2017年02月06日

手術無事終了

マルくん、手術終わりました〜。

maru207.jpg
 撮影by 預け先のYさん

オスで、開腹手術は気の毒。
お腹ん中の
タマタマの行方を見つけてもらうわけですから、
傷も不妊手術よりザックリって場合も。
マルくんのも、痛々しいです。

でもこれで、無駄なヒートすることもなく
おだやかに過ごせます。
停留睾丸は、腫瘍化のおそれもありなので
そちらもバッチリ防げます。

早く抜糸になるといいね〜犬(笑)
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護犬マルくん

きょう午後、去勢手術です。
片玉なんで開腹手術になります(ToT)

滞りなく終わりますように。



 ☆撮影日:2月2日です=^_^=


ニックネーム TINA at 10:44| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

譲渡決定猫2016/5,6月

おうちが決定した猫さん
 2016年、5月と6月の記録。
☆お写真は、すべて譲渡先のご家族から
 送っていただいた写真でございます。


131chima.jpg
Yさん宅へ行ったちまきちゃん。
かなりの美猫さんでしたハート
保護時の写真はこちらクリック

131hu-ku-.jpg
Kさん宅へ兄弟一緒に(*^_^*)
風地くんと空地くん(ふーち&くーち)
上記ちまきちゃんの兄弟猫です。

131ontaro.jpg
Oさんのお宅へ仲良し兄妹2匹で
迎えてもらいました。
名前は、タロウくんとオンちゃん
保護時の写真は、ここをクリック

131momoka.jpg
Kさん宅に行ったモモカちゃん♀
保護した時は、兄弟とともに風邪ひき子猫だったけど
見目麗しく育ったわ〜(^^)
Kさんは、なんとなんと横浜墓地の活動(1999年〜)で
一緒だったSOYOさんからの紹介(嬉)
保護時の写真はここクリック

131komugi.jpg
世田谷から北海道まで飛行機でとんでった
ココ&ムギ兄弟。
上記、モモカちゃんの兄弟猫の2boys。
迎えてくれたのは〜〜
横浜墓地の募金活動にヘルプで来てくれたことがきっかけで
お友達になった猫母さんことAさん!
彼女とは、ほんとに気があって、
彼女が北海道に嫁に行く前は、一緒にカラオケ行ったり
美味しいもの食べに行ったり、
猫のお届けに一緒に行ったり、
笑ったり泣いたり怒ったりと思い出いっぱい。
猫をつうじて友達になれた人です。
2匹は、飛行機で飛んで行きww
猫母さんが向こうで迎えてくれましたハート
今は、大きくなってベランダに積もる雪ん中、
毎日遊んでいるそうです ↓
131komugi2.jpg

〜〜代理で飼い主作業をした猫さん〜〜
131ore.jpg
Yさん宅へ迎えてもらったオレくん。
世田谷の地域猫活動現場で外猫に餌をあげてたら
たくさん産まれてしまい、何匹かをおうちに入れ
困っていたかたより相談を受け、
里親さん探しのお手伝いをしました。
臆病なオレくん、すっかり甘えん坊になった様子で
よかったです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 猫を介して繋がった心豊かな人達が
 また猫で再会出来るご縁!
 幸せだな〜と感じますハート

感謝!!:ショーコちゃん、SOYOさん、猫母さん
     


ニックネーム TINA at 13:29| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

公園Bに犬置き去り

22日の日曜夕方、公園B職員さんより不在着信あり。
あとでかけなおすと、
園内に放浪犬が見つかり、日曜&夕刻ということもあり
センターに引き取り要請が出来ず、
私にも連絡がつかずで
公園Bの猫スタッフMMさんが、動いてくれ
とりあえず獣医師へ預かってもらったとの話だった。

maru3.jpg
推定1才ぐらいの若いペキニーズ。
オス、未去勢、体重7キロ弱
トリミングされたばかりのきれいな状態。
発見時、犬のそばに真新しいキャリーバッグが
置いてあったことから、
たぶん置き去りじゃないかと(>_<)

個人保護するか、センターにおまかせし、
保護団体さんへ託すかどうか数日、悩んだが
遺棄の疑いが濃厚なのに、そのままにしておくことは
犯罪の抑止にならん!と決心。
(動物遺棄として捜査願いを出すと犬は証拠物扱いと
 なり、センターにおまかせ出来ない)
センターと警察に届け出だけ
事務所から出してもらい、こちらで保護することに。
警察へは、書類が整い次第
行ってくる所存。

犬は、きょう獣医さんから引き取ってきたのだけど
特に問題は見当たらない若くてやんちゃ、甘えん坊のオス。
ひとしきり遊ぶとケージに入り
おとなしく寝るすごくいいコです。
130maru.jpg
まんまると大きな瞳がキュートなので
マルという仮名にした。
トイレの躾もばっちり出来ていた。
ただ、散歩慣れしておらず、もしかしたら
ほぼ散歩に行ってなかったのかもしれないと
うかがえる。
とにかく、若くパワー全開で
廊下を駆け回って、
あーちゃんは、吠えて怒り、
猫は、フーシャー。
マルは、猫が怒ってもあーちゃんに吠えられても
ほぼ無視。
マイペースな犬なので、
数日したら、猫もこの顔デカな犬は
無害と察し威嚇がなくなることでしょう。
ところで、
予想はしていたのだけど
マルをうちに連れて来て
一番、おそれおののいてるのは、
黒柴ひいらぎさんです(笑)

130hi1.jpg
角のトイレ場に避難してじっとしているひいらぎ。


マルは、数日後、去勢手術相談をしに
獣医へ行き、その後、預かっていただくおうちへ
行く予定です。
家族に迎えてくださるかたも
募集します!!
TINAまでメールを!



ニックネーム TINA at 23:21| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

生い立ち判明

隣町で保護され、獣医さんのとこに預かって
もらっているサビ猫さん。
サビ猫さんがご飯をもらっていたおうちがわかったらしく
保護したYさんが訪問したところ、
なんとサビ猫さんは、ひめちゃんという名の
飼い猫だった!
しかも20才前後らしい。
外でご飯をあげている猫を
ただ飼い猫と称したのか?と思ったりもしたが、
Yさんから聞いたその飼い主との話が、
ひどくて・・・(-_-;)

ひめちゃんは、子猫の時からそのおうちで
飼われていたそうだけど
そのうちの息子さんが近所に住む友人に
譲り渡したそう。
何年かした際、友人は引っ越し、その際に
ひめちゃんを外に置き去りにしたらしい。
ひめちゃんは、元の家を探し、探し、
戻ってきたそう。
そんなひめちゃんを屋内に入れず、外で餌を与え、
高齢になっても、風邪をひき口内炎を起こし
食事が出来なくなりやせ細っても
そのままにしていた飼い主。
Yさんは、
「獣医師に預けてます・・・
 もうこちらで対処しますので」とだけ告げて
そのうちを去ったそうだ。

ひどい話だ。
子猫の時から面倒をみて、適当な人に譲渡し、
捨てられ、がんばって元の家に帰ってきた猫。
飼い主とは、名ばかりで
何もケアしてあげない人。
Yさんが、保護してくれなかったら
もう死んでいた命だろう。

現在、ひめちゃんは、獣医さんのケージを
やっと見つけた自分の居場所とばかり
ケージで安心して過ごしています。
抱っこすると、あわててケージに戻る姿は
居場所がなくなることをこわがってるようで
哀れでなりません。


どなたか、最後の数年を愛情をもって
置いてくれるかたはいませんか?
ケージで、おとなしく過ごせる甘えっ子の
いいこです。
どなたか、ご協力いただけるかた
いましたら、TINAまで連絡くださいm(__)m
切にお願い申し上げますm(__)m


122hime.jpg
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

サビ猫さん預かり募集!

隣町で、衰弱してるところを
犬の散歩中のかたが保護しました。
保護したかたは、
ワンコが病気療養中なのと
高齢者の介護もあるかたで
自宅保護が難しいとこちらに相談がありました。

サビ猫 メス 推定5才前後
ひどい口内炎と風邪、片目白濁と涙目でやせ細り
路上で動けなくなっており、
犬と一緒なのにもかかわらず足にすがりついて
きたそうです。
現在、獣医さんで治療中で、口内炎は治りかけて
ドライフードを食べれるようになりました。
痩せてガリガリなので、不妊手術をしてるかどうかは
まだ未確認です。
駆虫、検便しました。
エイズが陽性、白血病は陰性と出ています。
(エイズに関しては、一度の検査ではまだ
確定でないと思いますが、陽性だからといって
発症していないので普通に過ごせます)
ケージで非常におとなしく過ごせます。
はじめて安堵の地が出来たかのように
安心してケージに入り、
見ていてかわいそうなほどです。
顔(泣)

1227sabi1.jpg
1227sabi2.jpg

期間限定でもOKです。
どなたか預かっていただけるかたいませんか?
とっても甘えっこのおとなしい女の子です。
ぜひぜひよろしくお願いしますm(__)m
 メールお待ちしていますm(__)m
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

猫とのお別れ

年末になり、悲報をたくさん耳にします。
猫のボランティア活動、18年にもなると
活動初期のころ、保護し新しいおうちへ行った猫さん
の悲報が来るようになりました。

今年は、我が家でも3匹、家族として
生活した猫が亡くなり、
年月の早さを実感してたりします。

今年、いただいた悲報の中で
思い出深い猫のお話を2件、紹介します。
◆  ◆  ◆
2001年、公園Aでロシアンブルーと
思われる成猫が遺棄された。
この公園は、2000年から野良猫対策に着手して
一年半で130匹以上の猫の手術を終わらせた場所。
新しい猫がいれば、すぐ私に連絡が入る。
その猫は、園内の施設がある場所で、
なんとか他の猫と喧嘩しながらも餌をもらい
カーペットちゃんなんて呼ばれながら
数週間がんばって生きていた。
さっそく、見に行き、その場で
抱っこし、キャリーバッグに入れ保護して帰った。
獣医師に不妊手術を頼むと
「えぇぇぇ どう見ても純血種だよ?
 手術もったいなくない!?」と院長が
おっしゃる(今じゃ考えられないけど、
15年前は、そんな話いくらでもあったのだ)
私が、ムッとした顔で、反論しようとすると
「あ・・・するする手術する」と院長(笑)
その後、抜糸の際や、うちの猫にケージ越しで
対面させた際など、野獣のような鳴き声を発し
襲ってくるほどの凶暴っぷり。
人間とだけ接する時は、甘えっ子なので
こりゃー1匹のみの飼育で、やや凶暴でもOKと
いう里親さんを見つけないとだ。
すると、以前も気の荒いシャム猫を飼ってたと
いうご家族から問い合わせが来た!
「気の荒い猫、大歓迎
 うちにぴったりです」と言ってくださり
Kちゃんという名前になり新しい家族として
迎えていただいた。
そしてこの9月。
メールが来た。以下、Mさんから。
2002年1月にTINA様宅から我が家族に迎えましたロシアンブルーのKが、
本日午後3時16分、お母さんに見守られながら旅立ちました。
来たときに推定3歳とのことでしたので、17年の生涯でした。

皮のソファーでの爪とぎが得意で、最初は困り果てましたが、
防御策を講じたあとは我が家の人気者となり、
玄関に来客があると「かわいい猫ちゃんですね」と
客が言うまで催促したり、
バイオリンに合わせて歌ったりと大活躍でした。
2010年に引っ越した際は、車の中で怒りうんちをし、
そのときから大きな声が出るようになり、
目覚まし時計の代わりをやってくれていました。

先週初めぐらいから次第に食が細くなり
また粗相をするようになりおかしいなと
思っていましたが、
昨日からは固形物を食べなくなり、今朝一度水を飲んだだけ
で、ぐったりとしていましたので、
ハイドン「ひばり」のCDをかけ、
お母さんがつきっきりで、
「Kちゃん、ありがとう。君と一緒で楽しかったよ。
うちに来てくれてありがとう」と言いながら体をさするなか、
永眠しました。

お母さんも私も虚脱感でいっぱいですが、
「ああしてやればよかった」という後悔はありません。
Kも幸せだったし、私たちも幸せでした。

Kと暮らせた14年半をくださいましたTINA様、本当にありがとうございました。
私たちも、何年先になるかわかりませんが、
また向こうでKと会えるのを楽しみにしております。


公園であの子を見つけた時のこと
頭の中に色彩豊かに光景が残っています。
幸せにしてくださり本当に本当に感謝しかないです。涙

1227ktyan.jpg
 送っていただいたKちゃんの写真


続きを読む
ニックネーム TINA at 23:51| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

譲渡決定猫2016/3,4月

3月と4月に
おうちが決定した猫達。
 お写真は、すべて譲渡先からいただいた写真ぴかぴか(新しい)

1215hyapa.jpg
Hさん宅に。パールくん
保護時のお話はここクリックで読めます。

1215tanaku.jpg
Tさん宅へ。ニコ&クゥちゃん姉妹
保護時の写真はここクリック。

1215hiki.jpg
Fさんのお宅へ。キキ&ひなちゃん姉妹
保護時の写真はここクリック

1215love.jpg
Sさん宅へ。 ラブちゃん
保護時の写真は、ここクリック

満月以下は、保護主さんより相談されて
譲渡作業をお世話した猫さん。

1215tom.jpg
Iさんのおうちに行ったトムくん。

1215nya-.jpg
Wさんのおうちに行ったにゃ〜ちゃん。

みんな新しいおうちで
可愛がってもらって幸せにexclamation

 預かりスタッフさまへ感謝こめて→Y田さん、K子さん、NOAさん

ニックネーム TINA at 23:23| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

霜降り黒柴

この冬も、またまた
黒柴ひいらぎさんの綿毛に悩まされ中です。
猫なんかまだカワイイもんよってぐらいの抜け毛で
びっちり霜ってます。

1212hii.jpg
段々と綿毛が浮いてきて
まだらになってます。(一緒に寝てるのはヒョーくんww)


ブラシをかけると、浮いてくるわ浮いてくるわで
すごい量。
作業半ばで、逃亡されたので
毎日、やらないと犬(泣)

今回の収穫 下
1212ke.jpg
ニックネーム TINA at 21:39| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

譲渡決定猫2015/11,12月

遅ればせながら、
おうちの決った猫報告かわいい
 猫(足)写真は、全て、先方から
送っていただいたものです猫(笑)

1206mimi.jpg
Aさんのお宅へ行ったミミちゃん♀
保護時のエピソードはここクリック。

1206hagi.jpg
Yさん宅へ。 はぎちゃん(写真左)♀
先住猫さんとも仲良しに。
保護時のエピソードはここクリックです。

1206piko.jpg
Sさんのお宅へ。ピッコロくん♂
保護時のエピソードはここクリック

1206rora.jpg
Kさん宅へ。ローラちゃん(写真左)♀
おにーさん猫2匹も以前、迎えていただいた猫(^^)
ローラちゃんの保護時の写真はここクリックで見れます。

1206kotya.jpg
Yさん宅へ。 コチャちゃん♀
保護時のエピソードはここクリックでどうぞ。

1206moku.jpg
Iさん宅へ、もも♀&くろ♂
ももちゃんは、保護した際のミルク飲み動画が
ここクリックで見れますよ(^_-)-☆
くろちゃんは、授乳ボランティア預かりしてたNMさんが
保護してたコでペアで家族にしていただけました。

 みんな長生きしてねーーーー猫(笑)

預かりサンクス:M上さん、MPさん、Y田さん、NMさん
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

シニア猫を家族に

おとなしく過すシニア猫。
飼いやすく
気がつけばそこに猫がいるという優しい存在感です。

還暦を過ぎて、猫を飼育することに躊躇してるかたにも
シニア同士で暮らすことは
互いによい効果がありますよ(^^)

11momo.jpg
 桃ちゃん チンチラ メス 推定8才
 気難しいけど頭を撫でられるのが好き。
 おとなしいです。
 毛の手入れとたまに目薬必要です。

11pon.jpg
 ポンちゃん チャ白 11才
 超甘えん坊です。 人見知りなしのお客さん接待係り
 若いメスは好きだけど年とったメスとオスは嫌いです(^_^;)

2匹ともに健康状態問題なしです。
愛情をそそいでくださるかた お待ちしています!!


ニックネーム TINA at 21:55| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

緊急預け先募集!

   追記:12/2 預け先が見つかりました。
拡散ありがとうございました!


先方の都合で
保護猫2匹、戻って来たのですが
現在、保護先がどこも満杯で
預け先を探しています。

1ヶ月とかの短期でもOKです。
どなたか助けていただけませんか?
出来れば、世田谷区内、もしくは
近隣ですとありがたいですm(__)m

黒猫オス、黒白メス、生後8ヶ月
人見知りですが、温厚な兄妹です。

kuroiti.jpg

現在、獣医さんにいます。
(不妊去勢手術実施)

TINAまでメールください!メール
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

ごめんねミルクン

2012年港区の多頭飼育崩壊現場から
うちに連れて来たミルクンがきょう急死した・・・。

元の飼い主が
「このコだけは、甘えん坊で
 いつも私と一緒に寝るコなんです」と
言っていたのが当時4才のミルクンだった。
だから、連れて帰る時も
普通にキャリーバッグにすんなり入ってくれた。
あの糞尿でまみれた家に、もう二度と
戻らないなんて彼にはわかるはずもなかった。

ミルクンは、うちに来ても
まったく馴れず、いつもおびえたままだった。
私の顔を見ると威嚇し、
触ると体を固くして耐えていた。
あのオバサンのところに戻りたかったんだと思う。

里親さんも見つからず、
ミルクンは、二階のソファの後に
隠れて過すようになり、
だんなと、まぼろしの猫だなんて
言いながら4年の月日がたった。

今年になって、
1階で、私が猫のご飯を用意していると
ミルクンが催促しに来るようになった。
1階は、犬がいるからか降りては来ないまでも
階段途中まで来て
大きな声で、ご飯ご飯とニャーニャー鳴く。
私は、だいぶ馴染んでくれたと思い
嬉しい気持ちでいっぱいだった。

10月中旬、あんなにご飯を毎日
催促してたミルクンが
鳴かなくなった。
いつもなら、ご飯を持って行き、
お皿をミルクンのそばまで滑らせ
扉の隙間からそっと様子を見ると
嬉しそうに寄ってきてお皿に顔をつっこむ
姿が現れなくなった。
鼻をスンスンと鳴らしているのを見たので
風邪をひいて食欲がないのかな?と
思ったりした。

22日の火曜日、病院へ連れて行こうと
2階の部屋に行ったら
ソファの後ろにいない。
探し回ったら、
階下の納戸の棚に寝ていた。
寒い場所。
あわてて抱きかかえ、猫用こたつを用意し
中にいれてあげた。
何かがおかしい。
1時間ほどした頃、
何も知らないだんなが、
「”まぼろし”が足元に来て鳴いてるよ〜」と
嬉しそうに言ってきた。
あれだけ、おびえて逃げ回ってたミルクンが、
犬のいるキッチンに来て横たわり鳴いていた。

続きを読む
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

アメリ天国へ

いつもいつも
発作のあと元通りになって
戻ってきた アメリ。

残念ながら・・・
  旅立ちました。

1116ame.jpg

2012年 隣町で保護して4年。
生まれつきの激しい発作を起こす猫で、
お薬と発作と入院の日々だった。
(保護時の記事はここクリックで読めます)

強い薬を飲ませ続け、
やがてはくるであろう内臓への影響を
心配し、でも
飲ませなくては生きていけないアメリのことを
生きてて幸せなのだろうか?と
思ったこともあった。
でも、アメリは、
行きつけの獣医さんのところで
とても可愛がられ
私にも頭をコツンとくっつけ
甘えるそぶりをみせていたから。

目も見えず、トイレも出来ず、
毛づくろいも出来ない
そんなアメリだったけど
いろんなことを教えてくれたと思う。

死因は、強い薬とステロイド投与による
副作用で肝硬変を起こしてたそう。
カビと勘違いしていた皮膚疾患は
肝硬変による、乾皮症候群を併発してたらしい。

よくここまでがんばってくれたと思う。

毎日、手のかかった猫だったから
ガランとしたアメリのケージを見ると
しばらく、ボーっとしちゃいそうだけど
うちに来て、いろんなことを
教えてくれたのだと
アメリに感謝したい。
大好きだったよと言ってあげたい。

 また今回もダンナの休み(第3水曜)に
 猫が天国へ行きました。
 親孝行のコばかりだなって感じます。
ニックネーム TINA at 13:47| Comment(10) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリ悪化

9月に、ひどい発作をおこした後、
食事をしなくなり、なんとか強制給仕することで
また、自分から食べれるようになったアメリ。

その時に、体力がどーんとおちたせいか
全身にカビがはえ(T_T)
ほとんど毛がぬけてしまった。

体重もどんどんおちて、
今は、1.5キロに。

もうダメなのかもと
最近、思い始めた昨夜また発作が。
昨夜11時半に病院へ。

どうなってるか心配。
今まで、
奇跡の復活を何度もしてくれてるアメリ。
(獣医さんが、普通ここまでなって
持ち直すのはすごいよと驚いてたくらい)
だけど今回は、痩せてしまってるからなぁ・・・。

ame1.jpg
ニックネーム TINA at 08:22| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

保護猫6〜10月

6〜7月

hogo7.jpg
手術捕獲現場で保護した仔猫さんたち
クロスケ♂&イチカ♀(仮名)

hogo4.jpghogo5.jpg
こちらも手術捕獲で保護した仔猫4匹。
グレーのオスメス、黒白のオスメス
倉庫の中でお母さん猫が上手に育てていた。

hogo6.jpg
公園B隣接施設で産まれた猫達。
ペコ&ポコ姉妹

hogo10.jpg
手術現場で保護した仔猫 チャトラ兄弟

hogo8.jpg
手術現場で保護した仔猫 キジトラ♀、チャ白チャトラ兄弟

hogo11.jpg
ММさん宅マンションに遺棄されたと思われる仔猫
キジトラ♀

8月

hogo1.jpg
公園B施設内に遺棄された猫
黒白兄弟 A太B太

hogo3.jpg
手術捕獲時、保護
保護した次の日、暴風雨になって。よかった。
チャ白♂兄弟と薄三毛
ロン、しろ、シルク

9月

hogo2.jpg
公園B施設内に遺棄された
グレー&チャ白兄弟
ハンとサム

10月
hogo9.jpg
公園Aに9月にある日突然現れた耳カットされた
黒猫女の子。
この公園は、もうわずかしか猫が残っておらず
地域の人が適切に面倒をみてくださっている。
人馴れしていることから、ここに置けば
面倒をみてくれるもしくは保護してくれると
思った卑怯な人が遺棄したと思われる。
9月からなかなか保護出来ず、
何度かの台風を乗り越え、やっと保護出来た!!
ちびこちゃん(仮名)
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

きょうのコニャンコ

3兄妹、離乳食はじめましたエサ
ミルクにひたしたご飯皿に前足、顔を
うずめてちゅーちゅー食べるので
食べ終わると
1匹1匹
顔ふきふき、体ふきふきで
乳母TINA、至れり尽くせりですwww

写真は、お腹ポンポコリンになって
眠くなったきょうの朝の様子です。
3konya.jpg

ミルク卒業したら
飼い主募集開始します猫(笑)
ニックネーム TINA at 13:05| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

公園Bに遺棄1

とうとうやられました。

去年、公園Bに捨てられる仔猫が多くあり
ポスターを作ってもらい防犯し、
今年はゼロだったのですが・・・
捨てられました(>_<)

ohatu.jpg
生後1ヶ月半ぐらいの面白模様の女の子
今期はじめての捨て猫なので
仮名おはつ です。

このコが置かれた場所は、
防犯カメラ設置可能な場所。
設置していただけるよう交渉する予定。

カラスに襲われなくて良かった(>_<)
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

仔猫の預け先募集

子猫ラッシュピークexclamation×2

今年は、預け先だった方が
様々な事情で、子猫預けお休み中のかたが続出
しちゃっており、
預け先を探しています。

ボランティア参加してくださる方を
 熱烈募集!!します。
世田谷区内、もしくはお近くのかたで
預かりボランティア参加したいという方
ぜひぜひお手伝いくださいm(__)m
 私までメールくださいませm(__)m
ニックネーム TINA at 08:34| Comment(6) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

残ってたチビ2GET

無事、兄妹子猫7匹のうち最後の2匹を
現場のSKさんが捕まえてくれましたexclamation×2

1匹の風邪状態がひどく
目が目やにとただれでくっついてますが
食欲はあるので、目薬と抗生物質で
回復してくれることでしょうグッド(上向き矢印)
癒着がないといいなぁ。

sk2hiki.jpg
チャトラ♂仮名ウーロン、茶白♂仮名プーアール

ここの子猫軍団、7匹のうちオスが6!
希少なメス1が、一番シャーシャー言う
物怖じしない強い性格。 女は強し(笑)

ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする