2017年05月02日

悲報&思い出

501miruhi.jpg

3月終わり、悲報が届いた。
2004年にお譲りしたオッドアイのミルヒちゃん。
確か、譲渡したかたは、世田谷区内にお住まいの
塾の先生だった。

ミルヒちゃんは、もう1匹の白猫オスと2匹で
当時、地元のゴミ屋敷+ネコ屋敷問題に取り組んでた
Tちゃんが保護してきた猫だった。
その家は、ゴミと猫糞尿でまみれていて
屋主は、中年女性でアルコール依存と重度の慢性疾患を
抱えた状態の人だった。
しょっちゅう、猫を拾ってきては、面倒をみれず
衰弱させるを繰り返していて
Tちゃんが、清掃をした際は、
ひとつゴミをのけると、無数の虫がどわーーっと
広がるという最悪な環境だったらしい。
そんなでも、この白い2匹のことは、
とりわけ、気に入っていた様子で
Tちゃんが、どうにか説得して、
こちらで引き取ったあと、
夜中に電話してきて
「生きがいを返して
 あの子らがいないと生きていけない」と
かなりしつこくて
しばらく私達は大変な思いをした。

預かりボランティアをしてくださってたNさんが
2匹を預かってくれた。
横浜の墓地に捨てられていた甘えん坊の
茶トラと一緒にミルヒちゃんは
新しい飼い主のもとへと巣立って行った。
白のオス猫は、そのままNさん宅の
猫として迎えていただいた。(今も元気にしています)

悲報は、さみしく、年月を実感するものだ。
だけど、
私達が、大変な思いをしながらも
優しい心を持ち寄って助けた動物たちが
幸せに何不自由なく生涯を終えたことを
知るのは、ご褒美をもらったような気持ちになる。

◇飼い主のMさんからのメール◇
大変ご無沙汰しております。
わたくし2004年に猫二匹(ミルヒ、テツ)をお譲りいただいたMと申します。
その節は大変お世話になりました。

本日の夜中にオッドアイの白猫ミルヒが14歳で天国に旅立ちました。
腎不全を患っており、晩年の1年は輸液の点滴をしなからでしたが
頑張って生きてくれました。
最期はとても痩せて、徐々に衰弱していき静かに
生涯を終えていきました。

覚悟はしていましたが、
まだ天に召されてまもなくですので涙が止まりません。
ミルヒには沢山の愛のパワーをもらうことができました。
この子には感謝の思いしかありません。
そしてこのようなかけがえのない出会いを下さった
TINAさんにも本当に感謝して
おります。ありがとうございました。

もう一匹のテツはミルヒの餌まで食べてしまうので、少々丸々していますが元気
で過ごしております。

2匹はとても仲良くしてくれていました。
ご報告がこのようなタイミングになってしまい申し訳ございません。

現在も精力的に活動なさっているTINAさんや
関係者の方々を、今後も陰ながら応援しております。

素晴らしい出会いに感謝を込めて…

ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする