2017年03月31日

どう見ても虐待

区内在住のAさんから相談。
近所で時々見かける野良猫(と思われる)の
鼻にS字フックが刺さっているとのこと。
詳しく聞くと、プラスティック製のS字フックが
鼻の頭に貫通している状態との話だった。
すでに、Aさんが、警察やセンター、保健所などに連絡済、
あとは、保護して獣医へ連れていきたいとの相談だった。

時々、見かけてるなら、飼い主もしくは
占有者がいる可能性がある。
私は、Aさんに、
・保護するにしてもいつどこに猫が現れるかわからない
・お腹がすいていないと罠では捕まらない
・飼い猫の可能性、占有している人がいる可能性があり
 勝手に連れて行けば問題になることもある
などのことを説明し、
「猫を見かける周辺家屋に
 聞き込み調査をしてみてください」と告げた。
知らないかたに、いろいろ訊ねるのは
ちょっとした勇気のいることである。
Aさんも、少し躊躇していた様子だったが、
「けっこう、そんな状態の猫を見ると
 気にして心配している人も多いと思いますよ
 歩いていて、猫のいた場所の家屋の人に
 きいてみたりしてください
 いろいろなことが判明します」と話し、
その地区で、ボランティア活動をヘルプしてくれてる
Hさんにも連絡し、現場へ行ってもらった。
Hさん、行ったそばから積極的に聞き込み調査を
してくれて、地元の獣医さんにも
声をかけ、獣医さん自身も猫を捕まえ治療しようと
していたことがわかり、
Aさんも、早朝から動き、
猫を占有されている家屋をつきとめた。
猫は、子猫の時から、外猫として
その家屋の小屋で暮らしていて、手術済のメス
10才らしい。
突然、鼻にフックをつけた状態で戻って来て、
そちらのかたも、なんとか取って獣医へ連れて行こうと
がんばっていたことがわかった。

さっそく罠を、隣ブロックの住人・K子さんから
AさんHさんに渡してもらい
次の日、捕獲を決行。
そうこうしているうちに、餌箱にフックが落ちていて
猫が、自力で取ったことが判明。
猫自体は、そのお宅の息子さんが
なんとか捕まえ、獣医さんへ。
抗生物質を注射していただきリリース。
人為的なことが原因として疑われると、
獣医に診断書を書いていただいた。

以前、違う地区で魚の釣り針にサラミをつけ
猫を釣って楽しんでいるバカがおり、
口に釣り針(サラミのかけらつき)が突き刺さった
野良猫が続出した地区があった。
(獣医師から相談を受け、動物愛護法違反で
私が警察に届けた)
それと、今回の猫の事例が似ていることもあり、
「もしかして、フックに紐がついてないですか?」と
Aさんに訊くと
「ついています! 写真にうつってます」との返事。

おそらくだけど、
餌をだし、夢中で食べてる猫の下から
フックを鼻に引っかけ、引っ張ったのだと思う。
紐がちぎれたことで、猫は逃げられたのだろう。
恐ろしいことをする人間が近くに住んでいるのだ。

近々、書類をそろえ、管轄警察署に
話をしに行きます。
こういう輩は、同じようなことを繰り返し
楽しむ傾向があるので、パトロールを強化して
いただく予定。
それから、保健所から町会へ話をしてもらい
住民に注意を呼びかけるチラシ配布と掲示予定。
周知し、二度とこのようなことが起こらぬよう
監視の目を育てなくては。

Aさん撮影のコイちゃん ↓
k331oi.jpg
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

やっと食べた

幼猫チャビン、離乳食練習中。
連れて来た時、歯がはえてるから
べちゃべちゃミルクご飯食べられるかな?と思ったら
まったくダメふらふら
哺乳瓶でミルクあげようとしても
イヤイヤの噛み噛み。
a/dとミルク混ぜて、シリンジであげてみると
ガジガジス、シリンジかじりながらも
うにゃうにゃ言いながら食べてくれた。

うーん、困った。
ここんとこ、ほんと時間ないほどやることいっぱいだから
シリンジで給餌一日4回は、キツイ顔(なに〜)

とりあえず、いろんなもんティースプーン一杯程度の
量で、小さいお皿でだしてみる。
3餌目で当たりexclamation×2
アイシアのペット健康缶子猫用まぐろペースト。
これは、自分で食べることが出来たグッド(上向き矢印)

やれやれ ひとまず安心。
330tyabin.jpg
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

今年産まれ来ました

去年から何度も来ているとある地区。
じんわりと猫増加中という場所。
すでに、保健所と一緒に町会へ話をしに行き
回覧板や掲示板で活動を呼びかけしてるけれど
なんせ、じんわりなので、
皆さん、危機感が薄い様子。

昨年、Bさんというお宅より相談を受け
猫の手術と子猫3匹を引き取った。
その一ヶ月後、
「また違うのが産んだから〜」と連絡があって
手術&子猫3匹保護(--;)

ここのお宅は、サンルームがあり、
空気の入れ換え窓から猫が出入りし、
猫用にコタツも置いてあり
母猫には出産には持って来いの場所のようで
ある日、新しい猫が来て産んでるを
繰り返すようだ・・・。

話は変わるけれど、
実は、この目と鼻の先に、私が学生時代に住んでいた
マンションがある。
世田谷区の別地域の町会副会長さんと猫のことで
話をしていて、『この副会長さんの名前どっかで
聞いたことあるなぁ』と思っていたら、
そのマンションの大家さんだった(@_@)
人の縁とはなんとも不思議だなーなんて思っていたら、
ある日、
NPOねこだすけ代表から、世田谷区から相談が
来たので対応してほしいとメールが来て
相談者の男性に私が電話をしたら
そのマンションの住民でびっくらこいたという
話が続いた。
さらにっ その男性=Yさんが
「となりのマンションにEさんという女性が
働いていて 一緒に何匹かは捕まえたんです。
Eさんは、TINAさんを知ってましたよ」と
おっしゃるので、詳しく名前他を確認したら
なんと、2014年にモンちゃんという猫を
もらってくれた里親さんだった!
(モンちゃんの写真はここクリックで見れます)
猫は、人をつなげますね〜。
90万、人がいる世田谷区ですから・・・
猫縁は不思議です。

そんなワケで、
きょうは、雨の中、Bさん宅へEさんと一緒に出向き
親猫と子猫2を保護するつもりで
がんばったけれど、親が危機を察し、
一匹、くわえてどこかへ隠れてしまい
残った一匹がベランダ下でミーミーと鳴いており
私がベランダに出て、はいつくばって
捕まえました。

Bさん宅のサンルームには、
先週生まれの子猫もいるそうな(-_-;)
まだまだ通うことになりそう。

326tyabin.jpg
 生後1ヶ月のオス子猫 仮名:チャビン
ニックネーム TINA at 22:37| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

譲渡決定猫2016.7〜9月

去年、7、8,9月に
家族に迎えてもらった猫報告でございます。
写真は、すべて譲渡先よりいただいた写真です

322pat.jpg
Tさん宅:パットくん(左側の茶トラ)先住猫くんと。
保護した時のお話、写真は、ここクリックで見れます。

322torasora.jpg
Sさん宅:ソラちゃん♀&トラオくん♂
保護時の写真ここクリック

323toramiko.jpg
トラ&ミーコ兄弟 Nさん宅へ。
保護時の写真は、ここクリック

322tukune.jpg
つくねちゃん
お世話になってる獣医師Kさん宅に行きました(^^)
保護時の写真は、ここクリックです。

322hachi.jpg
猫預かりスタッフをしてくれてたYさん宅のコになったハチ。
Yさんと息子さん2名は、
ずっと猫が飼いたくて(ご主人が反対していた)
やっとハチが認めてもらえました猫(笑)
ハチの保護記録はここクリックで読めます。
ハチは、保護後すぐに獣医師の紹介で
(先住の老齢の猫ちゃんを最期まで看取り問題ないかたと)
譲渡先が決まったのですが
このかた、困ったことに酒癖がわるく
酔って夜中に電話をしてきて
「ハチを返そうと思う」と言ってくること2回。
3回目は、ハチのあとに拾った三毛猫を捨てたと
電話をしてきて、私は、怒り
夜中に猫を探しに行きました(--;)
三毛猫を見つけたと同時にハチを返していただきたいと
お話しし、酔ってないときはいい人なので
泣いていましたが、これ以上振り回されるのは
困るので、お返しいただいた次第。
今のYさん宅では、すごーーく可愛がられていて
やっと、ハチも幸せつかめましたハートたち(複数ハート)

◆代理で譲渡作業をしたニャンコ
322ume.jpg
MSさんから親子猫の手術と保護を相談され
譲渡作業を代理でお手伝い。
Fさん宅へ行ったうめちゃん(写真右)
先住猫さんとベッタベタの仲良しだそうですかわいい

 みんなよいご縁があり嬉しいかぎりぴかぴか(新しい)

黒ハート預かりサンクス!:S井さん、KPさん、AKさん、Yさん
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

老猫ちゃん終の棲家探してます!

シェア&拡散 歓迎しますm(__)m

DV被害で、シェルターに身を寄せているかたからの
SOSです。
一緒に暮らしていた
チンチラ メス 14才
の引き取り手を探しています。
去年、相談され、飼育を継続したいとのことで
獣医さんへ預けていたのですが
諸事情で、飼育が不可能という判断で
こちらに相談がありました。

candy1.jpg

名前:キャンディ
14才 メス 不妊手術済み
チンチラシルバー
※健康状態問題なし
 かなり気が荒いです(^^;)
 気長にケアしてくださるかたを探しています

現在、獣医師に預けています。
  問い合わせは、TINAまでメールください。
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

地域猫活動勉強会

多摩地域猫連絡協議会主催の
地域猫活動勉強会に参加しました。

312benkyou.jpg

都外から参加されたかたもいらっしゃって
皆さんの意欲を感じました(^^)

私は、自分の経験から
お話出来ることを話しました。

現場に携わる皆さんの悩みは、
参加している皆さんが共有出来る悩みです。
地域の環境を快適にするために
また、猫における様々な事情を改善するために
前向きに動こうとする人達との勉強会は
本当に有意義な時間でした。

小規模でも、このような勉強会は
今後、どんどん必要になるかと思います。
時代とともに、解決法は変化していきますが
人も動物も平和に〜という根っこは同じ。

自分の住む町をなんとかしたい、
動いてみようとお考えのかた
いつでも相談にのります。
勉強会にも参加しますよ。
お気軽に言ってくださいね。(^_^)/
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

TNRプラスα

保健所にある地区の住民より苦情が来て、
餌をやっている家屋に手術をするよう
働きかけをしたところ、

★他にもあげている人がいるのに
 うちだけ叱られるのは納得いかない
★数年前も、この付近で猫が増え
 自分が負担してボランティアに相談し、
 手術してもらったことがある、
 なぜ自分ばかり叱られ負担しなくてはいけないのか?

とかなりご立腹の様子だった。

ここの地区は、数年前、
猫への虐待事件が発生し、大きくニュースにも
なった場所。犯人は捕まっていない。
地域猫活動を展開させていかないと
また悲劇が起きてしまう可能性もある。

きょう、保健所と私とで町内会長さんに
猫対策の活動を説明しに出向いた。

町内会長さんの話。
「野良猫の苦情?
 あまりないよ
 時々、糞尿されて困るなんて話、聞くけど
 そのたびに、『猫への餌やり禁止!』の
 貼り紙してるんだよ
 あれは効果あるね 猫がそのうちいなくなる
 だけどね、右側で苦情があって貼り紙して猫いなくなったら
 今度は、左側で猫が増えて〜の繰り返しって感じかな
 とにかく餌やり禁止を徹底させないとだね」

よくある話。

餌やり禁止の貼り紙で猫がいなくなってるんじゃない。
餌やり禁止の貼り紙を見てあせった住民が手術を
しているのだと思う。
その証拠に、今回の苦情先の住民が
手術をしてもらったと発言してるし、
ボランティアの方々がかよってきて
手術と夜回り(虐待事件の際)などを
行っていたことも知っている。

私は、丁寧に会長さんにその事実を説明した。
すると思い当たることがあるようで
「そうか!
 手術してたような人みかけたことあるわ
 夜にパトロールしてるふうな人もみた!
 それで減ってたんだな」

そして、餌やり禁止にしても
根本的な解決には繋がらず、かえって
住民同士がトラブルになり、憎しみあって生活するように
なることもあると説明した。
ここの町会長さんは、頭の回転がよく
ポジティブなかたの様子で、
すぐ理解をしてくださり、
すぐにでも地域猫活動の呼びかけチラシをやりたいと言い
広報してくれることになった。

「町会として猫の問題は、あえて関わらない
 ことにしていたけど、
 そろそろなんらかの対策はしなくてはと
 思っていたんだよ」と言ってくださった。

今回のことで、
改めてわかったこと。

◆猫へ不妊去勢手術をしていても、地域へ
 活動を告知しないと
 『地域住民が餌やり禁止を徹底したことで
 猫が減る』と解釈されてしまう
◆せっかく猫のためにも、地域住民のためにも
 行われてる活動(TNR)を誰も知らない
◆野良猫対策の方法が、いつまでたっても
 住民に定着することがない

◇地域内へ告知することで監視の目を育て
 動物遺棄や虐待、マナーのない飼育をしている飼い主、
 繁殖制限が済んでいない猫の情報がわかるようになる
◇そして、浮き彫りになった問題に対し
 住民、行政、経験からアドバイス出来るボランティアの
 三者で解決へと話し合いが出来る状態へ変わる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TNRだけでは、もったいないです。
ぜひ、簡単でもいいので告知することを
はじめてください。
告知することで猫が捨てられると言うかたが
いますが
ネットで告知しろと言ってるのではなく
手術した場所での告知です。
そこでは、『餌やりするな』とすでに猫がいることが
告知されており、住民は、水面下で対立しています。
手術の告知をし、迷惑を解消するよう動いていくと
住民自身がおのずと
動物遺棄や犯罪を防止する目を持つようになります。
情報交換も進みます。

簡単な貼り紙でよいのです(^^)。
TNR+アルファ、それは、手術の告知です。

参照チラシ ↓
harigami.jpg
ニックネーム TINA at 23:33| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

おっさんの隠し子

先週は、ある一件でバタバタだった。

3年ほど前、
ある地区で、ゴミ屋敷状態の屋内に
猫を出入り自由にさせ、次々に産ませ、
緑道に猫が増加し問題になった。

家主のおっさんに話をしつつ
町内会と協力し、
行政とも連携しながら、手術を実施。

ところが、一昨年の夏、
また産まれたから子猫を引き取ってくれと
おっさんから連絡が。

急いで親猫の手術をしましょうと
町内会の人がおっさんに話すと、
なぜか
へそを曲げ、私達をシャットアウト。
(エピソードは、ここクリックで読めます)

その後、私のほうで子猫を保護すること2回、
(計4匹 みんなうんちとしっこのヘドロまみれで
衰弱状態)

町の皆さんと話し合い
とにかく、耳カットのない猫は、すべて手術しようと
がんばったのが2016年。
去年は、おっさん宅からも子猫が出てくる様子が
なかったことから、
手術が行き届き、産まれることはなくなったと
安心していた。
あぁ、それなのにもうやだ〜(悲しい顔)

ご近所のかたが、おっさんの家へ立ち寄った際、
狭いケージ(小型犬用ぐらい)に、4匹入った
猫を発見。
おっさんいわく
「去年春産まれたんだよ」と・・・。
それ以外に夏生まれのが4匹がく〜(落胆した顔)
町会のアイさんより連絡を受け、
肩がっくりおとしました顔(なに〜)

とにかく、手術に連れていかなくてはと、
8匹、全員手術。
305ko1.jpg
305kosi.jpg
305kobi.jpg
人馴れしてる猫もいるので、
まずは、写真一番下段の二匹を保護。
(仮の名:ココ&ビビ)

親猫他、未手術猫を今週、まずは捕獲しに
行く予定。
おっさん、今のところ、ご機嫌がよいようなので
接触出来るそうな。

しかし、
あきれるわ、ほんと (´д`) 涙
ニックネーム TINA at 16:34| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする