2017年01月20日

城南島へ

以下のような相談が舞い込んだ。

区内のある公園で、
ーお子さん(小学生)が植え込みの中に
 息絶え絶えで横たわってる猫を見つけ、
 お友達とともに保護し連れ帰って来た。
 公的機関に相談し、引き取ってもらったが、
 センターに入ったら、殺処分になる可能性を知り、
 なんとか期限内に猫の管理者を探しているとの話だったー

聞くと片耳にV字カットがあるとのことなので
手術を施された飼い主のいない猫だ。

センター職員に、「餌を与えてる人を見つけ
その人が引き取る手続きをしないと出せない」と
言われたらしい。

私は、
☆餌をあげてる人を見つけ出せたとしても
 猫を引き出す協力を得られるかどうか難しい
☆私でも、引き出させるけれど、引き出したあと
 何が出来ますか?
等を確認した。

相談者のOさんは、
自宅で保護は出来ないけれど、とにかく
殺処分にするのは、避けたい、
そして、お子さんの思いをくんであげたいと
熱心にお話された。

子供が触れるほどに衰弱していたのなら、
引き取って獣医に入院させても、もたないかも・・・と
思い、『今後の保護場所』を今、案じていても
しょうがないかもと思い、
まずはセンターに電話をしてみた。
すると、もう意識もない、かろうじて浅く息をしているけど
時間の問題とのことだった。
ならば、せめて暖かい場所で、
人の中で
看取ることだけしてあげたい。
Oさんも、賛成してくださり、

18日、午後いちで城南島へ
相談者のOさん、地元で外猫のお世話をしてるHさんと
ともに行くことにした。
午前中、SNSでその旨を書いたところ、
なんと島根のボランティア:Nさんが、
たまたま東京に来ていて
午後、時間が空くので車で送迎します
と連絡をくださった!
ありがたいことです(涙)

Nさんに最寄り駅まで迎えに来ていただき
城南島センターへ。
猫は、かろうじて息をしており
カイロの入ったキャリーに寝かせ
世田谷の獣医師へ向かった。

Hさん、Nさん、
駆けつけてくださった心優しい人達。
感謝でいっぱいです。

猫の仮名は、くらちゃんとした。
すでに動けるような状態でなく、
意識不明、目も開いたまま、
ぐったりとした状態。
体温もかなり低くなっていた。
0118kura.jpg

続きを読む
ニックネーム TINA at 23:31| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

生い立ち判明

隣町で保護され、獣医さんのとこに預かって
もらっているサビ猫さん。
サビ猫さんがご飯をもらっていたおうちがわかったらしく
保護したYさんが訪問したところ、
なんとサビ猫さんは、ひめちゃんという名の
飼い猫だった!
しかも20才前後らしい。
外でご飯をあげている猫を
ただ飼い猫と称したのか?と思ったりもしたが、
Yさんから聞いたその飼い主との話が、
ひどくて・・・(-_-;)

ひめちゃんは、子猫の時からそのおうちで
飼われていたそうだけど
そのうちの息子さんが近所に住む友人に
譲り渡したそう。
何年かした際、友人は引っ越し、その際に
ひめちゃんを外に置き去りにしたらしい。
ひめちゃんは、元の家を探し、探し、
戻ってきたそう。
そんなひめちゃんを屋内に入れず、外で餌を与え、
高齢になっても、風邪をひき口内炎を起こし
食事が出来なくなりやせ細っても
そのままにしていた飼い主。
Yさんは、
「獣医師に預けてます・・・
 もうこちらで対処しますので」とだけ告げて
そのうちを去ったそうだ。

ひどい話だ。
子猫の時から面倒をみて、適当な人に譲渡し、
捨てられ、がんばって元の家に帰ってきた猫。
飼い主とは、名ばかりで
何もケアしてあげない人。
Yさんが、保護してくれなかったら
もう死んでいた命だろう。

現在、ひめちゃんは、獣医さんのケージを
やっと見つけた自分の居場所とばかり
ケージで安心して過ごしています。
抱っこすると、あわててケージに戻る姿は
居場所がなくなることをこわがってるようで
哀れでなりません。


どなたか、最後の数年を愛情をもって
置いてくれるかたはいませんか?
ケージで、おとなしく過ごせる甘えっ子の
いいこです。
どなたか、ご協力いただけるかた
いましたら、TINAまで連絡くださいm(__)m
切にお願い申し上げますm(__)m


122hime.jpg
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

新年

新しい一年がはじまりました鏡餅

昨年は、たくさんの応援、ご協力、
 ありがとうございましたexclamation×2
今年も、変わりなく動物の活動、進めて行きます。
よろしくお願いいたします。

2016年は、小さい怪我が多い年でしたが
新しく信頼出来る人と出会えたり、
いろんなことで進歩を感じる年だった
気がします。グッド(上向き矢印)
そして、外側がきれいに見えても
中身は、とても汚い現実を見た年でも
あったと感じています。バッド(下向き矢印)

大晦日から、三が日、
実は、お腹にくる風邪をひき
20年ぶり?ぐらいに寝込みました顔(なに〜)
元旦から、救急で病院へ行ったりとくすり
散々でした。
犬猫の世話、掃除、食事他、ぜーんぶ
ダンナにやってもらい、
ほぼ、寝床とトイレの行ったり来たりで
まいりました顔(え〜ん)

そんなわけで、
お年賀のお返事や、
昨年の分のお礼状など、まだ出していない
非礼をこの場を借りてお詫びしますm(__)m

2017年も、マイペースで
なにごとも平常心で進めていけるよう
努めたいと思っております。ぴかぴか(新しい)

0101hiragi.jpg
ニックネーム TINA at 18:24| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

サビ猫さん預かり募集!

隣町で、衰弱してるところを
犬の散歩中のかたが保護しました。
保護したかたは、
ワンコが病気療養中なのと
高齢者の介護もあるかたで
自宅保護が難しいとこちらに相談がありました。

サビ猫 メス 推定5才前後
ひどい口内炎と風邪、片目白濁と涙目でやせ細り
路上で動けなくなっており、
犬と一緒なのにもかかわらず足にすがりついて
きたそうです。
現在、獣医さんで治療中で、口内炎は治りかけて
ドライフードを食べれるようになりました。
痩せてガリガリなので、不妊手術をしてるかどうかは
まだ未確認です。
駆虫、検便しました。
エイズが陽性、白血病は陰性と出ています。
(エイズに関しては、一度の検査ではまだ
確定でないと思いますが、陽性だからといって
発症していないので普通に過ごせます)
ケージで非常におとなしく過ごせます。
はじめて安堵の地が出来たかのように
安心してケージに入り、
見ていてかわいそうなほどです。
顔(泣)

1227sabi1.jpg
1227sabi2.jpg

期間限定でもOKです。
どなたか預かっていただけるかたいませんか?
とっても甘えっこのおとなしい女の子です。
ぜひぜひよろしくお願いしますm(__)m
 メールお待ちしていますm(__)m
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

猫とのお別れ

年末になり、悲報をたくさん耳にします。
猫のボランティア活動、18年にもなると
活動初期のころ、保護し新しいおうちへ行った猫さん
の悲報が来るようになりました。

今年は、我が家でも3匹、家族として
生活した猫が亡くなり、
年月の早さを実感してたりします。

今年、いただいた悲報の中で
思い出深い猫のお話を2件、紹介します。
◆  ◆  ◆
2001年、公園Aでロシアンブルーと
思われる成猫が遺棄された。
この公園は、2000年から野良猫対策に着手して
一年半で130匹以上の猫の手術を終わらせた場所。
新しい猫がいれば、すぐ私に連絡が入る。
その猫は、園内の施設がある場所で、
なんとか他の猫と喧嘩しながらも餌をもらい
カーペットちゃんなんて呼ばれながら
数週間がんばって生きていた。
さっそく、見に行き、その場で
抱っこし、キャリーバッグに入れ保護して帰った。
獣医師に不妊手術を頼むと
「えぇぇぇ どう見ても純血種だよ?
 手術もったいなくない!?」と院長が
おっしゃる(今じゃ考えられないけど、
15年前は、そんな話いくらでもあったのだ)
私が、ムッとした顔で、反論しようとすると
「あ・・・するする手術する」と院長(笑)
その後、抜糸の際や、うちの猫にケージ越しで
対面させた際など、野獣のような鳴き声を発し
襲ってくるほどの凶暴っぷり。
人間とだけ接する時は、甘えっ子なので
こりゃー1匹のみの飼育で、やや凶暴でもOKと
いう里親さんを見つけないとだ。
すると、以前も気の荒いシャム猫を飼ってたと
いうご家族から問い合わせが来た!
「気の荒い猫、大歓迎
 うちにぴったりです」と言ってくださり
Kちゃんという名前になり新しい家族として
迎えていただいた。
そしてこの9月。
メールが来た。以下、Mさんから。
2002年1月にTINA様宅から我が家族に迎えましたロシアンブルーのKが、
本日午後3時16分、お母さんに見守られながら旅立ちました。
来たときに推定3歳とのことでしたので、17年の生涯でした。

皮のソファーでの爪とぎが得意で、最初は困り果てましたが、
防御策を講じたあとは我が家の人気者となり、
玄関に来客があると「かわいい猫ちゃんですね」と
客が言うまで催促したり、
バイオリンに合わせて歌ったりと大活躍でした。
2010年に引っ越した際は、車の中で怒りうんちをし、
そのときから大きな声が出るようになり、
目覚まし時計の代わりをやってくれていました。

先週初めぐらいから次第に食が細くなり
また粗相をするようになりおかしいなと
思っていましたが、
昨日からは固形物を食べなくなり、今朝一度水を飲んだだけ
で、ぐったりとしていましたので、
ハイドン「ひばり」のCDをかけ、
お母さんがつきっきりで、
「Kちゃん、ありがとう。君と一緒で楽しかったよ。
うちに来てくれてありがとう」と言いながら体をさするなか、
永眠しました。

お母さんも私も虚脱感でいっぱいですが、
「ああしてやればよかった」という後悔はありません。
Kも幸せだったし、私たちも幸せでした。

Kと暮らせた14年半をくださいましたTINA様、本当にありがとうございました。
私たちも、何年先になるかわかりませんが、
また向こうでKと会えるのを楽しみにしております。


公園であの子を見つけた時のこと
頭の中に色彩豊かに光景が残っています。
幸せにしてくださり本当に本当に感謝しかないです。涙

1227ktyan.jpg
 送っていただいたKちゃんの写真


続きを読む
ニックネーム TINA at 23:51| Comment(2) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

どなたでしょう?

17日土曜日、午前中、
うちの門をあけたところ、玄関に続く階段に
アイボリーのコンテナケージが置いてありました。

1218carr.jpg

中型犬サイズで中古のよう。

うちの階段には、貸しだした捕獲器や入院用組立ケージ、
フードの寄付 等、連絡をいただいたうえで
置いていただくことも多いのですが(ほぼ毎日)
このコンテナケージに関して
記憶がな〜〜い(?_?)(?_?)(?_?)

例えば、
どなたかが寄付くださり、
同じタイミングで貸し出し要請があったとして
そのまますぐに貸し出ししたとして、モノ自体を
覚えてないのかもなどと思ったりしたけれど
それにしても最近ではないと思います。

私が健忘ってるのかしら顔(汗)

コンテナケージを階段に見つけた時は、
「え・・・? まさか中にナマモノ入ってるんじゃ?」
とドキドキしました。
中型犬? 猫数匹? 
でも
何も入っておらずホッとしました。
(まぁうちの階段は隣から丸見えなのと、
入っていたとして警察呼んでしっかり対処するだけですが)

置いてったかた、
こちら見てたら連絡くださいm(__)m
ニックネーム TINA at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

繁殖制限の意味

こないだ捕獲してるときに
餌をあげにきたおばさんに遭遇。
手術活動への協力と参加をお願いしたら
「ひとりひとりの飼い主の責任を普及啓発するべき
 ことなんじゃないですか?」とか
「捨てたひとが悪いのだから
 私が責任を追及されるのはおかしい」
などと反論されました。

よくある論点のすり替えです(*_*)

犬でも同じことが言えます。
日本で、今、愛護団体最大手と言っても過言ではない
犬の保護団体さんは、不妊去勢手術をいっさいしません。
地方が本拠地で、近々、世田谷区に施設が
出来るそう。
飼い主が、殺処分に持ち込んだ犬や
野犬、野犬から産まれた犬で捕獲された犬などを
すべて受け入れてくださっている団体さんです。

今の過剰な動物数に対し、
殺処分をなくしていくために
飼い主の責務を啓発普及することは、
最も大事なことです。

がしかし、
野良猫になり、どんどん増加する猫、
センターに持ち込まれた犬、
そんな犬猫の問題を解決する際、
手術のことは、いったん置いといて
飼う側の責務を追及することを議論していても
増加し続けるだけです。

猫に不妊去勢手術する、
犬に不妊去勢手術する、
私達が、実行することこそが
今起きている犬猫の問題を解決しながら
飼い主責務の普及啓発をしていけると感じます。

動物に手を出すなら
今の日本で 繁殖制限は、必要であると感じます。
災害が次々に起き、
災害地で、手術されていなかった犬猫が
繁殖し、ものすごい数になっていることを
想像してみてください。

犬や猫を飼うこと、世話すること、
助けること、譲渡すること、
その命が自然のままに繁殖することで
どこかでまた処分される動物がいるということを
忘れないようにしましょう。
それだけ、飼ってもらえない動物が過剰に
存在しているのが今の日本の現実です。

熊本、被災動物のニュース映像


ニックネーム TINA at 23:33| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

譲渡決定猫2016/3,4月

3月と4月に
おうちが決定した猫達。
 お写真は、すべて譲渡先からいただいた写真ぴかぴか(新しい)

1215hyapa.jpg
Hさん宅に。パールくん
保護時のお話はここクリックで読めます。

1215tanaku.jpg
Tさん宅へ。ニコ&クゥちゃん姉妹
保護時の写真はここクリック。

1215hiki.jpg
Fさんのお宅へ。キキ&ひなちゃん姉妹
保護時の写真はここクリック

1215love.jpg
Sさん宅へ。 ラブちゃん
保護時の写真は、ここクリック

満月以下は、保護主さんより相談されて
譲渡作業をお世話した猫さん。

1215tom.jpg
Iさんのおうちに行ったトムくん。

1215nya-.jpg
Wさんのおうちに行ったにゃ〜ちゃん。

みんな新しいおうちで
可愛がってもらって幸せにexclamation

 預かりスタッフさまへ感謝こめて→Y田さん、K子さん、NOAさん

ニックネーム TINA at 23:23| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

霜降り黒柴

この冬も、またまた
黒柴ひいらぎさんの綿毛に悩まされ中です。
猫なんかまだカワイイもんよってぐらいの抜け毛で
びっちり霜ってます。

1212hii.jpg
段々と綿毛が浮いてきて
まだらになってます。(一緒に寝てるのはヒョーくんww)


ブラシをかけると、浮いてくるわ浮いてくるわで
すごい量。
作業半ばで、逃亡されたので
毎日、やらないと犬(泣)

今回の収穫 下
1212ke.jpg
ニックネーム TINA at 21:39| Comment(0) | 保護猫・犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

S地区今年最終捕獲

この地区での捕獲作業は、
何度目になるだろうか。

夏に相談されたメス猫。
きょうは、どうしても捕まえたかった。

活動参加者は、
地域住民のNさん、МKさん、
町会役員のFさん、隣町から助っ人に来てくださったMさん。
現場で待ち合わせ。

そのメス猫さんは、7月に
MKさんに相談され、捕まえに出向いたのだけど
体は、折れそうなほど痩せているのに
お腹は、パンパンに妊娠中の猫だった。
私の経験から 見た目、あと数日で出産という印象。
1210mura1.jpg
 痩せたキジトラのメス(7月撮影)

「こんなに痩せてたら、出産も大変だけど
 麻酔も危ないから・・・」
私は、そう言って悩んだ末、
保護して獣医にて産ませる方向で
捕まえようと数時間、ねばったがダメで顔(泣)
「産んだら連絡ください
 子猫は保護する方向にします」と告げた。
MKさんの話では、
春に出産し3匹仔猫を産んですぐに、
このキジトラさん、仔猫を全部、食い殺したらしく顔(え〜ん)
その後、すぐに妊娠してしまったそう。
とにかく、キジトラ猫が出産出来るよう
箱を用意してもらい、その日は帰った。
2日後の早朝、
MKさんから
「朝方、産まれたみたい
仔猫の鳴き声がしてる!」
と電話がかかってきた。
しかし、その2時間後、
「また食べた!! 箱が血だらけになってる!」と電話。
すぐに、近所のFさんに連絡し、
駆けつけてもらった。
子猫は、1匹で、
足がない状態で瀕死とFさんから電話。顔(なに〜)

「ダメですか?もちそうにないですか?」と
Fさんに訊いたのだけれど、
「これは・・・あ、いま・・
 ダメでした・・・」
悲しい役まわりを引き受けてくださったFさんが
仔猫の死を伝えてくれた。

ひさしぶりに見たキジトラさんは、
MKさんが、ご飯をたっぷりあげてくださってることで
だいぶ体重が増加していた。
よかった。 これで手術が出来る。
1211mura2.jpg

キジトラさんを無事、捕まえ
他に、2匹オスと思われる猫を捕まえて
きょうの捕獲は、終了。

役員のFさんが、夜、町会会議だと言うので
「野良猫の対策は、まだまだ続いてるので
 町会が音頭をとって活動していかないと
 困りますと私が言ってたとお伝えください
 来年、町会会議に参加させていただくかも
 しれません!と言ってください」と
頼んでおいたところ、夜遅くFさんから
「来年度、町会で野良猫対策を取り入れることに
 なりました!」とメールが来た!
やったーーexclamation×2グッド(上向き矢印)

未手術猫が、あと10匹はいると思う。

来年、また広報しながら地域住民の方達と
やっていきます!

1211san1.jpg
 去年、手術した猫さん
よく太ってます。
この地域は、長毛が多い

ニックネーム TINA at 23:13| Comment(0) | 動物ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする