2016年08月30日

クーロン旅立つ

我が家の心優しきボス。
クーロンが17才と4ヶ月で旅立ちました。
腎不全がかなり悪化していたので
最後は、かなり痩せ細り、
腎不全末期の症状そのままで
何度かの痙攣発作のあと、息をひきとりました。

1999年、ミルクボランティアをしている方より
SOSを受け、産まれて2日という状態のクーロンを
預かり、長い月日を一緒に過してくれました。

うちの猫は、示し合わせたかのように
火曜日(だんなの休み)に亡くなります。
動物は、
人間が思う以上に
心優しい存在なのだと感じてなりません。

kuronmemo.jpg
 元気だったころのクーロン

野性味あふれるハンサムで
体も大きく、肥満ではないのに
体重が8キロあった頃もあり、
中型犬ケージで獣医さんに連れていく、
たくましいオス猫でした。
そういった気質は、去勢していても
メス猫には、わかるらしく
どんなメスが来ても、モテまくり。
他のオスには、一目おかれ
喧嘩をうられることもなく
うることもなく
物怖じせず、
怒ったところもほとんど見たことなく
おおらかなボス猫でした。

829kuron1.jpg
最後の日の写真です

ありがとう クーロン。
ほんとに幸せでした。
うちに来てくれてありがとう。

去年、先にいったポーと同じく
お客様接待係だった
黒猫2匹がいなくなったのは、とっても
さみしい。
あかりが消えたようです。
「あっち行っても、ポーがまた
 クーロンにくっついてまわって
 うっとうしいだろうな」と
ダンナが言いました。
本当に楽しく幸せな日々を
くれた猫達に感謝。

 ◆お花ありがとう◆
 SAKURAさん NOAさん K子さん A先生

ニックネーム TINA at 23:15| Comment(2) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

災害時ペット危機管理講習

地域猫活動の講師以外で
はじめての講師です。

世田谷区内の大型集合住宅からお招きを受け、
災害時のペット危機管理講習へ参加しました。

fh827.jpg

タイミングよく、
私達がかねてから企画を実現しようと
がんばっていた
世田谷区の
 被災動物ボランティア制度が正式発表になり
そちらも説明させていただくことが出来ました。

他に、同行避難と同伴避難の違いや
日々の備え、ご近所との連携、
日頃からしておかなくてはいけない責務など
皆さん、熱心に聞いてくださり
質問も次々に皆さん、手をあげてくださり
充実した会になり、感謝でいっぱいです。

☆世田谷区の
 被災動物ボランティア制度については
 ここクリックで読めます。
  登録者を募っています!


ニックネーム TINA at 23:21| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

毎度更新遅れてます

毎年のことでごめんなさい。

7月から多忙な日々が続いており
 ブログ更新が出来ていません顔(汗)

重要な出来事もいろいろと
起きていて、記録に残したいのと
応援、ご協力くださっている皆様に
お知らせしたいと思っているのですが・・・
 すみませんm(__)m

追々
7月の分から更新していく予定ですので
懲りずに見に来ていただけると幸いです
ニックネーム TINA at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする