2017年02月18日

たまらず2匹保護

去年生まれ、7匹の外猫の手術捕獲を頼まれた場所。
16日の木曜日、訪問、
全員、難なく捕まえることが出来た。
ケージに移し、見てみると、痩せた猫ばかり。
一番、小さいので2キロないんじゃないか?という印象。
しかも、ハジラミの卵がびっしりと毛についている。
環境がわるい&栄養状態がよくないんだろう。

心配していた手術も無事済み、
きょう獣医さんへ迎えに行った。

先生「このコ達、けっこう人慣れしてますね」
私「そうなんですか?触れます?」
一番小さい猫でやはり2キロなかったとのことだった。

私は、痩せて小さい猫1匹を触ってみた。
頭を、わさわさと撫でると
なんとフミフミをはじめたではないかっ顔(泣)
うぅ・・・・どうしよう
こんなコ、放せないよ
でも、もう保護マックス状態だし・・・。
すると、一緒に来てたNOAさんが、私の肩越しに
「うちで保護するよ!
 ケージ開いてんのあるし」と言ってくれた(涙)
もう1匹、カリカリにやせた、同じくシラミだらけの
黒猫も保護することにした。

ほんとはね、こんなに人なつこく、そして
状態が悪いと、みんなを保護してあげたい。
だけど、いろいろ無理がある。
餌をもらえてる環境だし、まだ若い猫さんだしと・・・
心チクチクだったけれど、5匹はリリースした。

貼り紙を貼ってもらい、手術が済んだということを
告知した。
どうかどうかあの猫達が
可愛がられて過ごせますように。
暖かい場所を提供してもらえますように。
218non.jpg
218ki.jpg
黒猫と黒白生後半年ぐらいの女の子
シラミ対策後、里親さがし予定

ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。