2016年04月29日

子宮蓄膿症の猫

獣医さん紹介の電話相談。

☆お庭で餌を与えている猫の手術をしたい。
☆メスなのでもしかしたら妊娠しているかもしれない。
☆お尻から出血しているので診せたい。

人馴れしていてキャリーバッグで捕まりそうだとの
お話なので
「怪我しないようやってくださいね」と
お伝えしたら、すんなり捕まったと連絡が。

病院で見たら、凶暴とは無縁の
あきらかに、誰かに飼われてたであろう猫。

手術が終ったあとに獣医師から報告電話。
以下、会話。

先生「このコ、子宮蓄膿症だったよ」

私 「それで出血してたの?」

先生「そう。
   猫の子宮蓄膿症はめずらしい」

私 「そうかな 飼い猫に手術しないで家に
   閉じ込めて発情させるがままにしている状態で、
   今まで何件か知ってるよ。
   野良猫では、みたことないけど」

先生 「いや、猫ではっ てこと。、
    犬は、めちゃくちゃ多いからさ」

私 「犬、手術しない人多いからね(-_-;)」

化膿が進んでしまう前に手術出来て
ほんとに良かった!!
ほうっておくとお腹で子宮が破れたら
短時間で死んでしまう病気だ。

猫ちゃんは、真っ白な女の子。
推定1才ぐらい。
甘えっこで人懐こい。
飼い猫かもしれないと思い、いろいろ調べたけれど
探している人見つからず。
保護することに決定です(^_^)v
429masiro.jpg
 仮の名は、ましろちゃん
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

2015:9-10月譲渡決定猫

2015年、
 9月と10月に新しい家族のもとへ行った
 猫の写真報告でございます(=^・^=)
※写真は、すべて譲渡先から送っていただいた写真です

20159karu.jpg
甘えん坊のカールくん
 保護した時の写真は、ここクリックで見れます。

20169roto.jpg
ロトミちゃん&ポロンちゃん
 獣医さんに預けてる時に見初められ、
めでたく姉妹でお引越しハートたち(複数ハート)
保護時の記録は、ここクリック

20159vani.jpg
バニラちゃん。
バニラちゃんは飼い主さんが動画を公開しています。
ここで見れますよ(^^)右クリック

20159tyako.jpg
ちゃこちゃん。 上の段のバニラちゃんの姉妹猫さん。
保護時のエピソード&写真は、ここクリックです。

20159haru.jpg
春風ちゃん。
命が危険だった保護仔猫だった。
大きくなったね〜〜ぴかぴか(新しい)
保護時の記録は、ここクリックで。

 みんな愛されて幸せにねexclamation×2
ニックネーム TINA at 23:23| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

新年度

先日、保健所へ新年度の挨拶に行った。

Nさんという職員が移動になった。
体弱かったけど
お年寄りに優しくて、怒ったところを
見た事のないNさん。
 3年間ありがとうございました(*^_^*)

変わりに新人職員が2名。

ひとりは、そそっかしそうなメガネ男性で
ひとりは、気が弱そうなメガネ男性。
(ブログ読まれちゃうかな〜(笑))
こないだ、電話したら
「〇〇さんは、お出かけになっておられます」
とかって言ってたし(笑)
       大丈夫か?(^_^;)

年々、行政との連携がスムーズに
出来るようになったと実感している。

地域猫活動も報告と会議を重ねながら
各地域に一緒に出向き、
問題解決に取り組む。

この活動を始めた頃は、野良猫の問題対策が
区内で起動に乗ったら、私はボランティアやめちゃおとか
思っていたけれど、
けっきょく、野良猫以外の問題に
取り組まざるを得ない状態になっちゃってます。

一昨年は、災害時のペット同行避難対策の件で。

そして、去年は、
多頭飼育崩壊問題に取り組むこと3ケース。
3ケースのうち、2軒が高齢者。
共通するのは、3軒ともにほぼゴミ屋敷(糞尿屋敷)
この問題は、年々、増加すると思われ
今年は、きちんと対策として筋道を作っていこうと
思ってる。
考えているのは、
人の側の対策+動物側の対策+犯罪としての取り組み。

ケースバイケースだが、
上記それぞれのセクションの人で集まり
会議を重ね、良策を練っていく。
いわば
ケースカンファレンスを行っていくのだ。

保健所にさっそく提案した。
こういったことをかさねていくことで
縦割りだった行政、警察も、連携が出来、
大きな事案には、プロジェクトとして
取り組める可能性だってある。

供えあれば憂い無し ってことで
 がんばります!!(^_^)v

mikeri2016.jpg
三毛猫 4才 ツンデレマイペースな美猫 里親さん募集中
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

受難の季節

命の誕生は、美しく尊いもの。
だけど、人間に飼われる動物となった猫の場合、
産まれてもそのまま消えていく命が
はるかに多い。
自然淘汰で死んでいく命もあるだろうけど。

この国の殺処分の約7割が
離乳していない幼猫。
つまり人の手で持ち込まれ殺されているのが
現実なんだ。

きょう、
いつも猫を預かってくれるIさんより
何度も着信が入っていた。
 何かあったんだ・・・と
あわてておりかえしかけた。

Iさんの職場の倉庫に
生まれたばかりの仔猫が4匹。
4匹ともへその緒が体に複雑にからまり
うち3匹はすでに死んでいたそう。
死んだ3匹の下で必死に生き残ったコが
鳴き叫んでいたらしい。
親猫もいたそうなのだけど
人間が来たら逃げてしまったとのことだった。

死んだコは、両足がもげてしまった猫もいて・・・
親猫にもどうにもならなかったのではないかと
獣医師が言った。

生き残った子猫は茶白。
私が見にいった時には、
鳴き声もなくなっていた。
かろうじて動ける仔猫を
授乳を引き受けてくれるNMさんに託す時、
「難しそうだけど・・・ごめんね」と
私は、言った。

それから一時間後、NMさんから
「ごめんね、ダメだった」と電話。
NMさんは、泣き声だった。
 
命の終わりをみるのはとてもつらい。
今年はどうか少なくすむよう祈るしかない。

426-1.jpg
  助けてあげたかったなぁ 涙

426-2.jpg
 死んでいた3匹の仔猫。
ニックネーム TINA at 23:55| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

嬉しい電話

2年ほど前に、遊歩道に40匹ほど野良猫が増え
地域で、猫対策に取り組んだY地区。

遊歩道の野良猫は、当時50匹以上手術し、
20数匹保護譲渡し、現在は、ほとんど猫が
いなくなった。
(住民から定期的に報告をもらってる)

ここクリックで記録の一部が読めます。

ここの町会は、ものすごく広い範囲を
取りまとめている町会で、
遊歩道の猫がいなくなったと思ったら
去年、住宅地にて、猫が増えてると、
改めて対策にむかっての相談を受けた。
去年の夏あたりからかな。
ご飯をあげている方に話をし、
とにかく全部、手術と、マナーの呼びかけ、
情報網の徹底を地域住民、町会と根気よく続けた。
町会の集まりにも2回、参加し
説明と協力をあおいだ。

この4月はじめ
ある住民の方よりお電話がかかってきた。
「去年、本当に猫に迷惑していて
 お隣の方と『きょうも糞があった』と
 会話するのが挨拶になっていたぐらい
 糞をされて困りはてていたのです。
 この活動をしてくださって
 猫が来なくなり感謝でいっぱいです。
 お礼を言いたくて
 きょうやっと電話出来ました!
 ありがとうございました。
 活動に協力もさせていただきたいです」
とのお話でした。

このようなお電話は、とても嬉しく
ありがたい。
活動を続けて良かったと思えるし
今後の士気に繋がる。

さっそく町会役員野良猫対策担当のYさんに
報告をいれた。(*^_^*)

パパママ募集中!
nobo.jpg
サバ白 男の子 生後7ヶ月〜 手術済

ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

クーロン17才

この4月で、
我が家のクーロン、17才になりました。
2016kuron.jpg

慢性腎不全で、
 毎日、補液、セミントラ、レンジアレン
 ネフガード と 投与するものいっぱいで
すっかりおじぃちゃん生活になっています。
体も、写真のとおり、
 痩せてしまって、ガリガリです。
たくましく、体も大きく健康で
うちで保護した
メス猫全員、クーロンにしなだれかかって
モッテモテの男子でした。
不思議なのが、こんなじぃちゃんになっても
まだモテてます。

お薬のおかげか、呆けてるのか
食欲は、かなりあり、
今は、ドライをふやかし、スープ上のフードを
混ぜて食べてもらっております。

心優しいボス。 クーロン。
一日でも長生き出来ますように。
ニックネーム TINA at 23:23| Comment(0) | うちの猫と犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

メールの件でお願い

4/18 治りました! お騒がせしましたm(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
昨日16日午後より、
PCアドレスの送受信がなぜか出来ない状態です。

他のPC,携帯で、試してもダメだったので
サーバーの障害かと思います。

いつ復旧するかわからないので
メールいただく場合は、
以下のアドレスまで
 お願いしますm(__)m

※16日午後にメールいただいたかたも
読めてないので、
お手数ですが、再度以下まで送信いただけると
幸いですm(__)m

catmag4ever0704@yahoo.co.jp

 よろしくお願いします猫(笑)犬(笑)
ニックネーム TINA at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

九州地震

熊本の地震で
被災された方々、
想像も出来ないほど大変なことと思います。
明日から、雨だということで
余震も続く中、心配です。

私の母が、大分市内に住んでいるので
まだまだ続きそうな大きな余震に
不安ですが、
上の階に従兄弟が住んでいて
何かあれば気にかけてくれると
ひとまず安心しています。

災害は、本当にこわい。
 予想もつかない場所にくる。
他人事でないです。

動物と暮らしている私達は特に
日々、備えが必要ですね・・・。

熊本の人も動物も無事でありますように。
はぐれた犬猫が飼い主と会えますように。

rarako.jpg
保護猫ララコちゃん。
グレー縞 メス 2才です。
太目な体系、人を怖がるコですがとてもおとなしく
健康そのものな猫です。
時間をかけて馴染ませてくれる静かな環境のかた
で家族に迎えてくださる方お待ちしています。

ニックネーム TINA at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

ポンちゃん通信4月

410pon1.jpg
多頭飼育崩壊より保護したポンちゃん。
老齢とは思えないほど、
若返りました(^^)

健康状態もまったく問題なし!です。

どなたか 甘えん坊なポンちゃんの
余生をみてくださるかたいませんか?

410pon2.jpg

推定10才前後 去勢済オス 
体系:普通でスラリと筋肉質
甘えん坊で人見知りまったくせず!
若いメスが好き(笑) オスとはNG

410pon3.jpg

 家族にしてくださる方お待ちしています猫(足)
ニックネーム TINA at 12:28| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

何かおかしいこの制度

世田谷区には、野良猫の手術助成金制度がある。
メス猫1万、オス5000円の助成金が区より
諸条件をクリアすると出るようになっている。

が しかーし、この助成金が通用するのは
獣医師会に所属している獣医師。
世田谷区内全部で獣医師数、約115軒ほどの
うち6割が所属していない現状・・・。

ま、とにもかくにも
指定獣医師になっているのは、獣医師会所属の
病院のみで、
2015年、調べた際に、現実的に
飼い主のいない猫=野良猫を手術するのに
良心的なかたちで利用可能なのは、
10件ほどしかない現実・・・(>_<)
あとは、平均金額オスで20000円ぐらい
かかってしまうのであーる。
困った制度だよね。
しかも、手術後の目印であるV字耳カットを
禁止にしちゃってるし。

さて
先日、ある地域の住民の方からお電話をいただいた。
その方の住む隣のブロックで私の貼り紙を見つけ
お電話くださった次第。
内容は、
去年の11月ごろ、庭で餌をあげていた猫を
区の指定獣医師である病院へ
手術をしたくて相談に行った。
すると、
「耳のV字カットは出来ません」
「手術したあと、同じ場所に放すなんて
とんでもないことです。
もう絶対に姿を見せなくなります!
それでもいいのですか!?」と叱られたそう。
はぁー?って感じ。
何を根拠にそのようなことを言ってるのだろうか・・・

去年、リサーチした時にも3軒ほどの獣医師が
「ご自分の飼い猫にして屋内で飼うということを
約束いただけるなら手術をします」と言った。
野良猫の助成金制度の指定獣医師になってるんだったら
そんな理屈、条件、おかしい(-_-;)

で、話を戻すけど、
電話のかたは、しかたないので耳カットせずに
去勢手術をし、外へ放したそうだ。
当然、どこにも行かず、庭にいまだに来てる
そうなんだけど、
その猫さんが、先月、なんと耳カットして
あらわれた!!
それで、
ボランティアの私が、2重捕獲をしてしまったのでは?と
確認のために電話をくれたらしい。
身に覚えがないので、
「誰かが手術済とわからずに捕まえ、
 また捕まらないように配慮して耳カットを
 したのだと思いますよ」とお伝えした。

野良猫の助成金制度の指定獣医師である以上、
こういうトラブルを避けるための
勉強、配慮をしてほしいなと心から感じる。

じわじわと
保健所にプレッシャーかけるしかない(笑)

sirotya2.jpg
 保護猫しろちゃん(カルテ名ミルク)
おだやかで甘えん坊な男の子!
超お勧めボーイです。 1才です。

ニックネーム TINA at 23:33| Comment(4) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする