2015年05月19日

偶然は必然

仔猫3匹を預かってくれるNさんが
午前中、自転車でうちに来てくれた。

うちの前で、仔猫を渡し、
立ち話してたら、
30メートルほど向こう、道路のやや真ん中に
茶色い物体が見える。
「あれなんだろう。まさか猫?」
目を凝らすと 動いている!

まさか、交通事故で動けなくなってる猫じゃ??

Nさんと一緒にあわてて近寄ると
やっぱり猫。
生後7ヶ月〜ぐらいの むぎわらの女の子。
やせ細り、鼻水グシュグシュ状態。

私達が近寄っても、逃げず
むしろ嬉しそうに体を起こし
抱っこするとゴロゴロと喉をならしている。
ふと見ると、時々、見かけるキジ白の若いオスが
すぐ近くにいて様子をうかがっている。
もしかしたら、このむぎわらちゃん
発情してるのかもしれない。
去年秋に生まれ、人のもとで育ち、捨てられ
放浪した感じの痩せ方&風邪状態である。

すぐさま。拾い上げ、
にゃーにゃー鳴きながら
クネクネしている猫をうちまで護送。
ガレージにあった大きめのキャリーバッグに確保。

その刹那、うちのすぐ横で猫の大きな鳴き声が!
なんと大きいオスが2匹、追いかけてきたらしく
その場で 取っ組み合いの大喧嘩。
白い毛がぼんぼん舞い散っている。
私が、足を大きく鳴らすと、離れ
逃げていったけれど
メスを争っての大喧嘩。
フェロモンに誘われ
よそから来たオス猫だろう。

こんなに痩せていて風邪がひどくても、
交尾、出産となるところだった。

たまたま外で話をしていて
保護してしまうこの私。
 運命か、宿命か(笑)

519mei2.jpg
仮名はメイちゃんにしました
519mei1.jpg
ニックネーム TINA at 13:06| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。