2016年05月28日

飲んでます!

ミルク飲み3兄妹。
小さくて弱弱しいコもなんとか
哺乳瓶から飲めるようになり
日々6時間起きの授乳やってます猫(足)

mityan.jpg
一番アピールが強い三毛のみーちゃん

ohtyan.jpg
体が一番大きくまるまるしている茶白おーちゃん


一番小さいちーちゃん(=^・^=)
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

チャトラ地帯

2回目訪問の現場。
手術のための成猫捕獲と子猫の保護が目的。

前回もそうだったのだけれど
朝の餌をぬいてもらってるにも係わらず
猫さんがお腹すいてる感じがあまりしない。
お腹すいてないと捕まらない。
たぶん近所で同じ猫さんに餌を与えている
家屋があるんだろう・・・。

SGさんとK子さんとともに
すでに保護した仔猫の写真を撮ったり
近所をまわってみたりしていたところ、
声をかけてきたご近所の方がいた。
K子さんに
「子猫をもらってくれませんか?」
と言うではありませんかーーー。

私が事情を訊くと
お庭で出産した猫がいて、
獣医師に捕獲器を借り、親猫は捕まえたけれど
子猫をどうするか困ってるとおっしゃる。
見ると、生後2週まわったかなって感じの
乳飲み子が3匹。
全員、風邪をひいていて目ショボショボで
中にはまぶたがくっついてしまってるコも。
3cat.jpg
茶白1、白茶1、三毛1の三兄妹
ノミもすごかった(~_~;)
それぞれ仮名:オウくん、チーくん、ミーちゃん


「このコ達、離乳してないですよ」と
私が言うと
その方の知り合いが親子ごと保護して
育ててもいいと言ってくれてると言う。
親猫は、まったく人馴れしていないという話なので
おそらく、ケージに入れるのも一苦労、
ストレスがかかると子育て自体しなくなる
可能性もある。
(先日もアパート敷地で子猫が生まれ
餌を与えてるおばーさんが子猫を何度も見てたら
親猫が噛み殺してしまったという悲劇があった(>_<))

そのような説明をさせていただいたけれど、
現実、すでに母猫を捕まえてしまってるし
(放すと警戒して捕獲器にしばらくは入らなくなる)
それでも放して
母猫に子育てさせる を選んでも仔猫の風邪の
状態が悪化すると死んでしまう可能性もある。

生後2週か〜。
生まれたてよりミルクやりの時間間隔は
あけられる・・・と保護を承諾。


続きを読む
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

桃姫回復中

momohime.jpg
桃姫 だいぶお顔がキレイになりましたぴかぴか(新しい)
目の下の傷もほとんどわからなくなってきたグッド(上向き矢印)
びじんさんに変身したら、
新しいおうちを探そうねかわいい
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

チャトラ家族

手術捕獲を頼まれ、訪れたお宅のお庭。
チャトラ、茶白、白茶の
成猫4匹、子猫7匹の大所帯。

みな明らかに血縁。

相談者は、
11月のセミナーに参加されたそうで。
手術!とにかく手術!と
口うるさく言ってるの聞いたはずなのに
なぜに産ませてしまったの?(-_-;)

「猛省してます」とおっしゃる。
とにかく遅ればせながら手術実施と
子猫の保護、里親探しをすると
決心されてる様子なので
私も出来るだけのお手伝いをしなくちゃ。

子猫は、全員風邪っぴき状態。
このまま、外暮らしをしていれば
梅雨時、確実に目をやられる。
(猫風邪は、角膜を炎症させるから)

きょう捕まったのは、母猫2匹と子猫3匹。
子猫1は、室外機の上でこんこんと眠ってるところを
首つかんで捕まえた。
首つかんでるのに、まだ眠ってて、
ケージに入れる寸前に気がついて暴れていた(~_~;)
風邪のせいで、微熱があるやもしれない。

入院させ治療開始です。

kazesaka3.jpg
茶白3匹。 ♂仮名:チャキ ♂仮名:チャトン ♀仮名:ワカナ

ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ポンちゃん通信5月

20165pon2.jpg

誰にでも物怖じしない接待係りのポンちゃん。

シニアだけどまだまだ元気で甘えん坊です。

多頭飼育崩壊現場よりやせ細った状態で

保護し、今は、筋肉もつき

元気いっぱいな生活を満喫しています。

どなたかポンちゃんを

家族にしてくださる方いませんか?

若いメスとなら仲良く出来ます(笑)
20165pon1.jpg
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

桃ちゃん退院

momosan.jpg

まだ痛々しい顔ですが
目の下の黒いかたまりは、きれいに取れました!
傷が治るまで、しばらくはカラーつけて
生活しなくちゃです。

K子さんが、預かってくださいました。
いつも感謝感謝ぴかぴか(新しい)です。

キャリーバッグに入れたら
桃ちゃんは、震えていました。
いろんなことが急に起きて
怖い思いをたくさんしたんだね。

この種の猫は、日々ブラッシング、涙やけのふきとりと
手がかかります。
そうしてあげないと、ひどい毛玉だらけになったり
目の下が汚れ、分泌物で黒く固まります。
今度こそ、よいご縁がこのコにあるよう
がんばります。
ニックネーム TINA at 10:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

クレナイさんの猫

『相談したのに里親が見つからないと連絡をクレナイ』
『希望を人にあたえて何もしてクレナイ』
『私は、耐え忍び耐え忍び日々をおくっていた。
 もらいては、もうないと連絡クレレバあきらめがついて
 猫を捨てることも出来たのに!』
『1年ですよ!
 あなたは1年も何もしてクレナイ』

4月終わりの朝9時、
怒った声で上記のような電話あり。

この方は、
保護した猫を家に入れたが、
先住猫と折り合いがわるく、
オマケに粗相をするのでどうしたらいいか?と
去年、相談してきたかたである。
私は、粗相のよくある原因や工夫を説明。
「ありとあらゆる工夫をしたけれど
 ダメだった。誰か引取ってクレナイでしょうか?」
とおっしゃる。
「里親探しのお手伝いであれば協力しますよ。
 写真と猫さんのプロフィールを送って
 いただければ、私のほうでも
 探してみます」と お伝えすると
「成猫だから、無理じゃないですか?」と言うので
「成猫でも、あきらめなければ
 もらいてありますよ。
 ご縁ですし」と私は話した。

去年の10月終わり、
写真と猫の紹介文が郵送されてきて、
私のほうで、里親探ししたり、
紹介したりしていたがなかなか
条件的に厳しく、半年が経過していた。
その間、この方からの電話は一度もない。

それで、怒りの電話である。
この人が言うには、
私が希望を与えたので、一年間(半年なんですけどね)
日々、耐え忍んで猫の面倒をみてきた。
里親さんは、見つからないと私が言ってクレテレバ
捨てることも出来たのにと怒っているのである。

逆上している人に何を言っても
しかたがないけれど、
「あの、捨てるって、
 それは犯罪行為になるので
 出来ないですよ」とポツリ告げたら、
スイッチ入ったみたいにキレ、
口調が、ころっと変わり
「アタシが犯罪者って!?
 なんだよ!
 アタシの猫じゃないんだよ!!
 勝手にはいってきた野良猫なんだよ!」と
まくしたてる。

続きを読む
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

子宮蓄膿症の猫

獣医さん紹介の電話相談。

☆お庭で餌を与えている猫の手術をしたい。
☆メスなのでもしかしたら妊娠しているかもしれない。
☆お尻から出血しているので診せたい。

人馴れしていてキャリーバッグで捕まりそうだとの
お話なので
「怪我しないようやってくださいね」と
お伝えしたら、すんなり捕まったと連絡が。

病院で見たら、凶暴とは無縁の
あきらかに、誰かに飼われてたであろう猫。

手術が終ったあとに獣医師から報告電話。
以下、会話。

先生「このコ、子宮蓄膿症だったよ」

私 「それで出血してたの?」

先生「そう。
   猫の子宮蓄膿症はめずらしい」

私 「そうかな 飼い猫に手術しないで家に
   閉じ込めて発情させるがままにしている状態で、
   今まで何件か知ってるよ。
   野良猫では、みたことないけど」

先生 「いや、猫ではっ てこと。、
    犬は、めちゃくちゃ多いからさ」

私 「犬、手術しない人多いからね(-_-;)」

化膿が進んでしまう前に手術出来て
ほんとに良かった!!
ほうっておくとお腹で子宮が破れたら
短時間で死んでしまう病気だ。

猫ちゃんは、真っ白な女の子。
推定1才ぐらい。
甘えっこで人懐こい。
飼い猫かもしれないと思い、いろいろ調べたけれど
探している人見つからず。
保護することに決定です(^_^)v
429masiro.jpg
 仮の名は、ましろちゃん
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

2015:9-10月譲渡決定猫

2015年、
 9月と10月に新しい家族のもとへ行った
 猫の写真報告でございます(=^・^=)
※写真は、すべて譲渡先から送っていただいた写真です

20159karu.jpg
甘えん坊のカールくん
 保護した時の写真は、ここクリックで見れます。

20169roto.jpg
ロトミちゃん&ポロンちゃん
 獣医さんに預けてる時に見初められ、
めでたく姉妹でお引越しハートたち(複数ハート)
保護時の記録は、ここクリック

20159vani.jpg
バニラちゃん。
バニラちゃんは飼い主さんが動画を公開しています。
ここで見れますよ(^^)右クリック

20159tyako.jpg
ちゃこちゃん。 上の段のバニラちゃんの姉妹猫さん。
保護時のエピソード&写真は、ここクリックです。

20159haru.jpg
春風ちゃん。
命が危険だった保護仔猫だった。
大きくなったね〜〜ぴかぴか(新しい)
保護時の記録は、ここクリックで。

 みんな愛されて幸せにねexclamation×2
ニックネーム TINA at 23:23| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

受難の季節

命の誕生は、美しく尊いもの。
だけど、人間に飼われる動物となった猫の場合、
産まれてもそのまま消えていく命が
はるかに多い。
自然淘汰で死んでいく命もあるだろうけど。

この国の殺処分の約7割が
離乳していない幼猫。
つまり人の手で持ち込まれ殺されているのが
現実なんだ。

きょう、
いつも猫を預かってくれるIさんより
何度も着信が入っていた。
 何かあったんだ・・・と
あわてておりかえしかけた。

Iさんの職場の倉庫に
生まれたばかりの仔猫が4匹。
4匹ともへその緒が体に複雑にからまり
うち3匹はすでに死んでいたそう。
死んだ3匹の下で必死に生き残ったコが
鳴き叫んでいたらしい。
親猫もいたそうなのだけど
人間が来たら逃げてしまったとのことだった。

死んだコは、両足がもげてしまった猫もいて・・・
親猫にもどうにもならなかったのではないかと
獣医師が言った。

生き残った子猫は茶白。
私が見にいった時には、
鳴き声もなくなっていた。
かろうじて動ける仔猫を
授乳を引き受けてくれるNMさんに託す時、
「難しそうだけど・・・ごめんね」と
私は、言った。

それから一時間後、NMさんから
「ごめんね、ダメだった」と電話。
NMさんは、泣き声だった。
 
命の終わりをみるのはとてもつらい。
今年はどうか少なくすむよう祈るしかない。

426-1.jpg
  助けてあげたかったなぁ 涙

426-2.jpg
 死んでいた3匹の仔猫。
ニックネーム TINA at 23:55| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

ポンちゃん通信4月

410pon1.jpg
多頭飼育崩壊より保護したポンちゃん。
老齢とは思えないほど、
若返りました(^^)

健康状態もまったく問題なし!です。

どなたか 甘えん坊なポンちゃんの
余生をみてくださるかたいませんか?

410pon2.jpg

推定10才前後 去勢済オス 
体系:普通でスラリと筋肉質
甘えん坊で人見知りまったくせず!
若いメスが好き(笑) オスとはNG

410pon3.jpg

 家族にしてくださる方お待ちしています猫(足)
ニックネーム TINA at 12:28| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

はじまりました〜!

春・・・
とうとう仔猫シーズンがはじまっちゃいました。
今年こそは、少ない仔猫数で
ありますよう毎年、祈っていますが
施設で殺処分される幼猫が山ほどいるのが
現実ですので、難しいでしょうね・・・もうやだ〜(悲しい顔)

今期、最初の仔猫さん達です。
手術を頼まれたお宅のサンルームで生まれ育った4匹。
室内なので、健康、ノミもおらず
ママ猫さんも美猫でおだやか性格だから
仔猫たちも人馴れOK。

すぐにもらいて決っちゃうかな。
 飼いたいかたは、メール、お電話くださいね猫(足)

327koneko.jpg
左2匹がメス、右2匹がオス、
右から仮名、ビーズ、ビビ、ビート、チャビー

ニックネーム TINA at 10:53| Comment(5) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

さくら永遠の眠りに

317sakura.jpg

2008年の夏、
K子さんが買い物途中に見つけた
老夫婦の住むアパート。
仔猫を含む10匹以上の猫がいて
K子さんとともに、手術と保護を実施。

さくらは、その中の1匹。

保護する前に交通事故に遭い
尻尾の麻痺、排泄機能の麻痺がある三毛猫だった。

K子さんとともに
化学療法、針治療と いろいろ試したけれど
効果はなく、
この9年間、K子さんがご自分の飼い猫として
さくらを世話してくれた。
(さくらの記録は、以下で読めますので
お時間ある方は、ぜひ読んでみてね
さくら記録1 さくら記録2
さくら記録3 さくら記録4

毎日のおしっこ出し(膀胱を押して出す)から
ウンチは、獣医にかよって出してもらい
この10年弱の
K子さんのご苦労を思うと
ありがとうでは、まだ足りないほどだ。

さくらは、K子さんにとても甘えていて
K子さん帰宅時は、毎回玄関まで迎えに出てきたそう。

去年後半から、さくらの状態が悪くなっていると
報告をいただいていたのだけれど、
最期は、尿に血が混じるようになり
きょう17日、さくらは、K子さんの腕の中で
息をひきとったそうだ。
10才だった。

外猫として産まれ、事故に遭い、
私達に縁があり、K子さんに世話をしてもらえ
さくらは、桜の花が花開くこの時期、
お空へいきました。 
性格おっとりの美しい猫でした。

 ◇K子さんに大きな感謝をこめて◇
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

2015:7-8月譲渡決定猫

去年、2015年の7月8月に
おうちが決った猫ちゃん報告ですグッド(上向き矢印)

2015jo3.jpg
く〜 ♂ いつも預かりスタッフ協力してくれてる
SAKURAさん宅にめでたく決定。
先住の女王様三毛猫ちゃんのお許しが出た模様猫(笑)

2015jo5.jpg
ピッドくん♂ 公園Bに遺棄された三毛猫さんが
産んだ仔猫ちゃん。 小さくてやんちゃで可愛かったなー

2016jo7.jpg
アリスちゃん ♀ 左のアメショくんとすぐ仲良しに
なれました。

2015jo2.jpg
レンくん ♂ 先住のフレンチブルの女の子と
じゃれあってます。

2015jo4.jpg
タロウくん♂ 写真上2匹の兄弟だったタロウくん
3匹を預かってくれていたNさん宅の猫として
迎えていただきましたClap

 上記の猫さん達の保護時の写真は
こちらの過去記録で読めますよ


2015jo6.jpg
なつめちゃん♀(左)と あんごくん♂
仲良し兄妹一緒がずぅっと一緒ハートたち(複数ハート)
 保護時のエピソードはここクリックです。

2015jo1.jpg
上;こゆきちゃん、下:はおりちゃん 姉妹猫
甘えんぼ姉妹、仲良く一緒に。
 保護時写真はここクリックです。

写真はすべて飼い主さんから送っていただいたものです

どの猫もみんな、それぞれ思い出があり、
それぞれ素敵なご縁のもと、引っ越して行きました。
ずっと愛されて元気で幸せに暮らしてねぴかぴか(新しい)

 感謝感謝の皆様 SAKURAさん N山さん、shokoちゃん、okbさん
ニックネーム TINA at 23:33| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

ほおぶくろ

びろ〜〜〜ん

頬ぶくろ 満開!!

218hira.jpg

 ひいらぎさんでしたwww
 つまんでるのは、ダンナ!
ニックネーム TINA at 00:34| Comment(4) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

2015.5月6月譲渡決定猫

去年の5月と6月に
 家族に迎えていただいた猫さん報告です黒ハート
※写真は、すべて里親さん撮影です

318fin.jpg
 ジェイク&フィンくん
小さくって小熊みたいな兄弟。
兄弟一緒に暮らしてますぴかぴか(新しい)
保護した時の記録は、ここクリックで読んでね。

318maron.jpg
 マロンくん
保護して獣医さんに預けてすぐに
見初められたラッキーボーイ。
保護時記録 ここクリック

318mame.jpg
 まめちゃん
お転婆キュートな黒白子猫。
保護時の記録はここクリック

318kinno.jpg
 錦之介くん
ケーキ屋屋上で鳴き叫んでレスキューされたチャトラくん
保護時のお話はここクリック

318milk.jpg
 ミルクちゃん
公園に遺棄された子猫さんだった。
保護時写真はここクリック

318tetu.jpg
 銅男(てつお)くん
やんちゃで甘えん坊のてっちゃん。
保護時のお話はここクリック

318poko.jpg
 ポコくん
私のイトコから引取ったアビシニ・ポコくん。
引取り時の記録はここクリックで読めます。

318daimo.jpg
 だいふく&もなかちゃん
こちらも仲良し兄妹で迎えていただきました!
保護時の写真はここクリックです。

318tyara.jpg
 チャラちゃん
美猫なチャトラ少女。
保護時写真はここクリックです。

318gin.jpg
 銀くん
超のつく甘えん坊の男の子。
保護時写真はここクリックです。


かわいいSpecialThanks
SAKURAさん、SHOKOちゃん、Kさん、Tちゃん
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

ごろちゃん天国へ

去年、T宅(多頭飼育崩壊のうち)より
保護した五郎丸くん。

1月27日、旅立ったとK子さんから
連絡があった。

保護したのが11月。
当時、あと1ヶ月ぐらいしかもたないだろうと言われた猫。
よくがんばったねって言いたい。
(保護エピソードは、ここクリックで読めます。)

K子さんが、猫に無理がない範囲で
せめて、食べたいものを最期にたくさん
食べられるようにと、獣医さんへ行ってくれて
体調がわるいながらも
彼は、食べたい時に食べ、
のんびりと暖かい場所で眠り
最期の時を迎えたのだと思う。

K子さんが、T爺さんに報告しに行ってくださり
T爺さんも、火葬に立ち会ったそう。
五郎丸が若かったときは、可愛がってもらえてた
時期もあったんだろうにね。
11月、老齢のこのコを住み慣れた家から
連れてくることに少し躊躇した。
けれど、そのまま置いておいたら、
食べることも出来ず、寒い犬小屋(ベランダに犬小屋を
置いてあって猫はその中で寝ていた)で
早くに死んでいただろうと思う。

最期は、ゆったりと寿命をまっとう出来、
よかった。

看取ってくれたK子さんに
 心から感謝します。

0127goro.jpg
 安らかに。忘れないよ
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

12月の保護猫

2015saku.jpg
11月セミナーに参加くださった方より
自宅倉庫に住み着いてる猫の手術相談がありました。
「触れないけどとっても可愛い猫なんで
 飼ってくれる方っていませんかね?」
と、訊かれ
「触れない野良猫を簡単に飼える人は
 いないですし、飼えると言ったとしても
 全然、馴染まず家庭内野良猫になったり
 脱走したりなんかしたら、知らない場所で
 野良猫になるなんて悲劇ですし〜〜
 〜〜云々かんぬん〜〜」と
いつものごとく説明。
捕獲のお手伝いに出向いたその日、
相談者のおじさん、
「知り合いが飼いたいって言ってくれてるので
 きょう面接してもらいたい」と!
えぇ〜〜〜!?(@_@;)
それで、猫を捕まえ、まず猫を観察したら
おっ こりゃ馴れる猫かも?と長年の経験から判断。
面接で現れたご婦人ともよく話し、
私のほうで数日、預かったのち
お渡しすることに決定。
キジ白の男の子。 確かに可愛いお顔(^^)
触って撫でると、身を固くして
時折、手を噛むふりだけするww
2.3分、撫で続けてると
ぐるるるるると喉ならしがはじまった。
こんなこともあるんだなぁと
猫のもつ運命に改めて感慨深い思い。

2015最終の保護猫さんは、
長毛の三毛猫。
2015satya.jpg
S地区で、住民の皆さんと捕獲をし、
このコだけ、ご飯をあげてるお宅の人が
キャリーバッグで捕まえた。
ほとんど馴れてないと聞いていたので
しっかり耳V字カットをしたのだけど
病院で手術後に見たら、全然、触れる!
抱っこも出来る。
美猫だし、保護決定(=^・^=)

ニックネーム TINA at 23:31| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

譲渡決定猫2015・1〜4月

遅ればせながら
 おうち決定猫さん報告です。
「まだウチのコ載らないな〜」っと
 思ってたご家族の皆様、すみません。
 お待たせいたしました下

1月から4月までの譲渡決定猫記録です。
それぞれみんな、保護時のエピソードがあり
思い出深いです。
 素晴らしいご縁に感謝でいっぱいです。
 ※写真はすべて新しいおうちから送られてきたものです。

−−−−−−−−−−−
20154motya.jpg
もなかくんとチャタロウくん。
兄弟ではありませんが2匹とも公園Bに
捨てられた仔猫でした。
もなかくん 保護時の記録はここ
チャタロウくんの保護時記録はここ

20154hanama.jpg
はなちゃん&まるちゃん
おっとり女の子らしいふたり。
2匹一緒にもらわれました。

20154sippo.jpg
甘えっこで性格よしの男の子。
七宝くん

20154kika.jpg
モフモフ美猫の女の子。
キッカちゃん

 上、3件の保護時記録はここ

20154mone.jpg
モネちゃん
キュートなお転婆美少女
 保護時写真ここです。

20154haru.jpg
はる&りくくん
腕白兄弟、一緒に迎えてもらいました。
保護時記録はここ

20154tora.jpg
千石虎くん
苗字までついてる虎くんですwww
保護時記録はここ

20154azuyo.jpg
あずき&ヨモギくん
こちらも兄弟そろって家族に。
保護時記録はここです。
    ・・・・・・・

20154matuyo.jpg
マツくん&ヨネちゃん
この2匹は、
「飼い猫メスを未手術で外に出してたら
妊娠してしまい飼ってくださる方を紹介してほしい」
と相談があり請け負った2匹でした。
飼い主さんには、飼い主責務のお話を
じっくり聞いていただき
”産ませた人が産ませない約束を他に出来ない”
ことから
私のほうで譲渡交渉をしました。
兄妹子猫さんは、生後2ヶ月ほどで、
同時に獣医へ連れてきてもらった
ママ猫さん・・・手術した際には、
もうお腹に次のコが入っていました(>_<)
飼い主さんは、反省しきりでした。
とにかく2匹は、一緒に新しいおうちに行き
とても可愛がられています(^^)
  ・・・・・・・

20154ku.jpg
港区の多頭崩壊から保護したくーちゃん
人馴れしない仔猫で
なかなかご縁がないまま、
いつも預かり協力をしてくださってる
Iさんが、うちのコ決定連絡をくださったのですが
FIPドライタイプと思われる病気で
春に天国へ旅立ちました。
近親交配の中、生まれる猫達は
免疫力が弱いコが多いです。
おとなしく手のかからない女の子でした。
保護時の写真はここです。
(保護時は、男の子と間違って書かれてありますが
女の子です)
急にいってしまうのは、
一緒に暮らしている人にとって
はかりしれない辛さがあります。
預かっていただき、家族にと決心してくれた
Iさんに心から感謝です。

   預かりスタッフ:Iさん、NKさん、N山さん、
TARUさん、Mさんご夫妻、NMさん
いつもありがとうございます!!

ニックネーム TINA at 23:33| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

老猫保護相談

Sさんという方から相談があった。
以前、捕獲と猫保護をお手伝いしたお宅に
私の電話番号を聞いたらしい。

数日前から、人懐こい痩せて汚れた”子猫”が
あらわれ、助けて欲しいとおっしゃる。

「人馴れしてるのであれば脱走した飼い猫って
 ことではないですか?
 生後何ヶ月ぐらいですか?」
そう訊くと
「猫のことは、まったくわからないけれど
 病気みたいで、ヨダレがひどく
 骨骨状態です」と言う。
「もしかして老猫じゃないでしょうか?
 とにかく・・・
 保護してほしいというご相談に
 はいどうぞと言っていたら、
 きりがないし、1匹1匹のケアも
 出来なくなります。
 Sさん自身で何が出来るか
 考えてもらえますか?
 例えば、獣医さんに診せ、その結果次第で
 今後のことを考えるとか、
 一緒にその猫さんのために何をしてあげられるか
 努力してくださるのであればご協力します」と
告げると
「とにかく病気を治してあげたい。
 でも治っても、うちでは保護出来ないんです」
そう言うので
「外では暮らせない重い病気の場合だと
 保護先を確保しなくちゃいけなくなります。
 うちは、いっぱいいっぱいで無理です。
 私も保護先を探すので、
 Sさんもがんばって探せますか?」
「やってみます!」

何もせずに、おんぶに抱っこは、ダメ。
一緒にやらないとなんにもならない。

1203tetya.jpg
黒白の女の子。
思ったとおり、子猫ではなく、かなりの老齢。
激痩せのうえ、頬が腫れていて
院長の見解は、腫瘍か骨髄炎ではないかとのこと。
「あまり長くないと思うよ」院長が言った。

看取るにしても場所を確保しなければと
たまたま電話で話をしたMMさんに聞いてみたら
空いてるケージがあるからと
快く引き受けてくださった。

相談者のSさんのほうは、
飼い主が探してるかもしれないと考え
センター、保健所、ネット掲示板等で
情報を発信していた様子だった。

10日ほど経過したころ・・・続きを読む
ニックネーム TINA at 23:11| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする