2017年05月12日

次から次に

手術相談を受けた現場。
母猫と父猫、去年春生まれの猫が3匹。
母猫は、この4月にまた出産し子猫を4匹育て中。

4月後半、去年産まれ3と父猫1の手術捕獲に
出向いた。

しかし、捕獲器に入らない
 入ろうとするのは乳飲み子かかえてる母猫のみ。
産んだばっかりは、手術にリスクがあるので
捕まえられない。
数時間ねばったが、まったく捕まらずで
連休あけ、子猫が離乳するころ
捕まえにくることにして帰った・・・
が・・・
この地域の住民で、活動参加してくれた
AKさんから
「去年生まれの猫が妊娠していたらしく
 4匹、あらたに出産しました」と連絡が来た(--;)
あちゃ〜(-_-;)

おまけにカラスが子猫をねらうように
なったとの話で子猫は全部、保護しなくては
危なくなった。
全部で8匹。

5月10日。
雨上がりのぬかるんだ庭、
子猫が隠れてるらしい
外に置いてある倉庫下を
土に這いつくばってのぞき込む。
小さいのが3と1ヶ月くらいのが1匹見えた。

私と仲間のSGさんと手をつっこんで
1匹ずつ引っ張り出した。
小さいの1と1ヶ月3匹がいない。

捕獲器をしかけたままにし、
子猫捜索をしたが、どこにも見つからず。

とりあえず母猫1とメス1を捕まえ
暗くなってきたので捜索断念。
相談者と地元のAKさんに子猫の行方捜索を託し
獣医さんへ。


続きを読む
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(5) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする