2017年02月11日

調べてみよう!(殺処分ゼロを考える)

先日、ある行政の職員さんが
世田谷区へ地域猫活動による野良猫対策についての
話を聞きに来られた。
その際、資料として、センターに世田谷区内から
収容された猫の数(平成27年度の実績)を
お渡しした。

以下。
所有者から:成猫4匹 子猫0匹
拾得者から(警察経由):成猫0匹 子猫24匹
(産まれた子猫を交番に持ち込んだり、
遺棄された子猫を持ち込んだりした場合のために
2016年に私なりに策をこうじたのが
この記録で読めます→ここクリック。

東京都、そして日本中で殺処分ゼロの風潮が
高まってきているのは、いいこと。
だけど、収容された動物を100%引き出して
愛護団体が、保護を繰り返しても
上記、収容される動物を減らさないと
必ず限界が来るのは、みんなわかっていると思います。
すでに、保護し過ぎてSOSを発信する行政、
とうとう殺処分を再開した行政があり、
また、過剰な保護動物を 施設を次々増やすことで
カバーしようとする団体、
崩壊してしまった団体すらある。

動物の個体数を増やす業者は、猫ブームなどと
繁殖数を増やし、大々的に商売を拡大。
個体数が、激増してる中、
殺処分ゼロにするために、何をしたらいいのか
ひとりひとりが考えなくてはいけない。

現実は厳しく、収容された動物を
ほぼ100%ボランティアが助け出し、
声高らかに殺処分ゼロ!と宣言してる自治体は、
収容数が増加してしまっているのが事実!

ここを読んでる皆様、
どうかまず、調べてみてください。
自分の住んでる地域における動物の収容数を。
殺された数ではなく、収容された数を。
収容された数が年々減っていますか?
犬や猫の収容数が多いと感じたなら、
自分の地域で何が出来るかを
考えてみてください。

犬や猫を飼ってるのであれば、
不妊去勢手術は済んでますか?
 ※手術の必要性の是非を問う時代ではないです。
  災害が起きて現状がどうなってるか知れば、
  自分の犬猫は、繁殖制限をしておくことです。

住んでいる町に野良猫の問題はないですか?
 ※他人事として日々暮らす中で、施設に持ち込まれる
  子猫がいることを想像してみてください。


19年ほど前、横浜の墓地に三桁の野良猫がおり
私達は、不妊去勢手術の取り組みをはじめ
墓地周辺の住民の皆様にお声がけをした。
ある商店のおじさんが、薄ら笑いを浮かべながら
私達(5人ぐらいいたと思う)に

「いい方法を教えてあげるよ。
 手術なんて、まどろっこしいことしないで
 あんた達みたいな動物好きをあと5人ほど集めて
 10匹ちょっとずつ連れて帰りゃいい。
 それで墓地の猫は、いなくなるよ!」
と言った。

当時の私は、簡潔に説明出来ず、
「ご主人も、そのメンバーに入れます?」と
返したら、
「俺、猫、きらいだもん」と言った。
「ですよね、私達もそれぞれ理由があって
 連れて帰れないから手術するんですよ」と
言うのが、せいぜいだった。
でも、
そのオヤジの言葉は、ある意味、言い得て妙
だったのかもしれない。
今の殺処分ゼロの解決法は、
そのようになってるような気がしてならないから。

個人個人が考えてみて。
調べてみて。
自分のあしもとから良くするために
何をしたらいいか。

211yokohama.jpg
 横浜の墓地 1998年の写真
ニックネーム TINA at 23:39| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

MRI

めずらしく自分のことを書く。

去年の秋、猫を捕まえ、両手にケージで
運んだりしていたせいか
ぎっくり腰になり、大変な目にあった。

それが、いまだに腰が痛み、
重い物を持てないので
先週、病院へ行き、レントゲンを撮った。
「異常は、みあたらないけれど
 念のため、MRI撮ってみます?」と聞かれ、
「はい!」と。

そしてきょう、
はじめてのMRI。 ドキドキ。

かなりの音がする中、30分かかるそう、
気分が悪くなったとき用に呼び出しボタンを渡され
台の上に。

ガンガン!ドンドン! すごい音。
だけど同じ姿勢で、寝っ転がってるうちに
半分から眠ってしまい終了。

その後、骨密度も調べていただいた。

ところで、
担当の医師が、なんかちょっと上からの物言いを
するタイプのおっさんで、
私の前に診てもらってるオヤジに友達口調で
話してたから、やだなと思っていたら案の定。

「腰のどのあたりが痛むの?」と訊かれ、
コートの中、背中に手をつっこんで
(えっと、どこだっけかな?)と探って
答えようとしてたら、
「はぁ? コート着てて腰押さえたって
 こっちにゃ見えないんだからさぁー」だってさ(=_=)
無言でコートぬいで、
「このへんだと思います」と伝えた。
どこもわるいとこはないよという医師に
「内臓から来ることもあると聞いたんですが・・・」と
私が言うと
「内臓からくる場合、
 重いもの持って痛いわけないよ(あきれ顔)」。
ところが、2,3質問してるうちに
なぜか、敬語になった。 
あれ? なんでだろうと思ったけれど
マスクしていて、目しか見えない私の目に
「なんだ、この医者 嫌な態度だなっ」と
思ってることが、出ちゃったんだろうかと
可笑しくなった。

診断は、年齢によるヘタリ。
筋肉の衰え。 運動しなさいとのこと(トホホ)

帰ってダンナに話したら、
「だいたい、犬が吠えようが猫が暴れようが
 爆睡してるからね。あなたは。
 MRIのあの音で寝てられる神経だよ」
「その医者も、目、見て
 こいつぁ、ヤバいやつだと思ったにちがいない」
と言われました顔(なに〜)

ニックネーム TINA at 23:13| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

手術無事終了

マルくん、手術終わりました〜。

maru207.jpg
 撮影by 預け先のYさん

オスで、開腹手術は気の毒。
お腹ん中の
タマタマの行方を見つけてもらうわけですから、
傷も不妊手術よりザックリって場合も。
マルくんのも、痛々しいです。

でもこれで、無駄なヒートすることもなく
おだやかに過ごせます。
停留睾丸は、腫瘍化のおそれもありなので
そちらもバッチリ防げます。

早く抜糸になるといいね〜犬(笑)
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護犬マルくん

きょう午後、去勢手術です。
片玉なんで開腹手術になります(ToT)

滞りなく終わりますように。



 ☆撮影日:2月2日です=^_^=


ニックネーム TINA at 10:44| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

所沢セミナー2017

予報で雨となっていたので
やや心配だったのだけど、わずかに降っただけで
よかった(^_^)v

所沢で行なわれたセミナー、
よい1日となりました(^^)

205toko1.jpg
今回は、私の活動現場より頭数の多かった場所の
お話をしました。
15年〜前は、100匹以上の現場が多かったこと。
今は、住宅地が主になり、そして
住民の皆様の参加が多くなってきていることなどを
お話しました。
地域猫活動も、時代とともに変化します。
今現在の活動は、ただ手術してリリースするだけでなく、
地域の皆さんとともに、実践し、継続し、
定着させることが大事と話しました。

場所が違っても、その地域にあったかたちで
展開するのは、もちろんで、
まずは、手術徹底、そして問題になっていることを
話し合いながら解決していく。
そんな活動は、猫のことだけでなく、
なんにでも応用出来ます(^_^)v

205toko2.jpg

とこねこネット代表斉藤さん、
ねこだすけ代表工藤さん、きやさん
所沢行政の皆さん、とこねこネットの皆さん、
セミナーにご参加くださった皆さん
 ありがとうございました!! 
ニックネーム TINA at 23:24| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

世田谷被災動物ボランティア制度研修

世田谷区で2016年から
とり組みが始まった被災動物ボランティア制度。
きょう第一回研修会が行なわれたので参加してきました。
0204kensu2.jpg

この制度は、災害時に混乱をしてしまいがちな
ペット同行避難に関し、転ばぬ先の杖的な制度を
ぜひ!と長年、私自身が希望していたことを
同じ意志を持つ人々に呼びかけ、
会議を繰り返したあと実現したもの。

こんなふうに研修会が開催されることになり
とても喜ばしいかぎり。

0204kensyu1.jpg
登録者は、まだまだ少ないけれど
これから、広報をたくさんしてもらい、
各地域ごとに数名、登録者がいるような状況に
なってほしいと願う。

きょうの研修会には、計40名ほど来ていたように思う。
今後、充実したものになるといいな。

行政の皆様、ありがとうございました。
 参加した皆様、お疲れ様でした!

世田谷区被災動物ボランティア制度の
 ページは、ここです→クリック
 世田谷区住民の皆様が、ほぼ誰でも登録出来るものです。
 ぜひぜひ!!
ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

当面のスケジュール

いつも思いますが、動物を助けたいと思うなら、
まずは、自分の住んでる地域に目を向けてください。
町内、地区、区(市)、都道府県で
個々が何が出来るか考えて実行してください。
住んでるとこが平和になっていけば
すべてが良い方向へ行くのですから(^_^)v


さて、
当面のスケジュールですNEW

2月4日 世田谷被災動物ボランティア制度講習会 参加
2月5日 所沢セミナー 講師
2月9日 某市職員さん世田谷保健所で会議
3月12日 多摩地区地域猫勉強会 参加


内容については、追々、UPします猫(笑)
町内会での、野良猫対策の勉強会や説明会
随時、受け付けますのでお気軽に相談くださいわーい(嬉しい顔)
ニックネーム TINA at 10:57| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

譲渡決定猫2016/5,6月

おうちが決定した猫さん
 2016年、5月と6月の記録。
☆お写真は、すべて譲渡先のご家族から
 送っていただいた写真でございます。


131chima.jpg
Yさん宅へ行ったちまきちゃん。
かなりの美猫さんでしたハート
保護時の写真はこちらクリック

131hu-ku-.jpg
Kさん宅へ兄弟一緒に(*^_^*)
風地くんと空地くん(ふーち&くーち)
上記ちまきちゃんの兄弟猫です。

131ontaro.jpg
Oさんのお宅へ仲良し兄妹2匹で
迎えてもらいました。
名前は、タロウくんとオンちゃん
保護時の写真は、ここをクリック

131momoka.jpg
Kさん宅に行ったモモカちゃん♀
保護した時は、兄弟とともに風邪ひき子猫だったけど
見目麗しく育ったわ〜(^^)
Kさんは、なんとなんと横浜墓地の活動(1999年〜)で
一緒だったSOYOさんからの紹介(嬉)
保護時の写真はここクリック

131komugi.jpg
世田谷から北海道まで飛行機でとんでった
ココ&ムギ兄弟。
上記、モモカちゃんの兄弟猫の2boys。
迎えてくれたのは〜〜
横浜墓地の募金活動にヘルプで来てくれたことがきっかけで
お友達になった猫母さんことAさん!
彼女とは、ほんとに気があって、
彼女が北海道に嫁に行く前は、一緒にカラオケ行ったり
美味しいもの食べに行ったり、
猫のお届けに一緒に行ったり、
笑ったり泣いたり怒ったりと思い出いっぱい。
猫をつうじて友達になれた人です。
2匹は、飛行機で飛んで行きww
猫母さんが向こうで迎えてくれましたハート
今は、大きくなってベランダに積もる雪ん中、
毎日遊んでいるそうです ↓
131komugi2.jpg

〜〜代理で飼い主作業をした猫さん〜〜
131ore.jpg
Yさん宅へ迎えてもらったオレくん。
世田谷の地域猫活動現場で外猫に餌をあげてたら
たくさん産まれてしまい、何匹かをおうちに入れ
困っていたかたより相談を受け、
里親さん探しのお手伝いをしました。
臆病なオレくん、すっかり甘えん坊になった様子で
よかったです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 猫を介して繋がった心豊かな人達が
 また猫で再会出来るご縁!
 幸せだな〜と感じますハート

感謝!!:ショーコちゃん、SOYOさん、猫母さん
     


ニックネーム TINA at 13:29| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

公園Bに犬置き去り

22日の日曜夕方、公園B職員さんより不在着信あり。
あとでかけなおすと、
園内に放浪犬が見つかり、日曜&夕刻ということもあり
センターに引き取り要請が出来ず、
私にも連絡がつかずで
公園Bの猫スタッフMMさんが、動いてくれ
とりあえず獣医師へ預かってもらったとの話だった。

maru3.jpg
推定1才ぐらいの若いペキニーズ。
オス、未去勢、体重7キロ弱
トリミングされたばかりのきれいな状態。
発見時、犬のそばに真新しいキャリーバッグが
置いてあったことから、
たぶん置き去りじゃないかと(>_<)

個人保護するか、センターにおまかせし、
保護団体さんへ託すかどうか数日、悩んだが
遺棄の疑いが濃厚なのに、そのままにしておくことは
犯罪の抑止にならん!と決心。
(動物遺棄として捜査願いを出すと犬は証拠物扱いと
 なり、センターにおまかせ出来ない)
センターと警察に届け出だけ
事務所から出してもらい、こちらで保護することに。
警察へは、書類が整い次第
行ってくる所存。

犬は、きょう獣医さんから引き取ってきたのだけど
特に問題は見当たらない若くてやんちゃ、甘えん坊のオス。
ひとしきり遊ぶとケージに入り
おとなしく寝るすごくいいコです。
130maru.jpg
まんまると大きな瞳がキュートなので
マルという仮名にした。
トイレの躾もばっちり出来ていた。
ただ、散歩慣れしておらず、もしかしたら
ほぼ散歩に行ってなかったのかもしれないと
うかがえる。
とにかく、若くパワー全開で
廊下を駆け回って、
あーちゃんは、吠えて怒り、
猫は、フーシャー。
マルは、猫が怒ってもあーちゃんに吠えられても
ほぼ無視。
マイペースな犬なので、
数日したら、猫もこの顔デカな犬は
無害と察し威嚇がなくなることでしょう。
ところで、
予想はしていたのだけど
マルをうちに連れて来て
一番、おそれおののいてるのは、
黒柴ひいらぎさんです(笑)

130hi1.jpg
角のトイレ場に避難してじっとしているひいらぎ。


マルは、数日後、去勢手術相談をしに
獣医へ行き、その後、預かっていただくおうちへ
行く予定です。
家族に迎えてくださるかたも
募集します!!
TINAまでメールを!



ニックネーム TINA at 23:21| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

所沢セミナーのお知らせ

2月5日
所沢市主催、
 飼い主のいない猫対策セミナー開催です。
講師で参加させていただく予定ですので
地域猫活動について知りたいかた、
野良猫にお悩みのかた、ぜひぜひ参加ください!

日時:平成29年2月5日(日)午後1時30分〜3時30分
会場:小手指公民館分館
講師:NPOねこだすけ代表 工藤久美子さん
   チームSLP代表 田矢麻弓
申込:1月4日(水)から生活環境課で受付け、先着60名、参加費無料
主催:所沢市

205tokoro.jpg
ニックネーム TINA at 13:49| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする