2015年10月31日

町会お祭り募金

地域猫活動がどんどん進んでるK町会。

お祭りで猫の手術費用募金をやるとのことで
応援に行きました猫(笑)

1031maturi1.jpg
のぼり旗!!

1031maturi4.jpg
入り口にポスターと猫のイラスト、
アンケート用紙


1031maturi2.jpg
手術費用の募金箱

1031maturi3.jpg
じゃーん! 地域猫活動のハッピ!
町会のITさんとIMさん 


みなさん、とっても活き活きと活動していましたわーい(嬉しい顔)
リンゴを買って綿あめ食べて帰りましたグッド(上向き矢印)
地域猫活動は、こうでなくっちゃねぴかぴか(新しい)
ニックネーム TINA at 21:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

ハプニング公園B

月曜、朝
公園管理事務所から電話あり。

木に子猫が登って降りられなくなっているらしい。

消防レスキューを呼ぶようアドバイス。

ほどなくレスキューさん来てくれたようだけど
子猫は、驚きどんどん上に上がってしまい
保護失敗と連絡があり・・・
それとは別に
その近くの植え込み内に、瀕死の成猫が見つかったと
公園B担当のMMさんから連絡が来た。

なんだろう。立て続けに。
2匹とも遺棄には間違いないけれど
関連してるのだろうか・・・

急いで公園へ行こうと用意をしていたら
管理事務所より
「なんとか子猫を捕まえることが出来ました」と
電話がかかってきた。
MMさんに車を出してもらい、
瀕死の猫さんと木にのぼってた子猫を引取り
獣医さんへ運んだ。

成猫は、メスで、意識不明のような状態。
見た目は外傷もなく、すごくきれい。
ノミも汚れもまったくない。
浅く息をしていて、体温もかなり低い。
1029fuji1.jpg
1029fuji2.jpg
すぐにレントゲンやら、血液検査やら
やってもらって、体を温め、点滴繋げ、入院。

交通事故ではなさそうで、
毒物の疑いに関しても
反応があるはずの腎臓肝臓の値も正常。
ただ、かなりの低血糖。
でも、痩せてるわけでもなく・・・
先生も首をかしげていた。

子猫のほうは、とても元気で
瀕死のメス猫さんとは関連なく
別々の捨て猫と判断。

1029nobo.jpg
少し毛長の男の子
かなりやんちゃ坊主 生後3ヶ月ぐらい
仮名ノボル(保護時の状態そのままで)



危篤状態の女の子は、
あきらかに飼われていたんだろうという
キレイな猫さんで、
回復を信じてフジ(不死)ちゃんと仮の名を
つけた。

続きを読む
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

かけもち10匹

2ヶ所かけもちで10匹捕獲実行。

どちらの場所も、まだまだ猫がいて
今後も手術捕獲を続けていかなくちゃいけない。

一緒に捕獲活動に参加した皆様
お疲れさまでーす!

今年中にあと何匹出来るか、
とにかく出来るだけ実施しなくてはっ。


1025s3.jpg
1025s2.jpg
1025s1.jpg

1025k1.jpg
1025k2.jpg

1025niko.jpg
 このコは捕まえたあとすごく人馴れしてることが判明
 結果、保護することに決定。仮名ニコ ♀
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

道路はさんで

とある場所の
道路挟んで、右と左。
人の足で歩いて5分ほどで行ける右と左。

右には、アパート住まいのばーさんが
野良猫増やして10数匹。

左には、一戸建て住まいのじーさんが
飼い猫の手術しないで外に出し10数匹。

右のばーさんは、地元のボランティアさんが
お金出して手術してくれるから
自分では出さないと言い張っており
(地元のボランティアさんが近々、数匹
手術と保護を自己負担で行う予定)

左のじーさんは、
「金ないから手術しない。
 ほっといてもどっか行くから」
などと言ってる状態で、
地元住民が負担し、手術をする予定になっている。

右も左も町内会に話をつけて
地域猫活動を展開する予定だけど
餌をやってる人が、こんな無責任では
協力する人も少なかろう(-_-;)。

いろいろ策を考えなくては。

2015kuromi.jpg
 里親募集中の黒白メス 仮名クロミちゃん
生後4ヶ月弱 シャイだけどおだやか性格 他の猫大すき

ニックネーム TINA at 23:33| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

またも放浪猫

T宅の猫が、まただいぶ離れた
マンションの塀の上にじっとしていると報告あり。

10/12の記録にも書いたのだけれど(ここクリックで読めます)

地元のYさんからの連絡で
何時間もそこにいて、近所の人が
心配して、集まっているという話だった。
ほんとにお騒がせ・・・・・(>_<)

pon2.jpg
Yさん撮影 マンション塀の上で

猫はすぐ保護し、獣医さんへ。
その足で
飼い主のおじーさんに
会って確認しに行った。

おじーさんいわく、
おじーさんが近所に買出しに行くと
猫達は歩いてついてくるとのことで
「自分で帰ってくるから大丈夫」
だそうで。
しかし、前回のコンビニ猫も今回の猫も
半日以上、その場所でじぃっとしてるので
見た人が、捨てられたと思い
騒ぎになるのである。

今回の茶白くんは、
手術のうえ、保護、里親探しの方向で
考える予定。

また同じことが続くのかと思うと
うんざり。

今年は、野良猫のこと以上に
無責任な飼い主のフォローばかりさせられてる
状態だ。
これこそ、私達ボランティアではなく
 行政が厳しく指導する必要があるかと。(ーー゛)

10pon1.jpg
 茶白 オス 名前ポンちゃん5才くらい
ニックネーム TINA at 23:00| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

一年後の笑顔

去年の11月、公園Bに
置き去りにされた 黒柴ひいらぎ
全身、疥癬の状態で人気のない場所の木に
結ばれていました。

発見時の写真
1020hi3.jpg

1020hi1.jpg
見つけてくれた人がシャツを着せてくれたそう

そして、保護して1年exclamation
変わったでしょう?犬(笑)
1020hi2.jpg
きょうシャンプーしていただいたプチさんが撮影してくださいましたかわいい
  犬のトリミング・ペットホテルプチさんHP
ニックネーム TINA at 21:13| Comment(3) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

進む活動と影

地域猫活動を取り組んでくださっている町会より
報告来ました〜〜exclamation×2

猫用トイレ、
 集会所に設置した募金箱、
  ところどころに貼られてる周知チラシ
どんどん進んでますぴかぴか(新しい)

写真はすべて町会の猫担当さん撮影
1019kh1.jpg

1019kh2.jpg

1019kh3.jpg

トイレ設置後、すぐ猫が使ったらしいですグッド(上向き矢印)
町の有志の人々で定期的にウンチ取りしているそう。
募金箱は、チラシで周知し、
たくさん集まっていると報告ありグッド(上向き矢印)

さて・・・
猫用トイレ設置数日後、
誰かが、ブロック、石を蹴散らしたらしく
トイレが壊されたと報告が来ました顔(え〜ん)
砂もそこらじゅうに散乱した状態だったそう。
町会の皆さんは、
「猫嫌いの人がやったのだろうか?」と
言ってましたが・・・
隣町の町会でも、緑道に貼ったチラシがことごとく
破られていると連絡が来ており
(ここの緑道と繋がっている)
心に闇を抱えた人がいるのでは?と
気持ちの悪さを感じます。

猫の問題を環境問題ととらえ、
命を軽んずることなく、
猫を好きな人も、嫌いな人も
家のない猫がこれ以上増えることのないよう
繁殖制限をしたうえで、迷惑をなくす対処を
している町の皆さんに対して
こういう行為が出来る人って
悲しい人だと感じます。
町会の皆さん 気にしないで
明るく進めていただきたいexclamationです。

ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

猫セミナー@烏山

秋のセミナーのお知らせです。
今回の会場は、世田谷区の烏山です。
この地域は、10年以上前から
野良猫の手術が多少なりともボランティアにより
行われているにも関わらず、
野良猫に憤慨している住民が多く、
しょっちゅうご近所トラブルが
起きている地域です。

餌やり禁止の看板も多く、
餌を与える人を見かけると、
即、警察に通報する住民もたくさん住んでいます。
長年、隣人同士がもめ、餌をあげていた側の住民が
引越しを余儀なくされた事実もあります。

手術だけでは、もはや終らない野良猫問題。
地域猫活動をして、環境問題ととらえ
町で、人にも猫にも平和な活動を
していくことを勧めます!

開催日時 11月14日(土曜)
     午後1時30分〜4時
場所   烏山区民センター 第4会議室
講師   TINA(私です)

ゲスト講師 ねこだすけ代表 工藤さん
ゲスト講師 モデル地区の(旧)町内会長 三浦さん

世田谷保健所のページに地図他出ています。
  ここクリックで読んでね

セミナー終了後は、自由参加の恒例打ち上げも
やりますよ〜。
猫話で盛り上がりたいあなた!
ぜひいらっしゃいexclamation×2

      
ニックネーム TINA at 23:23| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

行ったら来るのね

15日の木曜日、仔猫のお届けの日。
お天気も秋晴れで気持ちもいい。
玄関で靴に足をひっかけたところで携帯が鳴った。

公園BのMMさんから。
「仔猫が捨てられました〜」
うぅぅ
1匹決まったら、1匹来るって
神様、これってお約束?

1匹だけで仔猫が
捨てられるのってめずらしいので
「他にいなかったの?」と訊くと
「見当たらなかったです」とMMさん。

そして、
きょう公園B管理事務所より電話。
「仔猫1匹、遺棄されました」だってさ。
大きさ、柄 等、似かよってるので
姉妹仔猫ですね。

2匹ともサビ。
なんか今年はサビ多し。

サビ好きさぁん!
いっぱいおりますよぉ〜猫(足)

しかし、公園Bの動物遺棄、どうにか
ならないのか。
監視カメラ頼んでもスルーしてるしっ。猫(怒)
しつこく頼んでみよう。
犬も猫も私のほうで保護してるんだから
防犯は、しっかりやっていただきたいっすexclamation×2

1017meisa.jpg
上 サビ♀ 仮名メイサ
下 サビ♀ 仮名クロサ
生後2ヶ月ぐらい

1017kurosa1.jpg
一時預かりしてくれる方も激しく募集中!
ニックネーム TINA at 23:55| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

町会と行政と

今回、お話をしに行ったU地区は、
町会から
「地域猫活動をやりたい!」との申し入れが
あった場所。

町会側からこの活動の取り組みを申し出てくるのは
初!です。
地域猫活動が一般に浸透している証拠ですよね!
嬉しいのひとこと。
そして今回は、この地区のまちづくりセンターの
所長さんも話し合いに参加。

町会長さんは、楽しい方で
お身内に猫好きがいて困ってると言いつつも
仔猫は可愛いなどの発言ありの
餌やりを禁止にして猫を減らすと言いつつも
近所の住民が猫を置き去りにし、
面倒をみたなどの発言ありで
とても優しい方という印象でした。

近日中に配布チラシを作成し
掲示、配布をしていただく予定です(^_^)v

1016sango.jpg
 サビ猫 珊瑚(仮名)生後半年
不妊手術終っています。
少し人見知りですが馴れると甘えっこな女の子
新しいおうちを探しています!

ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

当面のスケジュール

毎年のことですが、
秋は、猫ボランティア三昧な状態です。

手術相談は、いつでも受け付けますが
早め早めにご相談くださいまし〜m(__)m

紅葉スケジュール

10/16 U地区町内会会合参加
 /18 手術捕獲+猫譲渡お見合い
 /19 猫譲渡お届け
 /22 某病院猫問題相談会
 /24 手術捕獲
 /29 ペット災害時同行避難対策会議
 /31 町内お祭り時募金訪問
11/14 世田谷猫セミナー講師
 /21 所沢猫セミナー講師
 /28 新宿猫セミナー講師

セミナーの詳細は追々、記します猫(笑)

ニックネーム TINA at 23:23| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

夜コンビニにて

「コンビニの駐車場に
  T宅猫にそっくりな猫がいる。
 確認したら迷子札をつけていてT宅の猫と判明」

地元のYさんから夕方、上記メールが来た。

その夜、21時過ぎ、またもやYさんから
「同じ場所にまだいます」とメールが届き、
心配になり、
Yさんと近くに住むK子さんに様子を
見に行ってもらった。

T宅とは、高齢のおじぃさんが多頭飼育して
問題になってる家のことである。
詳細はここクリックで読めます。

猫は、皆 未手術で、痩せている猫が多く
姪っ子さんに頼んで、太らせつつ、
徐々に手術に連れていく方向で話がついており、
人馴れしている猫に関しては、新しい飼い主を
探す協力もすると伝えてある。

コンビニは、T宅から距離があり
なぜ、そこに猫がじっとしているのか謎だった。
とにかくK子さん達に、保護してもらい
手術に連れていく方向でお願いした。

人に馴れた猫が、外でじっとしているのは
最近、動物虐待が横行していることもあり
すごく心配。

これから寒くなっていくのに
T宅から外に出された数匹の猫は
   どうなるんだろうか。

まだまだ問題おきそう(ためいき)

1012tana.jpg
お年寄りが作った!って感じの
独特な迷子札(木の板っぽいやつ)。 むろん住所縦書き

ニックネーム TINA at 23:39| Comment(2) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

ついてきたオマケ

仔猫3匹兄妹、
ワクチン一回目接種のため獣医さんへ。
この3匹、8月末に、
高齢+ゴミ屋敷+多頭飼育(飼い猫を手術せずに外へ出し
かなりの数になり、付近で野良猫化している)の
問題家屋から来た仔猫達。
(詳細は、ここクリックで読めます

診察室にて、チャトラの仔猫発見。
まだ授乳期間なのかな?
手のひらサイズ。
「わぁぁ ちっちゃ!
  誰か保護した人がいたの?」と私が訊くと
「あぁ、このコ、●●さんですよ
 また連れてきたんです」と先生。
マジで!!??がく〜(落胆した顔)
私が連れてきた3匹の仔猫達がいた家である。
困ったオッサンめ。
まだうちの中に仔猫いたんだふらふら

獣医師談:
「仔猫はもともと4匹だか5匹いたらしく
 次々死んだそう。
 生きてる2匹も衰弱し、
 あわてて連れて来た。
 2匹ともキャリーバッグ入れっぱなし、
 糞尿のヘドロの中につかってた状態。
 洗ってあげようとお湯につけたらお湯が真っ黒になった。
 1匹は、助からなかった」

そのオッサンは、自宅二階の窓を開けっぱなしにし
不特定多数の猫を出入りさせている。
だから二階で仔猫が毎年産まれる。
オッサンなりの間違った対策
(仔猫が動き始めて外に出てしまうと
 野良猫が増え近所に自分が責められる)
で、
離乳する前に母猫から引き離し、
不衛生きわまりないキャリーバッグに閉じ込める。
仔猫達は、次々と衰弱死し、おそらく
今年だけで20匹以上は、殺していると思う。

「みんな弱くて死んじゃうんだよ」
オッサンはそう言うが、
事実上の間引き処理である。
それに、母猫から引き離すことで
次の発情を早めてしまい
妊娠を促進させてしまってる。

話が通じない人なので、
とにかく私達が
外の猫をかたっぱしに手術するより方法がない。

「その仔猫、オッサンに返したら
 死んじゃうよ
 私のところに
 チャトラのオスで出来るだけ
 小さい仔猫が欲しいって話が
 来てるから、オッサンにそう言って
 返さないでくれないかなぁ?」

私が、獣医師にそのように訊いたところ・・・


続きを読む
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

老犬ダックスくん

108sepi1.jpg

獣医さんに預けてたセピ(仮名)を引取りに行った。
シャンプーしてもらって、
歯石もきれいに除去してもらった。
抱っこ慣れしてる姿をみると、可愛がられていた時も
いっぱいあったんだろうと感じる。
吠えないし、興奮気味でもない、
お散歩も一生懸命、短い足で積極的に歩き
まだまだ元気そう。
血液検査の結果も老齢による衰えはあるものの
別段、悪いところはなかった。

なぜ、捨てるんだろう。
生活をともにした家族なのに。

セピは
Tちゃん宅に、預かってもらうことになった。
感謝〜ぴかぴか(新しい)

Tちゃん宅で落ち着かずウロウロしたあと
机の下で眠ってしまったらしい。
緊張してたんだよね。
108sepi2.jpg
猫のつめとぎの上で寝てるし Tちゃん撮影

セピの老後をみてくれる
優しい方いませんか?

ミニチュアダックス、レッド、スムース
オス 去勢済
推定12才前後、
フィラリア陰性、予防接種(狂犬病その他)済
老齢による目の濁り(白内障)などがありますが
お散歩大好き、おだやかでおとなしいワンコです。
 気になる方は、TINAまでメールを!!

ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

我が家のタミー

うちのタミーさんも
 11才になりましたぴかぴか(新しい)

2004年 保護時
107tami1.jpg

2015年現在
107tami2.jpg

元気で長生きしてネハートたち(複数ハート)
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(3) | うちの猫と犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

餌やるなら手術しましょ

保健所経由で相談があった高齢者(女性)。

近隣からの相次ぐ苦情で保健所が二度目の訪問。
猫は、庭に15匹はいるんじゃないかとのこと。
手術することで、おばーさんと話がついたので
電話を私にまわしていいか?
と保健所。

ありがちな展開(保健所には承諾するけれど
私みたいなボランティアにはワガママになる)を
予想してたら、案の定だった。

@「私の猫じゃないのに、なぜ私がお金出さなくちゃ
  いけないんですか!?」
A「他の人も餌をあげてるから、私だけが
  手術するのはおかしいと思います」
B「1、2匹なら手術協力します。
  あとは出来ません」

@に関して
「餌をやる以上、責任はともないますから
 手術して増やさないようにしないと
 近隣に迷惑になるでしょう?
 実際に苦情がきて保健所がお宅を訪問してる
 わけですから、今やらないと倍の数になりますよ
 メスを優先的に少しずつでもやりましょう」
Aに関して
「他の人はどなたですか?ご存知でしたら
 保健所にそちらの方にも手術をするように
 話をしてもらったらいかがですか?」
B「協力ではなく、率先して義務と思って
  手術しないと困るのは結果的にご自分ですよ」

と私は説明した。

それでも、
「保健所が全部、持っていってくれればいい」
と言いだしたので
「持っていくとは?」と訊くと
「里親を見つければいいと思うんです!」と不満たらたら。

埒が明かないので
「保健所から聞いている話と違うので
 とりあえず保健所から、また連絡させてもらいますね」
と電話をきった。

保健所職員は
「えー 全部手術するって言ったんですよぉ」と
困った声。
「よくある話なんですよ。こういったケースは
 地域猫活動にスイッチするほうが早いです
 ばーさんに、町内会と話合う方向にしますと
 伝えてください」と私は告げた。
この地域、
野良猫増加の話なんて、聞いたことなかった場所だった。
それが、ここのとこ立て続けに相談が来ている。
ここ最近までは、ある有名人がスポンサーになって
野良猫の手術をおこなっていた地域。
それがなくなってしまったのだろうか?
ボランティアさんもたくさん存在している場所、
資金負担者の存在がなくなると
たちまちこうなる。

町の問題として町が解決法を
学んでいかないと野良猫はあっという間に
増えてしまう。
手術だけすれば終わりではないことを
知らなければいけない。

先日、福岡で野良猫トラブルで55万賠償という
裁判があった。
餌をやったことで賠償することになったと短絡的に
とらえられがちだが、そうではない。
上記のようなばーさんが、行政指導があったにも
かかわらず、放置していることが問題なのだ。
社会的に責任をとれない立場の人が絡んでる場合は
早々と町のみんなで取り組んで、
早急に手術、マナーの徹底、防犯、その後の管理を
続けていくのが、良策である。
誰かのせいにし、
誰かと争っていても
猫は増え、問題の解決にはならない。

928moto2.jpg
里親さん募集中 白キジ♂生後3ヶ月半のモトくん(仮名)性格よし!!
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(2) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

毛虫にヤラレタ

昨日:日曜日 夕方より猫の手術捕獲。

午前中から秋晴れのいいお天気で、
気持ちもよかったのだけど
気分が凹むメールが2通。
ひょっとしてひょっとすると
きょうは、運気わるい日かも〜なんて
ちょっとだけ心配しつつ、
現場へ。

なんのこたーない。
相談者のご家族、皆さんよい方で
お庭で面倒をみている猫たちをとても大事に
されており、作業も1時間弱で終了。
良かった良かった
とうちに帰り、夜遅く・・・・・

背中がすごく痒い!!
夜中には、首筋から背中にかけて
ものすごい痒みで、みみず腫れ状態に。
蕁麻疹だ!と私は思い、
疲れからかもしれない、
睡眠をとったら緩和するかな?
そう思い 眠った。
ところが、
朝、緩和するどころか、痒みと腫れはよけいに
広がり、もう耐えられない!

首から背中にかけてだから、
蕁麻疹とは考えにくい。

日曜日を思いおこす。
捕獲現場にて、
木々の間をくぐるようにして、
猫がいる場所に
捕獲器を設置しに入った・・・
私の服装は、襟が大きく開いたシャツ。
首に何かが触ったのかな?
かぶれるような植物?

Facebookで、以上を書いたら
「毛虫じゃないですか?」と教えて
くれた方がいた!
げーーexclamation&question
け・・・毛虫顔(なに〜)

あわてて病院へ行き、背中を見せたら
「チャドクガの毛虫による皮膚炎です」と先生。
毛虫そのものが落ちてきたのか?
いやそれだと
いくらなんでもわかるだろう
鳥肌たちながら、
「触っちゃったってことなんですかね?」と
情けない声で訊いたら
「木や葉っぱに毛虫の毒針が残ってるんですよ
 下を通ったりして肌に針がつくことも多いです」
だそうで顔(泣)猫(泣)犬(泣)

今まで数え切れないほど林や藪に入ったり
していたのに、毛虫にやられたのははじめて。
気をつけなければ・・・

知らないで、かきまくっていたので
かなり悪化しちゃいました・・・トホホもうやだ〜(悲しい顔)
首は発疹だらけ、背中に赤い大きい島が出来ていますorz

写真は、うちの門のところにいたカマキリさん
105kama1.jpg
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

アメリ退院

アメリさん、今回も発作を乗り越え
退院出来ましたるんるん手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

102ame.jpg
今は、またお薬が効き、
ご機嫌で甘えるアメリさんに戻っています。
心配していた肝臓の数値もまだ大丈夫とのこと。
年齢がまだ若いからだと感じます。
今後、強い薬を続けていくことで起こってくる
副作用や発作が起きるたびに壊れてしまう脳のことも
懸念されるけれど、
今を生きてることが一番大事です猫(笑)

アメが発作起こし
入院させた夜 遅くまで、発作があるたびに
注射してくださっていた先生に感謝いっぱいです。

きょうハロウィンのお菓子持って
お礼に行きますかわいい
ニックネーム TINA at 23:39| Comment(5) | うちの猫と犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

公園Bの捨て犬

9月はじめの夕方
公園管理事務所から電話がかかってきた。
公衆トイレの中に
老犬と思われるミニチュアダックスが遺棄されたと。
18時前、園内の清掃員が公衆トイレに入ったところ
バリアフリーの手すりに結ばれていたらしい。
すぐに警察に届けて、センターに取りに来てもらったという
報告だった。

うちで保護している 柴犬ひいらぎが捨てられた際は
全身疥癬状態ということもあり
センターでは、充分治療が難しいと思われ、
また引取り手がないかもしれないと
こちらで、引き受けた。
そしてその後、老犬のゴールデンが歩けない状態で
見つかった際、センターに引取られたあと
死んでしまったという経緯があり、
私は、心配して
「老犬って、弱っている状態じゃないよね?」
と確認すると
「かなりお腹すいてたみたいだったから
 ドッグフード開けたら、ガツガツ食べて
 見た目、年をとってる感じの他には
 なんら問題を感じなかったです。
 おとなしいダックスだったよ」と職員さん。

いちおセンターに電話し
「万が一、引取り手がなかったら連絡ください」
と伝えておいたところ・・・

その万が一になった!
誰も引取らないらしい。

おそらく、老犬ってこともあるが
別段、わるいところもないし、
誰か引取り手があるだろう で、
残っちゃったのかも。

とにかく、もう1ヶ月ちかく
センターにいるダックスくん。
あわててきょう迎えに行きましたダッシュ(走り出すさま)



センターにて。
迎えがきて、喜んでいる様子(^^)
レッドのスムース、年は10才〜12才ぐらいかな
去勢済みの男の子 幸せな余生をおくらせてあげたいです。
仮の名前は、9月(SEPTEMBER)からセピ。

101sepi.jpg
車の中でもおとなしくお利口さんでした。
乗りなれてるのかも(~_~;)



ニックネーム TINA at 23:33| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする