2015年12月23日

12月の保護猫

2015saku.jpg
11月セミナーに参加くださった方より
自宅倉庫に住み着いてる猫の手術相談がありました。
「触れないけどとっても可愛い猫なんで
 飼ってくれる方っていませんかね?」
と、訊かれ
「触れない野良猫を簡単に飼える人は
 いないですし、飼えると言ったとしても
 全然、馴染まず家庭内野良猫になったり
 脱走したりなんかしたら、知らない場所で
 野良猫になるなんて悲劇ですし〜〜
 〜〜云々かんぬん〜〜」と
いつものごとく説明。
捕獲のお手伝いに出向いたその日、
相談者のおじさん、
「知り合いが飼いたいって言ってくれてるので
 きょう面接してもらいたい」と!
えぇ〜〜〜!?(@_@;)
それで、猫を捕まえ、まず猫を観察したら
おっ こりゃ馴れる猫かも?と長年の経験から判断。
面接で現れたご婦人ともよく話し、
私のほうで数日、預かったのち
お渡しすることに決定。
キジ白の男の子。 確かに可愛いお顔(^^)
触って撫でると、身を固くして
時折、手を噛むふりだけするww
2.3分、撫で続けてると
ぐるるるるると喉ならしがはじまった。
こんなこともあるんだなぁと
猫のもつ運命に改めて感慨深い思い。

2015最終の保護猫さんは、
長毛の三毛猫。
2015satya.jpg
S地区で、住民の皆さんと捕獲をし、
このコだけ、ご飯をあげてるお宅の人が
キャリーバッグで捕まえた。
ほとんど馴れてないと聞いていたので
しっかり耳V字カットをしたのだけど
病院で手術後に見たら、全然、触れる!
抱っこも出来る。
美猫だし、保護決定(=^・^=)

ニックネーム TINA at 23:31| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。