2016年12月10日

S地区今年最終捕獲

この地区での捕獲作業は、
何度目になるだろうか。

夏に相談されたメス猫。
きょうは、どうしても捕まえたかった。

活動参加者は、
地域住民のNさん、МKさん、
町会役員のFさん、隣町から助っ人に来てくださったMさん。
現場で待ち合わせ。

そのメス猫さんは、7月に
MKさんに相談され、捕まえに出向いたのだけど
体は、折れそうなほど痩せているのに
お腹は、パンパンに妊娠中の猫だった。
私の経験から 見た目、あと数日で出産という印象。
1210mura1.jpg
 痩せたキジトラのメス(7月撮影)

「こんなに痩せてたら、出産も大変だけど
 麻酔も危ないから・・・」
私は、そう言って悩んだ末、
保護して獣医にて産ませる方向で
捕まえようと数時間、ねばったがダメで顔(泣)
「産んだら連絡ください
 子猫は保護する方向にします」と告げた。
MKさんの話では、
春に出産し3匹仔猫を産んですぐに、
このキジトラさん、仔猫を全部、食い殺したらしく顔(え〜ん)
その後、すぐに妊娠してしまったそう。
とにかく、キジトラ猫が出産出来るよう
箱を用意してもらい、その日は帰った。
2日後の早朝、
MKさんから
「朝方、産まれたみたい
仔猫の鳴き声がしてる!」
と電話がかかってきた。
しかし、その2時間後、
「また食べた!! 箱が血だらけになってる!」と電話。
すぐに、近所のFさんに連絡し、
駆けつけてもらった。
子猫は、1匹で、
足がない状態で瀕死とFさんから電話。顔(なに〜)

「ダメですか?もちそうにないですか?」と
Fさんに訊いたのだけれど、
「これは・・・あ、いま・・
 ダメでした・・・」
悲しい役まわりを引き受けてくださったFさんが
仔猫の死を伝えてくれた。

ひさしぶりに見たキジトラさんは、
MKさんが、ご飯をたっぷりあげてくださってることで
だいぶ体重が増加していた。
よかった。 これで手術が出来る。
1211mura2.jpg

キジトラさんを無事、捕まえ
他に、2匹オスと思われる猫を捕まえて
きょうの捕獲は、終了。

役員のFさんが、夜、町会会議だと言うので
「野良猫の対策は、まだまだ続いてるので
 町会が音頭をとって活動していかないと
 困りますと私が言ってたとお伝えください
 来年、町会会議に参加させていただくかも
 しれません!と言ってください」と
頼んでおいたところ、夜遅くFさんから
「来年度、町会で野良猫対策を取り入れることに
 なりました!」とメールが来た!
やったーーexclamation×2グッド(上向き矢印)

未手術猫が、あと10匹はいると思う。

来年、また広報しながら地域住民の方達と
やっていきます!

1211san1.jpg
 去年、手術した猫さん
よく太ってます。
この地域は、長毛が多い

ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。