2014年03月31日

変な腹巻

猫部屋の電気を消しに部屋に入ったら、
保護猫みーちゃん(仮名)が
変な腹巻をしてるじゃありませんかーあせあせ(飛び散る汗)
haramaki.jpg

なぜにコンビニ袋をGETしたのか?
誰(猫)ですか?
デリバリーしたのはーexclamation&question(?_?)

遊んでるうちにかぶってしまったのね>みーちゃん
そんでもって、外そうと格闘し、
腹巻状態になったのね。

見つけた時には、
耳ぺターッとして首をすくめ
「あたしに何してくれてるの?」的な
目でじっと見てる。がく〜(落胆した顔)

最近は、お腹なんぞを撫でさせてくれるほど
信じてくれていたのに、この変な腹巻除去作業で
またもや信用を失いそうだ・・・もうやだ〜(悲しい顔)
あせって怖い思いさせるより、
朝のご飯の時にやるべしと決め、
次の日、食べてる時に撫でつつ隙を見て
素早く取り外したexclamation
 あせったーあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム TINA at 02:38| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

ミニャリー

猫世話がやっと終わり、
寝る前に、
かなり昔に録画した映画でも観ようと
大好きなスティーブンキング原作の
ミザリーを観ることにした。

以前、観たことあるんだけど、
この映画、
ハラハラドキドキでなかなかどうして怖いあせあせ(飛び散る汗)

で、クライマックスの
 まさしく、一番ドキドキのピークに達する
この場面で 下

mizaly.jpg

突然、携帯がなり、
 私は、飛び上がりソファから落ちそうになったexclamation

飼い猫ちゃんが脱走したというお電話だった。
平静を装ってお話した私であったが・・・
 はぁー びっくらこいた。
失礼しましたー。
Nさん、猫ちゃん、
早く保護出来ますように四葉
ニックネーム TINA at 03:01| Comment(0) | 映画 DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

チャトラ8才里親さん募集中

去年、公園Aに遺棄されてたうちの1匹、
チャトラのチャーチー(仮名)
オス、8才、肥満気味ののんびりくんです。


↑預かってくれてるAさん撮影

ご覧のとおり、ごろんごろんの甘えん坊猫(足)
片目にすこし癒着があるのと、涙目もじゃっかんありますが
病気もなく健康、
されるがままのおっとり性格です。
静かな環境で、ゆったり飼ってくださる方を
探していますexclamation
 ハートがキュンとなったあなた黒ハート
ぜひ家族にしてあげてくださいませ猫(笑)

ニックネーム TINA at 01:57| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

あられくん順調

tavsanさん保護中のあられくん。
経過は順調。
4月には、腰にがっしり固定してる金属を
取る手術をする予定だそう。

arakun2.jpg
 うぅ 見た目グロイかも・・・サイボーグあられ

こんな状態でも腕白ぶりを発揮しているらしく
遅れたぶんを取り返すように成長中みたいです。

arakun1.jpg
 なかなかの ”美男ですね”ハートたち(複数ハート)
ニックネーム TINA at 21:48| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

多頭崩壊@墨田2

連休初日・金曜、行って来ました。
Kさん宅@墨田区。

すでに墨田区のボランティアNPさんが
午前中訪問し、母猫を手術へ連れて行き、
屋内に大型ケージを組み立ててくれていて
(素晴らしい!このおかげでとても助かった)
残りの11匹中、9匹が入っていた。
(2匹は屋根裏へ隠れてしまっていなかった)
kimu2.jpg
kimu1.jpg

Kさん宅は、いわゆる多頭飼育崩壊でありがちな
不衛生きわまりない状態ではなく、
猫のシステムトイレも並んであり、
爪とぎ用のボックスなどもちゃんとある状態。
結果的に無責任な飼い主になってしまったけれど
かわいがっていたんだなってことはわかった。

事情はよくわからなかったけれど、
家屋に関することでもめて、
ご自身の体、精神面も弱ってしまったため
どうしようもない状況に陥ったのだろう。

木曜日の段階で、都に協力してもらい
私を含む4グループで
保護が検討出来るよう話をつけた。

26日水曜朝には家が解体されてしまう。
 (この件は、Kさんに何度も確認したけれど
日にち延長はどうしても出来ないそう)

とにかく捕まってる猫から出していかねば。

さっそく4匹、キャリーバッグにつめこんで
(まさしくつめこんだ状態)
電車で、世田谷の獣医さんまで運んだ。
重くてめまい起こしそうだったよ(*_*;

土曜にA団体さんが2匹、
日曜にBグループさんが3匹、
火曜にC団体さんが3匹、
それぞれ保護される手はずだ。

NPさんが最初に出した母猫ちゃん、
かなり老齢だったみたい。
kimu3.jpg
 (NPさん撮影)
写真でみても、13〜4才はいってそうな風貌。
こんなでも、妊娠していたそうだ。
今までいったい何匹産んだのだろうか。
もうゆっくりして、余生をおくってほしいと願う。

今回の相談は、緊急性があった案件だった。
NPさんは、連休の3日間、Kさん宅のことで
かかりっきりだったはず。
私も、ばたばたと大変だった。
だけど、家が解体され、猫が放置されれば、
1ヶ月後には、12匹が30匹以上になり
問題は、もっと深刻になっていただろう。
今、対処しといたほうが無難だったと言える。

大切なものは目にはみえない。
 心で探さないと 
    byサン=テグジュペリ


ニックネーム TINA at 23:25| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

多頭崩壊@墨田区

この時期は、とかく困った問題が
迷い込みがちですが・・・。
墨田区の方から多頭飼育崩壊の相談あり。

飼い主は中年男性。
猫は、12匹(男性の言う頭数)

2年前、港区で同じような話があり、
(2012年4月の記録に書いてあります)
事情は、同じような感じです。

3月26日に住居は、強制執行により
住めなくなるそうでそのまま解体工事がはじまるそう。
男性は、心臓病などの病気を持っており
飼育している猫をどうにも出来ないとのこと。

墨田区となると、私にとって遠方で、
対処するにあたって現実的に困難。
でも、男性の話が本当であれば、
大田区のような事件になりかねないし、
(参考ニュース記事→クリック
解体工事で猫が外に出されるような結果になると
地元ボラさんは、否が応でも対処せざるを得なくなって
しまう。
12匹のうちメスが半分らしいので、
この時期、4匹ずつ出産したとしたら、
簡単に40匹ちかくには増加する。
地域内で大変な問題になるだろう。

それから、
2年前の相談者の女性は、交渉途中、
「もらってくれる人が現れたので、もう
いいです」と言い出し、問いただすと
センターに持ち込んで殺処分しようとしていた
ことがわかったりした。
人は、絶望感にさらされると
突飛な行動をしてしまうものである。
何れにしても誰かが助けなくては
悲しい結果になってしまう。

とにかく地元ボランティアさんに話をしてみて
私が力添え出来ることで、
積極的に動ければと考え、
墨田区ボランティアのNPさんにさっそく電話。
合わせて東京都にも協力をあおいだ。

きょう午後、NPさんと現場へ行き、
今後の予定を組みます!


ニックネーム TINA at 13:05| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

女子率たかっ

去年から、相談を受けてた現場がある。
地主さんの老夫婦が自宅庭&畑で野良猫にご飯を
あげており、10匹ぐらいになっていて
「手術をしないと増加しますよ」と持ちかけても
耳をかさないで近所住民が困っていた現場だ。

何度か保健所に出向いてもらい、
最近になって、
猫達が交尾する姿を何度も見て心配になったらしく
やっと手術相談が私に来た。

先週の木曜7匹、土曜日に3匹、GET成功。
うち、8匹、メスだった!
全員、仔猫を産んでたら、
40数匹になっていたことだろう・・・。

オス猫くん達、すまないねー。
にゃんにゃんガールズバーは
三月をもって閉店となりましたニャーm(__)m

さて・・・病院にて、
院長が捕獲機に入ってるサビ猫を入院用ケージに
移し変えてる時の話である。

「そういえば先生! 先月だったか
 猫の手術で私が連れて来たNさんが
 先生のこと、超イケメンでドキドキしたって
 言ってましたよ〜」と
私が話しかけると、
院長、ひるんだのか?
移し変えに失敗。
猫が脱走あせあせ(飛び散る汗)
診察室内、上を下への大騒ぎ。

VET.jpg
  ピンボケだけど外側から写したその時の写真。
 サビちゃんがドアの内側、天井付近にサルのように
 つかまっています


格闘の末、
看護師さんが分厚い皮手袋をつけて、がっつり捕まえ
ケージにおさめることに成功exclamation

すみません。先生、
私が、気が緩むようなことを言ったばっかりに顔(ペロッ)
ニックネーム TINA at 18:01| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

哀愁の水玉

Yさんの現場の猫って、なぜに
こんな年季が入ってるというか、
野良猫道まっしぐらというか、
見た目=THE 野良!みたいなのが多いのだろうか。

Yさんは、捕まえて連れて来た時に
「メスじゃないんですかー?」と、
真面目に訊いていたけれど、
オスっぽいし、しかも年寄りだ。
mizuta1.jpg

ボロボロな状態で、歯もほとんどなかった。
痩せていたので
「手術に耐えられないかも?」と
私は心配した。
だが、
こんな状態でも喧嘩はしているらしく
タマタマのあたりにざっくりと噛み傷が
あった。
なんとか、去勢手術が無事済み、
Yさんがリリースすると、そそくさと去って
行ったということだった。
mizuta2.jpg

彼に水玉という名前をつけたYさん、
術後が心配で、メールをした私に
「水玉爺さんは、他のコのために用意してある
猫小屋を独占し、困っている」と
ひじょーに安心出来るお返事をくれた猫(笑)


ニックネーム TINA at 03:12| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

心の闇

去年の夏、あえてブログに書かなかったことがある。
あまりにも悲しくて、
係わった人みんな涙で数日間を過ごし、
私も保護してあげられなかった無力感にさいなまれたから。

ーー捨てられ、車に撥ねられて
 死んだ一匹のチャトラの男の子に
 今後書くであろう記録をささげたいーーー

この1週間、
ある人のことで悩まされた。
人間の心の闇を痛感した1週間だった。

問題を解決するために、
今まさに動いているので、詳細を書くことが出来ない。
決着が着いたら、長い文章になるけれど
記録に残したいと考えている。
あまりにも理解不能な出来事。
精神を病んでるとしか思えない行動。
そして、常に犠牲になるのは
動物だ。。。

続きは、追々書きますm(__)m

ニックネーム TINA at 02:39| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする