2015年11月15日

T宅の黒女の子

T宅から、黒猫女の子、生後半年を保護。
(T宅着手当時の記録ここクリックで読めます)

K子さんが、訪問してくれて
捕まえて獣医さんへ連れてきてくれました。

あまり人馴れしていない猫だったので
手術して返す予定だったのだけれど
最初に保護したサビに比べると
少し、体も小さく、性格が臆病なだけで
おとなしい猫ということもあったので
保護することにしました。

1115rena.jpg
仮名レナちゃんです

T宅から連れてきた猫は、
これで4匹め。
このレナちゃんを連れて来る際、
飼い主のおじぃさんが
「もう猫が少なくなって寂しいから
 持っていかないで欲しい」と
姪っ子さんを通じて言われました。
こんなになっても、
所有権優先になるのが腹立たしい思いですが
現実的に、不衛生な環境下、
動物を飼育出来る状態ではないし、
姪っ子さんと話し合って
引取りました。

とにかく、
今後、増えていくであろう高齢者による多頭飼育崩壊、
事実上のネグレクトに際し、
行政も対策を考えてもらわないと困ります。

いろいろアイディアをひねりだし
来年、動きます!


ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。