2016年11月25日

ごめんねミルクン

2012年港区の多頭飼育崩壊現場から
うちに連れて来たミルクンがきょう急死した・・・。

元の飼い主が
「このコだけは、甘えん坊で
 いつも私と一緒に寝るコなんです」と
言っていたのが当時4才のミルクンだった。
だから、連れて帰る時も
普通にキャリーバッグにすんなり入ってくれた。
あの糞尿でまみれた家に、もう二度と
戻らないなんて彼にはわかるはずもなかった。

ミルクンは、うちに来ても
まったく馴れず、いつもおびえたままだった。
私の顔を見ると威嚇し、
触ると体を固くして耐えていた。
あのオバサンのところに戻りたかったんだと思う。

里親さんも見つからず、
ミルクンは、二階のソファの後に
隠れて過すようになり、
だんなと、まぼろしの猫だなんて
言いながら4年の月日がたった。

今年になって、
1階で、私が猫のご飯を用意していると
ミルクンが催促しに来るようになった。
1階は、犬がいるからか降りては来ないまでも
階段途中まで来て
大きな声で、ご飯ご飯とニャーニャー鳴く。
私は、だいぶ馴染んでくれたと思い
嬉しい気持ちでいっぱいだった。

10月中旬、あんなにご飯を毎日
催促してたミルクンが
鳴かなくなった。
いつもなら、ご飯を持って行き、
お皿をミルクンのそばまで滑らせ
扉の隙間からそっと様子を見ると
嬉しそうに寄ってきてお皿に顔をつっこむ
姿が現れなくなった。
鼻をスンスンと鳴らしているのを見たので
風邪をひいて食欲がないのかな?と
思ったりした。

22日の火曜日、病院へ連れて行こうと
2階の部屋に行ったら
ソファの後ろにいない。
探し回ったら、
階下の納戸の棚に寝ていた。
寒い場所。
あわてて抱きかかえ、猫用こたつを用意し
中にいれてあげた。
何かがおかしい。
1時間ほどした頃、
何も知らないだんなが、
「”まぼろし”が足元に来て鳴いてるよ〜」と
嬉しそうに言ってきた。
あれだけ、おびえて逃げ回ってたミルクンが、
犬のいるキッチンに来て横たわり鳴いていた。

続きを読む
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

アメリ天国へ

いつもいつも
発作のあと元通りになって
戻ってきた アメリ。

残念ながら・・・
  旅立ちました。

1116ame.jpg

2012年 隣町で保護して4年。
生まれつきの激しい発作を起こす猫で、
お薬と発作と入院の日々だった。
(保護時の記事はここクリックで読めます)

強い薬を飲ませ続け、
やがてはくるであろう内臓への影響を
心配し、でも
飲ませなくては生きていけないアメリのことを
生きてて幸せなのだろうか?と
思ったこともあった。
でも、アメリは、
行きつけの獣医さんのところで
とても可愛がられ
私にも頭をコツンとくっつけ
甘えるそぶりをみせていたから。

目も見えず、トイレも出来ず、
毛づくろいも出来ない
そんなアメリだったけど
いろんなことを教えてくれたと思う。

死因は、強い薬とステロイド投与による
副作用で肝硬変を起こしてたそう。
カビと勘違いしていた皮膚疾患は
肝硬変による、乾皮症候群を併発してたらしい。

よくここまでがんばってくれたと思う。

毎日、手のかかった猫だったから
ガランとしたアメリのケージを見ると
しばらく、ボーっとしちゃいそうだけど
うちに来て、いろんなことを
教えてくれたのだと
アメリに感謝したい。
大好きだったよと言ってあげたい。

 また今回もダンナの休み(第3水曜)に
 猫が天国へ行きました。
 親孝行のコばかりだなって感じます。
ニックネーム TINA at 13:47| Comment(10) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリ悪化

9月に、ひどい発作をおこした後、
食事をしなくなり、なんとか強制給仕することで
また、自分から食べれるようになったアメリ。

その時に、体力がどーんとおちたせいか
全身にカビがはえ(T_T)
ほとんど毛がぬけてしまった。

体重もどんどんおちて、
今は、1.5キロに。

もうダメなのかもと
最近、思い始めた昨夜また発作が。
昨夜11時半に病院へ。

どうなってるか心配。
今まで、
奇跡の復活を何度もしてくれてるアメリ。
(獣医さんが、普通ここまでなって
持ち直すのはすごいよと驚いてたくらい)
だけど今回は、痩せてしまってるからなぁ・・・。

ame1.jpg
ニックネーム TINA at 08:22| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

保護猫6〜10月

6〜7月

hogo7.jpg
手術捕獲現場で保護した仔猫さんたち
クロスケ♂&イチカ♀(仮名)

hogo4.jpghogo5.jpg
こちらも手術捕獲で保護した仔猫4匹。
グレーのオスメス、黒白のオスメス
倉庫の中でお母さん猫が上手に育てていた。

hogo6.jpg
公園B隣接施設で産まれた猫達。
ペコ&ポコ姉妹

hogo10.jpg
手術現場で保護した仔猫 チャトラ兄弟

hogo8.jpg
手術現場で保護した仔猫 キジトラ♀、チャ白チャトラ兄弟

hogo11.jpg
ММさん宅マンションに遺棄されたと思われる仔猫
キジトラ♀

8月

hogo1.jpg
公園B施設内に遺棄された猫
黒白兄弟 A太B太

hogo3.jpg
手術捕獲時、保護
保護した次の日、暴風雨になって。よかった。
チャ白♂兄弟と薄三毛
ロン、しろ、シルク

9月

hogo2.jpg
公園B施設内に遺棄された
グレー&チャ白兄弟
ハンとサム

10月
hogo9.jpg
公園Aに9月にある日突然現れた耳カットされた
黒猫女の子。
この公園は、もうわずかしか猫が残っておらず
地域の人が適切に面倒をみてくださっている。
人馴れしていることから、ここに置けば
面倒をみてくれるもしくは保護してくれると
思った卑怯な人が遺棄したと思われる。
9月からなかなか保護出来ず、
何度かの台風を乗り越え、やっと保護出来た!!
ちびこちゃん(仮名)
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

きょうのコニャンコ

3兄妹、離乳食はじめましたエサ
ミルクにひたしたご飯皿に前足、顔を
うずめてちゅーちゅー食べるので
食べ終わると
1匹1匹
顔ふきふき、体ふきふきで
乳母TINA、至れり尽くせりですwww

写真は、お腹ポンポコリンになって
眠くなったきょうの朝の様子です。
3konya.jpg

ミルク卒業したら
飼い主募集開始します猫(笑)
ニックネーム TINA at 13:05| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

公園Bに遺棄1

とうとうやられました。

去年、公園Bに捨てられる仔猫が多くあり
ポスターを作ってもらい防犯し、
今年はゼロだったのですが・・・
捨てられました(>_<)

ohatu.jpg
生後1ヶ月半ぐらいの面白模様の女の子
今期はじめての捨て猫なので
仮名おはつ です。

このコが置かれた場所は、
防犯カメラ設置可能な場所。
設置していただけるよう交渉する予定。

カラスに襲われなくて良かった(>_<)
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

仔猫の預け先募集

子猫ラッシュピークexclamation×2

今年は、預け先だった方が
様々な事情で、子猫預けお休み中のかたが続出
しちゃっており、
預け先を探しています。

ボランティア参加してくださる方を
 熱烈募集!!します。
世田谷区内、もしくはお近くのかたで
預かりボランティア参加したいという方
ぜひぜひお手伝いくださいm(__)m
 私までメールくださいませm(__)m
ニックネーム TINA at 08:34| Comment(6) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

残ってたチビ2GET

無事、兄妹子猫7匹のうち最後の2匹を
現場のSKさんが捕まえてくれましたexclamation×2

1匹の風邪状態がひどく
目が目やにとただれでくっついてますが
食欲はあるので、目薬と抗生物質で
回復してくれることでしょうグッド(上向き矢印)
癒着がないといいなぁ。

sk2hiki.jpg
チャトラ♂仮名ウーロン、茶白♂仮名プーアール

ここの子猫軍団、7匹のうちオスが6!
希少なメス1が、一番シャーシャー言う
物怖じしない強い性格。 女は強し(笑)

ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

飲んでます!

ミルク飲み3兄妹。
小さくて弱弱しいコもなんとか
哺乳瓶から飲めるようになり
日々6時間起きの授乳やってます猫(足)

mityan.jpg
一番アピールが強い三毛のみーちゃん

ohtyan.jpg
体が一番大きくまるまるしている茶白おーちゃん


一番小さいちーちゃん(=^・^=)
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

チャトラ地帯

2回目訪問の現場。
手術のための成猫捕獲と子猫の保護が目的。

前回もそうだったのだけれど
朝の餌をぬいてもらってるにも係わらず
猫さんがお腹すいてる感じがあまりしない。
お腹すいてないと捕まらない。
たぶん近所で同じ猫さんに餌を与えている
家屋があるんだろう・・・。

SGさんとK子さんとともに
すでに保護した仔猫の写真を撮ったり
近所をまわってみたりしていたところ、
声をかけてきたご近所の方がいた。
K子さんに
「子猫をもらってくれませんか?」
と言うではありませんかーーー。

私が事情を訊くと
お庭で出産した猫がいて、
獣医師に捕獲器を借り、親猫は捕まえたけれど
子猫をどうするか困ってるとおっしゃる。
見ると、生後2週まわったかなって感じの
乳飲み子が3匹。
全員、風邪をひいていて目ショボショボで
中にはまぶたがくっついてしまってるコも。
3cat.jpg
茶白1、白茶1、三毛1の三兄妹
ノミもすごかった(~_~;)
それぞれ仮名:オウくん、チーくん、ミーちゃん


「このコ達、離乳してないですよ」と
私が言うと
その方の知り合いが親子ごと保護して
育ててもいいと言ってくれてると言う。
親猫は、まったく人馴れしていないという話なので
おそらく、ケージに入れるのも一苦労、
ストレスがかかると子育て自体しなくなる
可能性もある。
(先日もアパート敷地で子猫が生まれ
餌を与えてるおばーさんが子猫を何度も見てたら
親猫が噛み殺してしまったという悲劇があった(>_<))

そのような説明をさせていただいたけれど、
現実、すでに母猫を捕まえてしまってるし
(放すと警戒して捕獲器にしばらくは入らなくなる)
それでも放して
母猫に子育てさせる を選んでも仔猫の風邪の
状態が悪化すると死んでしまう可能性もある。

生後2週か〜。
生まれたてよりミルクやりの時間間隔は
あけられる・・・と保護を承諾。


続きを読む
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

桃姫回復中

momohime.jpg
桃姫 だいぶお顔がキレイになりましたぴかぴか(新しい)
目の下の傷もほとんどわからなくなってきたグッド(上向き矢印)
びじんさんに変身したら、
新しいおうちを探そうねかわいい
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

チャトラ家族

手術捕獲を頼まれ、訪れたお宅のお庭。
チャトラ、茶白、白茶の
成猫4匹、子猫7匹の大所帯。

みな明らかに血縁。

相談者は、
11月のセミナーに参加されたそうで。
手術!とにかく手術!と
口うるさく言ってるの聞いたはずなのに
なぜに産ませてしまったの?(-_-;)

「猛省してます」とおっしゃる。
とにかく遅ればせながら手術実施と
子猫の保護、里親探しをすると
決心されてる様子なので
私も出来るだけのお手伝いをしなくちゃ。

子猫は、全員風邪っぴき状態。
このまま、外暮らしをしていれば
梅雨時、確実に目をやられる。
(猫風邪は、角膜を炎症させるから)

きょう捕まったのは、母猫2匹と子猫3匹。
子猫1は、室外機の上でこんこんと眠ってるところを
首つかんで捕まえた。
首つかんでるのに、まだ眠ってて、
ケージに入れる寸前に気がついて暴れていた(~_~;)
風邪のせいで、微熱があるやもしれない。

入院させ治療開始です。

kazesaka3.jpg
茶白3匹。 ♂仮名:チャキ ♂仮名:チャトン ♀仮名:ワカナ

ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ポンちゃん通信5月

20165pon2.jpg

誰にでも物怖じしない接待係りのポンちゃん。

シニアだけどまだまだ元気で甘えん坊です。

多頭飼育崩壊現場よりやせ細った状態で

保護し、今は、筋肉もつき

元気いっぱいな生活を満喫しています。

どなたかポンちゃんを

家族にしてくださる方いませんか?

若いメスとなら仲良く出来ます(笑)
20165pon1.jpg
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

桃ちゃん退院

momosan.jpg

まだ痛々しい顔ですが
目の下の黒いかたまりは、きれいに取れました!
傷が治るまで、しばらくはカラーつけて
生活しなくちゃです。

K子さんが、預かってくださいました。
いつも感謝感謝ぴかぴか(新しい)です。

キャリーバッグに入れたら
桃ちゃんは、震えていました。
いろんなことが急に起きて
怖い思いをたくさんしたんだね。

この種の猫は、日々ブラッシング、涙やけのふきとりと
手がかかります。
そうしてあげないと、ひどい毛玉だらけになったり
目の下が汚れ、分泌物で黒く固まります。
今度こそ、よいご縁がこのコにあるよう
がんばります。
ニックネーム TINA at 10:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

クレナイさんの猫

『相談したのに里親が見つからないと連絡をクレナイ』
『希望を人にあたえて何もしてクレナイ』
『私は、耐え忍び耐え忍び日々をおくっていた。
 もらいては、もうないと連絡クレレバあきらめがついて
 猫を捨てることも出来たのに!』
『1年ですよ!
 あなたは1年も何もしてクレナイ』

4月終わりの朝9時、
怒った声で上記のような電話あり。

この方は、
保護した猫を家に入れたが、
先住猫と折り合いがわるく、
オマケに粗相をするのでどうしたらいいか?と
去年、相談してきたかたである。
私は、粗相のよくある原因や工夫を説明。
「ありとあらゆる工夫をしたけれど
 ダメだった。誰か引取ってクレナイでしょうか?」
とおっしゃる。
「里親探しのお手伝いであれば協力しますよ。
 写真と猫さんのプロフィールを送って
 いただければ、私のほうでも
 探してみます」と お伝えすると
「成猫だから、無理じゃないですか?」と言うので
「成猫でも、あきらめなければ
 もらいてありますよ。
 ご縁ですし」と私は話した。

去年の10月終わり、
写真と猫の紹介文が郵送されてきて、
私のほうで、里親探ししたり、
紹介したりしていたがなかなか
条件的に厳しく、半年が経過していた。
その間、この方からの電話は一度もない。

それで、怒りの電話である。
この人が言うには、
私が希望を与えたので、一年間(半年なんですけどね)
日々、耐え忍んで猫の面倒をみてきた。
里親さんは、見つからないと私が言ってクレテレバ
捨てることも出来たのにと怒っているのである。

逆上している人に何を言っても
しかたがないけれど、
「あの、捨てるって、
 それは犯罪行為になるので
 出来ないですよ」とポツリ告げたら、
スイッチ入ったみたいにキレ、
口調が、ころっと変わり
「アタシが犯罪者って!?
 なんだよ!
 アタシの猫じゃないんだよ!!
 勝手にはいってきた野良猫なんだよ!」と
まくしたてる。

続きを読む
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

子宮蓄膿症の猫

獣医さん紹介の電話相談。

☆お庭で餌を与えている猫の手術をしたい。
☆メスなのでもしかしたら妊娠しているかもしれない。
☆お尻から出血しているので診せたい。

人馴れしていてキャリーバッグで捕まりそうだとの
お話なので
「怪我しないようやってくださいね」と
お伝えしたら、すんなり捕まったと連絡が。

病院で見たら、凶暴とは無縁の
あきらかに、誰かに飼われてたであろう猫。

手術が終ったあとに獣医師から報告電話。
以下、会話。

先生「このコ、子宮蓄膿症だったよ」

私 「それで出血してたの?」

先生「そう。
   猫の子宮蓄膿症はめずらしい」

私 「そうかな 飼い猫に手術しないで家に
   閉じ込めて発情させるがままにしている状態で、
   今まで何件か知ってるよ。
   野良猫では、みたことないけど」

先生 「いや、猫ではっ てこと。、
    犬は、めちゃくちゃ多いからさ」

私 「犬、手術しない人多いからね(-_-;)」

化膿が進んでしまう前に手術出来て
ほんとに良かった!!
ほうっておくとお腹で子宮が破れたら
短時間で死んでしまう病気だ。

猫ちゃんは、真っ白な女の子。
推定1才ぐらい。
甘えっこで人懐こい。
飼い猫かもしれないと思い、いろいろ調べたけれど
探している人見つからず。
保護することに決定です(^_^)v
429masiro.jpg
 仮の名は、ましろちゃん
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

2015:9-10月譲渡決定猫

2015年、
 9月と10月に新しい家族のもとへ行った
 猫の写真報告でございます(=^・^=)
※写真は、すべて譲渡先から送っていただいた写真です

20159karu.jpg
甘えん坊のカールくん
 保護した時の写真は、ここクリックで見れます。

20169roto.jpg
ロトミちゃん&ポロンちゃん
 獣医さんに預けてる時に見初められ、
めでたく姉妹でお引越しハートたち(複数ハート)
保護時の記録は、ここクリック

20159vani.jpg
バニラちゃん。
バニラちゃんは飼い主さんが動画を公開しています。
ここで見れますよ(^^)右クリック

20159tyako.jpg
ちゃこちゃん。 上の段のバニラちゃんの姉妹猫さん。
保護時のエピソード&写真は、ここクリックです。

20159haru.jpg
春風ちゃん。
命が危険だった保護仔猫だった。
大きくなったね〜〜ぴかぴか(新しい)
保護時の記録は、ここクリックで。

 みんな愛されて幸せにねexclamation×2
ニックネーム TINA at 23:23| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

受難の季節

命の誕生は、美しく尊いもの。
だけど、人間に飼われる動物となった猫の場合、
産まれてもそのまま消えていく命が
はるかに多い。
自然淘汰で死んでいく命もあるだろうけど。

この国の殺処分の約7割が
離乳していない幼猫。
つまり人の手で持ち込まれ殺されているのが
現実なんだ。

きょう、
いつも猫を預かってくれるIさんより
何度も着信が入っていた。
 何かあったんだ・・・と
あわてておりかえしかけた。

Iさんの職場の倉庫に
生まれたばかりの仔猫が4匹。
4匹ともへその緒が体に複雑にからまり
うち3匹はすでに死んでいたそう。
死んだ3匹の下で必死に生き残ったコが
鳴き叫んでいたらしい。
親猫もいたそうなのだけど
人間が来たら逃げてしまったとのことだった。

死んだコは、両足がもげてしまった猫もいて・・・
親猫にもどうにもならなかったのではないかと
獣医師が言った。

生き残った子猫は茶白。
私が見にいった時には、
鳴き声もなくなっていた。
かろうじて動ける仔猫を
授乳を引き受けてくれるNMさんに託す時、
「難しそうだけど・・・ごめんね」と
私は、言った。

それから一時間後、NMさんから
「ごめんね、ダメだった」と電話。
NMさんは、泣き声だった。
 
命の終わりをみるのはとてもつらい。
今年はどうか少なくすむよう祈るしかない。

426-1.jpg
  助けてあげたかったなぁ 涙

426-2.jpg
 死んでいた3匹の仔猫。
ニックネーム TINA at 23:55| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

ポンちゃん通信4月

410pon1.jpg
多頭飼育崩壊より保護したポンちゃん。
老齢とは思えないほど、
若返りました(^^)

健康状態もまったく問題なし!です。

どなたか 甘えん坊なポンちゃんの
余生をみてくださるかたいませんか?

410pon2.jpg

推定10才前後 去勢済オス 
体系:普通でスラリと筋肉質
甘えん坊で人見知りまったくせず!
若いメスが好き(笑) オスとはNG

410pon3.jpg

 家族にしてくださる方お待ちしています猫(足)
ニックネーム TINA at 12:28| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

はじまりました〜!

春・・・
とうとう仔猫シーズンがはじまっちゃいました。
今年こそは、少ない仔猫数で
ありますよう毎年、祈っていますが
施設で殺処分される幼猫が山ほどいるのが
現実ですので、難しいでしょうね・・・もうやだ〜(悲しい顔)

今期、最初の仔猫さん達です。
手術を頼まれたお宅のサンルームで生まれ育った4匹。
室内なので、健康、ノミもおらず
ママ猫さんも美猫でおだやか性格だから
仔猫たちも人馴れOK。

すぐにもらいて決っちゃうかな。
 飼いたいかたは、メール、お電話くださいね猫(足)

327koneko.jpg
左2匹がメス、右2匹がオス、
右から仮名、ビーズ、ビビ、ビート、チャビー

ニックネーム TINA at 10:53| Comment(5) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする