヶ所骨折してる)を
繋ぐ手術をしたほうがいいということだった。
大きな手術になる。
体重は、まだ1.1キロ。
仔猫の骨は、やわらかく
壊れやすいそうで
かなりリスキーな手術。
明後日、木曜の予定。

がんばれ あられくん。
手術が成功しますように。
2014arare1.jpg
  tavsanさん撮影

ニックネーム TINA at 23:36| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

チャーもチャプチャプ

我が家のニャンコ、チャー。
なぜか、夜ご飯のあと必ず以下のような
水飲みをやります。



一緒にうつってるのは、エンジュ。
お水を飲みたくて、順番待ちしているんだけど
チャーが、長々やってるので、
まだかな〜って感じでうろうろ。
ニックネーム TINA at 12:45| Comment(4) | うちの猫と犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

担当者レベル

世田谷区内には、ご存知の人も多いと思うが
遊歩道がかなり多い。
それらは、区の管理になっており、
あたりまえというぐらい野良猫がいる。

今までも、遊歩道の野良猫問題に何度も取り組み
保健所を仲介させ、遊歩道管理行政に報告と
貼紙などの許可をとりながら活動を進めてきたのだけど。

今回、ある場所に不妊去勢手術啓発ポスターを
貼ってもらうべく、保健所に許可をとってもらおうと
したところ、管理側が難色を示した。
理由は、民間のポスターを一度、許可すると
私も私も と言ってこられることを懸念している
とかなんとか(ーー;)
今更、なんやねんって感じだ。
ポスターの内容は、
「この付近に飼い主のいない猫が増加しているので
不妊去勢手術を実施しましょう。
猫が増えるとご近所トラブルに発展してしまいます」
的な文章で、相談先として私のグループの電話番号が
記載されているものである。

民間のポスターがダメっていうんだったら
同じ啓発ポスターを作れって、言いたい。
管理してる側が、本来なら野良猫対策しなくちゃ
いけないはずなのに、
保健所が推奨している活動を学びもせず
民間に許可を出す立場であることに
固執しているような印象だ。
さっそく、保健所に管理側に
ポスター作って貼ってくださいと伝えてくれと
言った。
相談と実践は、私に丸投げOKなんだから、
何も問題ないはずである。
ほんと、どうしようもない。
今までの数年間、電話一本で許可していたくせに
担当が変わったとたんに、これですから。
今まで許可してて、
急に難色って、意味不明。
あきれて何もいえない。

----------------

午後、以前から体調を崩していた外猫が
庭のベンチの上で横たわって動けなくなってると
相談があった。
そのコを可愛がっていたご主人が出張していて
新幹線が17時に東京駅に着くので、
それから獣医さんへ連れて行くかもと話して
いたけれど・・・
3度目の電話で、首がベンチ外に下がってると
奥さんが言ってきた。
「あぁ、もうなくなってるかもしれないですよ」
と私は答えた。
数分後、やはり猫ちゃんは、こときれていて
ご主人の到着に間に合わなかったと
奥さんが涙声で電話をしてきた。
その時、雪が舞い始めて、
寂しく寒い夕暮れの中、庭に住み着いていた野良猫が
息をひきとった様子とご主人の気持ちを思い、
外に出て、降り急ぐような雪をぼんやりとながめた。

野良猫に心を寄せ、涙を流す人もたくさん
存在している。
迷惑に思う人とそんな人達の両方が納得出来る策を
努力している。
管理している行政が、そんな状態だと
資料そろえて、事務所にのりこんだろかと
思いたくなる。
というか、保健所の回答次第で
出向きますです。手(グー)

ニックネーム TINA at 17:41| Comment(3) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする