2015年12月30日

餌に嫌がらせ

世田谷区 X地区。
ここは、秋に 町会長さんと出張所から
「猫対策をぜひやりたい」とのお話をいただき
出向いた地区である。

いつものように、告知チラシを掲示、配布
していただくことからはじめた。
それから、
置き餌をされて問題になっている場所があるという
お話だったので
注意のポスターを、貼ってもらった。
2015okie.jpg

1ヶ月くらい経過した頃だったか、
保健所の地区担当職員から
「X地区は、地元のボランティアさんが
手術をするようになった」と
連絡があり、
それは良かったと少し安心していたのだが・・・。

年末、Sさんというかたから、
餌に異物を混入され警察を呼んだと
相談があった。
私の電話番号は、上記のポスター(ここでは消しています)で
知り、かけてきたらしい。
12月中旬と下旬、2回にわたって
洗剤を撒かれたり
猫の餌に漂白剤を入れられたそうだ。
2015esa.jpg
実際の写真 餌に白い液体が入っている 撮影:Sさん

「その前に確認したいのですが
 置き餌禁止のポスター見て、お電話くださったのですよね?
 餌に漂白剤を入れられたってことは
 置き餌をしてたのですか?」
これは、きちんと聞いておかなくてはいけない。
Sさんが言うには、
地元のボランティアさんが
少しの時間なら置いてもいい と言ったそうで・・・。

私は、
「その少しの間に、こういう事態になって
しまったわけですよね、今後は、食べ終わるまで待って
かたづけてくださいね」とお伝えした。
漂白剤だったから、匂いがきつく
猫は口にしないだろうけど、他の毒物だったら と
恐ろしいかぎりである。

近所に、餌をあげることを強く注意してくる
男性がいたそうで、
もしかしたら、その人が嫌がらせでそのような
ことをしたのかもしれない。
証拠がない以上、どうしようもない。
とにかく、これ以上やられないように
警告のチラシをポスティングしてもらうことにした。

続きを読む
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

師走!

ボランティアで、することが多く
ブログ更新が遅れております。

見に来ていただいてる皆様 ごめんなさい猫(泣)
空きが出来たら
11月からの出来事をその日付で、
更新していくので、時々 覗いてみてくださいm(__)m

12月後半、実家の母を呼び
ゆっくりとPCにむかう時間が出来るよう
予定してたのですが、
くるわくるわ 深刻な相談が・・・あせあせ(飛び散る汗)

区内の某場所に猫餌に異物混入事件発生や
年末になっての猫相談がどどっと押し寄せ
我が家で2匹の老猫介護(朝晩の点滴作業)
てんてこまいな日々です。

そんな中、発作持ちのアメリが
また連続発作を起こしまして・・・もうやだ〜(悲しい顔)

お電話いただく相談にも
早口で簡潔に話をしているつもりが、
先日、相談者の方に
「がらっぱちな方で、とても元気が出ました」と
褒められてるのか?なんなんだか?の
言葉・・・・orz

16年、ボランティア活動をしていて
気が強そう、生意気、上から目線、
きつい、すましてる 等の印象を聞くこと多数
だったけれど、
がらっぱちは、はじめて!!
忙しさにかまけて、下品になってたのかと
思うと、自己反省しきりです顔(え〜ん)

ペットは飼い主の鏡 
アメリの激怒型発作も
私の影響があるのかもと思うと
おだやか〜に毅然に〜を心がけようと
新たに思うのでした!!

アメリさんは、薬増量で、発作は、とりあえず
落ち着きました。
年末年始、のりきってもらいたい。
1227ame.jpg
ニックネーム TINA at 12:18| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

12月の保護猫

2015saku.jpg
11月セミナーに参加くださった方より
自宅倉庫に住み着いてる猫の手術相談がありました。
「触れないけどとっても可愛い猫なんで
 飼ってくれる方っていませんかね?」
と、訊かれ
「触れない野良猫を簡単に飼える人は
 いないですし、飼えると言ったとしても
 全然、馴染まず家庭内野良猫になったり
 脱走したりなんかしたら、知らない場所で
 野良猫になるなんて悲劇ですし〜〜
 〜〜云々かんぬん〜〜」と
いつものごとく説明。
捕獲のお手伝いに出向いたその日、
相談者のおじさん、
「知り合いが飼いたいって言ってくれてるので
 きょう面接してもらいたい」と!
えぇ〜〜〜!?(@_@;)
それで、猫を捕まえ、まず猫を観察したら
おっ こりゃ馴れる猫かも?と長年の経験から判断。
面接で現れたご婦人ともよく話し、
私のほうで数日、預かったのち
お渡しすることに決定。
キジ白の男の子。 確かに可愛いお顔(^^)
触って撫でると、身を固くして
時折、手を噛むふりだけするww
2.3分、撫で続けてると
ぐるるるるると喉ならしがはじまった。
こんなこともあるんだなぁと
猫のもつ運命に改めて感慨深い思い。

2015最終の保護猫さんは、
長毛の三毛猫。
2015satya.jpg
S地区で、住民の皆さんと捕獲をし、
このコだけ、ご飯をあげてるお宅の人が
キャリーバッグで捕まえた。
ほとんど馴れてないと聞いていたので
しっかり耳V字カットをしたのだけど
病院で手術後に見たら、全然、触れる!
抱っこも出来る。
美猫だし、保護決定(=^・^=)

ニックネーム TINA at 23:31| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

譲渡決定猫2015・1〜4月

遅ればせながら
 おうち決定猫さん報告です。
「まだウチのコ載らないな〜」っと
 思ってたご家族の皆様、すみません。
 お待たせいたしました下

1月から4月までの譲渡決定猫記録です。
それぞれみんな、保護時のエピソードがあり
思い出深いです。
 素晴らしいご縁に感謝でいっぱいです。
 ※写真はすべて新しいおうちから送られてきたものです。

−−−−−−−−−−−
20154motya.jpg
もなかくんとチャタロウくん。
兄弟ではありませんが2匹とも公園Bに
捨てられた仔猫でした。
もなかくん 保護時の記録はここ
チャタロウくんの保護時記録はここ

20154hanama.jpg
はなちゃん&まるちゃん
おっとり女の子らしいふたり。
2匹一緒にもらわれました。

20154sippo.jpg
甘えっこで性格よしの男の子。
七宝くん

20154kika.jpg
モフモフ美猫の女の子。
キッカちゃん

 上、3件の保護時記録はここ

20154mone.jpg
モネちゃん
キュートなお転婆美少女
 保護時写真ここです。

20154haru.jpg
はる&りくくん
腕白兄弟、一緒に迎えてもらいました。
保護時記録はここ

20154tora.jpg
千石虎くん
苗字までついてる虎くんですwww
保護時記録はここ

20154azuyo.jpg
あずき&ヨモギくん
こちらも兄弟そろって家族に。
保護時記録はここです。
    ・・・・・・・

20154matuyo.jpg
マツくん&ヨネちゃん
この2匹は、
「飼い猫メスを未手術で外に出してたら
妊娠してしまい飼ってくださる方を紹介してほしい」
と相談があり請け負った2匹でした。
飼い主さんには、飼い主責務のお話を
じっくり聞いていただき
”産ませた人が産ませない約束を他に出来ない”
ことから
私のほうで譲渡交渉をしました。
兄妹子猫さんは、生後2ヶ月ほどで、
同時に獣医へ連れてきてもらった
ママ猫さん・・・手術した際には、
もうお腹に次のコが入っていました(>_<)
飼い主さんは、反省しきりでした。
とにかく2匹は、一緒に新しいおうちに行き
とても可愛がられています(^^)
  ・・・・・・・

20154ku.jpg
港区の多頭崩壊から保護したくーちゃん
人馴れしない仔猫で
なかなかご縁がないまま、
いつも預かり協力をしてくださってる
Iさんが、うちのコ決定連絡をくださったのですが
FIPドライタイプと思われる病気で
春に天国へ旅立ちました。
近親交配の中、生まれる猫達は
免疫力が弱いコが多いです。
おとなしく手のかからない女の子でした。
保護時の写真はここです。
(保護時は、男の子と間違って書かれてありますが
女の子です)
急にいってしまうのは、
一緒に暮らしている人にとって
はかりしれない辛さがあります。
預かっていただき、家族にと決心してくれた
Iさんに心から感謝です。

   預かりスタッフ:Iさん、NKさん、N山さん、
TARUさん、Mさんご夫妻、NMさん
いつもありがとうございます!!

ニックネーム TINA at 23:33| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

年末までのスケジュール!

毎年、1月後半より未手術野良ちゃん達は
いっせいに発情し、妊娠し春に出産します。

年末まで、出来るだけの手術捕獲を実施予定。

スケジュールびっちり状態ですので
外猫の手術に関する相談は、いつでもお受けしますが
訪問が来年になると思います。
 ご了承くださいまし〜m(__)m

スケジュール
12/10 手術捕獲
   11 C町会地域猫勉強会講師
   13 手術捕獲
   14 手術捕獲
   18 K町会会合参加
   19 手術捕獲
   20 手術捕獲
   24 A町会長話し合い

今年もクリスマスは猫用・・・・顔(なに〜)

kosabi1.jpg
 里親さん募集中
 人懐こく活発なサビ猫さん♀ 生後8ヶ月手術済 元気いっぱい

ニックネーム TINA at 17:33| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

薬品焼け

K子さんより、
T宅猫の皮膚が赤くただれているので
病院へ連れて行きたいと連絡あり。

そのコは、私達のほうで去勢手術に連れていった猫で
痩せている以外には、特に皮膚疾患などなかった。

T宅のお爺さんに連れて行く旨を伝え
K子さんが獣医へ出向いてくれた。

獣医師の見解は、薬品焼け。
たぶん・・・クレゾール。
tneko.jpg

なんとなくわかった。
Tさん宅のむかいは、アパートで、
一階のお部屋の窓の下に植え込みがあり、
以前、そこでこの猫がおしっこをしてるのを
目撃したことがある。
住民が、追い払うためか? 消毒薬を猫にむかって
かけたのかもしれない。
皮膚がただれるほどなので
原液ままかも。(>_<)
とはいえ、何も証拠はないから、
ただの憶測に過ぎないけれど・・・。

とにかく、なるべく出さないように
Tさんには伝えた。
K子さん、Yさん、SGさんも
注意深くみまわってみると
言ってくれてる。

もしまた同じことがあったら
次は、警察に行く!
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

老猫保護相談

Sさんという方から相談があった。
以前、捕獲と猫保護をお手伝いしたお宅に
私の電話番号を聞いたらしい。

数日前から、人懐こい痩せて汚れた”子猫”が
あらわれ、助けて欲しいとおっしゃる。

「人馴れしてるのであれば脱走した飼い猫って
 ことではないですか?
 生後何ヶ月ぐらいですか?」
そう訊くと
「猫のことは、まったくわからないけれど
 病気みたいで、ヨダレがひどく
 骨骨状態です」と言う。
「もしかして老猫じゃないでしょうか?
 とにかく・・・
 保護してほしいというご相談に
 はいどうぞと言っていたら、
 きりがないし、1匹1匹のケアも
 出来なくなります。
 Sさん自身で何が出来るか
 考えてもらえますか?
 例えば、獣医さんに診せ、その結果次第で
 今後のことを考えるとか、
 一緒にその猫さんのために何をしてあげられるか
 努力してくださるのであればご協力します」と
告げると
「とにかく病気を治してあげたい。
 でも治っても、うちでは保護出来ないんです」
そう言うので
「外では暮らせない重い病気の場合だと
 保護先を確保しなくちゃいけなくなります。
 うちは、いっぱいいっぱいで無理です。
 私も保護先を探すので、
 Sさんもがんばって探せますか?」
「やってみます!」

何もせずに、おんぶに抱っこは、ダメ。
一緒にやらないとなんにもならない。

1203tetya.jpg
黒白の女の子。
思ったとおり、子猫ではなく、かなりの老齢。
激痩せのうえ、頬が腫れていて
院長の見解は、腫瘍か骨髄炎ではないかとのこと。
「あまり長くないと思うよ」院長が言った。

看取るにしても場所を確保しなければと
たまたま電話で話をしたMMさんに聞いてみたら
空いてるケージがあるからと
快く引き受けてくださった。

相談者のSさんのほうは、
飼い主が探してるかもしれないと考え
センター、保健所、ネット掲示板等で
情報を発信していた様子だった。

10日ほど経過したころ・・・続きを読む
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする